ホームページはこちら→http://nextlinkage.web.fc2.com/
 

 

 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

 

 

 

 
さて、今回のブログは僕が書く最後の記事となると思います。僕は代表という役職上、1年間ネクリンの活動が生活の中心でした。たくさんの時間を投資した反面、何物にも得難い期間を過ごせたと思います。以下にネクリンを通じて得られたものを書くので参照下さい。

(1) 自分の特性が明確になった
代表として活動して以下の3点が具体的にしてきたことです。1組織運営、2イベントの企画•運営、3就活生の方々との対峙、です。これらの活動ではあらゆる能力を必要とされる場面がありました。企画力、計画力、プレゼン能力、傾聴力…などなど。たくさんの能力が必要とされるので、自然と得手•不得手が明確になりました。ここで得た自分の特性は確実に次に綱がると思います。ネクリンの活動で判明した自分の特性を基に、現在考え実践しようとしています。

(2) たくさんの人と繋がれた
ネクリンの活動は本当にたくさんの人と接します。ネクリンスタッフ、協力内定者の方々、ネクリンのOB•OG、そして就活生の皆さん。ネクリンで繋がった人達とは現在も続いています。学生時代に知り合った気心の知れた人と接することは貴重な気分転換になります。僕の人生において大きな財産を得られたと思います。

(3) 弱い自分に打ち勝てた
僕はネクリンの代表を務めるまでリーダーや代表経験がありませんでした。避け続けてきました。そんな自分が嫌で代表を務めることを決意しました。もちろん、当初はどうやって振る舞ってよいか分かりませんでした。毎晩不安でした。自分に負けそうな時も何回もありました。しかし、スタッフみんなに支えられ、なんとか4期の代表を務めることが出来ました。自分が避け続けていたリーダー経験の壁を乗り越えられたことで、確かな自信を得られている自分が今います。

(4) 学生時代に終止符を打てた
NextLinkageという団体は全て0から物事を創り上げる必要があります。なぜなら、毎期毎にメンバーが総入れ替えするからです。自分達の裁量で全ての事柄と決定していく必要があります。言い換えると、挑戦出来るフィールドがたくさんあります。ネクリンで僕は自分の能力以上のものを発揮したと考えています。ネクリンの活動での未練は何一つありません。そのことで、次のフィールドで自分を高め、価値を生み出したいと自然に思える自分がいます。

最後に
いろいろ書いてきましたが、僕がネクリンを通じて一番思うのは、とにかく充実した時間が過ごせたということです。最高にやりがいがあったし、楽しかった。時にメンンバーとぶつかり合い、いがみ合ってしまった自分達がいました。けど、全部ひっくるめて夢中になれる自分がいた。その要素は人それぞれだと思うけど、やっぱり僕はもう一度昨年度に戻っても、ネクリンの活動をしたいし、代表を務めたいし、第4期の仲間と一緒に頑張りたい、と思います。
1年間ありがとうございました。
スポンサーサイト
 

 

 

Comment

 

Secret?


 

 

 

 

*Template By-MoMo.ka* Copyright © 2017 Next Linkage, all rights reserved.

Next Linkage

Author:Next Linkage
東北の就活生を応援する団体です。

ホームページはこちらです


Facebook:NextLinkage
Twitter:@nextlinkage

Script by Lc-Factory
(詳細:Lc-Factory/雑記)

このブログをリンクに追加する

QRコード

小さな悩みや相談など何かありましたら、気軽にこちらよりメッセージくさだい!可能な限りお答えしていきます!

名前:
メール:
件名:
本文:

就職活動応援ブログ HASH OUT!!
東北で最強の就職コンサルタントが、そのノウハウを綴るブログです。 ヒュームコンサルティングの代表者の方が運営しています。 ネクストリンケージメンバーの何人かも、かつてこの方の就活講座を受けています!

「税金まにあ」木村税務会計事務所通信
「税法は納税者のもの」をモットーに、わかりやすく丁寧に税務会計を解説しています。 メンバーの一人が親しくさせて頂いており、弊ブログについても応援して下さっています。 代表の木村聡子様は、事務所長である傍らエコノミスト誌「会社法革命」 の執筆メンバーであるなど、八面六臂の活躍をされています。 女性のキャリアについて興味のある方は、是非ブログをご覧下さい。

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。