ホームページはこちら→http://nextlinkage.web.fc2.com/
 

 

 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

 

 

 

 
こんにちは。「思い立ったが吉日」のてる坊です。なぜか伊勢神宮が気になりはじめて、3月中旬に彼女と車で行こうと考えています笑

さて、今回で就活ネタ最後のブログですね。今日も懲りずに目次から行きたいと思います。でもやっぱりオペさんと被りますねー。

【準備編】
1…オーソドックスな質問は準備しておく
2…自己PRは数個用意しておく
【実践編】
3…盛らない・ましてや嘘つかない
4…雰囲気によって違う自己PRをしゃべる
5…面接後の適切な反省が大切
【セミナーで面接官をして思った事】
6…非言語分野がかなり大事


【準備編】
1…オーソドックスな質問は準備しておく
 ここでいうオーソドックスな質問とは、面接自体でよく聞かれる質問と、その業界や企業でよくきかれる質問の、2種類の質問の事です。
前者に関して言えば、就活本などから調べる事ができます。僕は絶対内定シリーズの『面接』(杉村 太郎/坂本 章紀 供著 ダイヤモンド社)で、ほぼ全て(50項目)準備していました。
後者に関して言えば、内定者訪問やwebサイトなどから調べる事ができます。僕はjob webというサイトが気にいってたので、そちらも紹介しておきます。
http://student.jobweb.jp/
2…自己PRは数個用意しておく
 自己分析した際に、一個だけでなく数個の自己PRを考えておくと楽です。それは、自分の強みを数個用意しておく、という事です。僕は何個も強みがある程素晴らしい人間ではありませんが、大学時代に経験した様々な事を整理しておくと、便利です。4で詳しく話します。

【実践編】
3…盛らない・ましてや嘘つかない
 これは僕の精神論なので読まなくてもいいです。
今の就活状況とは逆行していますが、僕はたとえ第一志望群でも「第一志望群で単独ではありません」というニュアンスの事を言っていました。僕は信心深いので(笑)、「類は友を呼ぶ」という言葉を心の底から信じています。盛ったり、嘘ついたりして例え入社しても、同じ職場にいるのは同じ様に、自分を必要以上に大きく見せたり、平気で嘘つく人がいるはずだ、と。「嘘も方便」という言葉もありますが、これは相手を傷つけない為のやむをえない嘘です。採用には会社のお金も時間もかかっています。傷つけます。また、皆しているから僕もしていいという事にはならないと、僕は思ってました。

4…雰囲気によって違う自己PRをしゃべる
 僕の就活がある程度うまくいった、最大の要因だと思います。
 2で説明したように、事前に違う種類の自己PR(強み)を数個用意しておきます。僕の場合は、「主体的に考え行動できる(アルバイト)」「人の話を真摯に聴ける(母の言語障害)」「フットワークが軽い(2つの長期インターン)」の3つでした。
 面接直前に、ESで書いた自己PRと、会社説明会や内定者訪問で調査していた、社風や人柄を思い出します。
 面接が始まったら、一瞬でその場の雰囲気を感じ取ります。「○○大学のてる坊です」という頃には、面接官の本当にざっくりとした人柄を感じとり終わっています。そして面接官から「自己PRをどうぞ」と言われたら、その面接官に合ってると思われる自己PRをしゃべります。その時は「ESとは違う自己PRをしたいのですが、よろしいですか?」と一言添えます。そして、それに沿って面接を進めます。
 ESに書かれている自己PRは、志望動機と一貫したものです。もしこの面接の場で仮にESと違う自己PRをしても、「志望動機にある△△という体験は、今申し上げた自己PRではなく、ESの方の自己PRにある通りです。」と言います。すると大抵の場合、ESに書かれた自己PRの質問もしてくれます。
 つまり、自己PRする時間が長くしやすいので、こちらのペースで面接する事ができるという事です。また何より、仮にその面接官が欲しかった”強み”をしゃべる事に失敗しても、もう一度しゃべれるという挽回の余地が残されています。もし、強みを数個用意できるのであれば、用意した方がいいと思います。でも、最初の方は慣れなくて結構失敗するので、気をつけて下さいネ。

5…面接後の適切な反省が大切
 これは面接が成功しても失敗しても反省すべき、という意味です。
 ここで言う適切な反省とは、「感情的にならずに、どこが良く出来て、どこが悪かったかを理性的に省みる事」です。面接直後にノートに書きだして行うと非常に効率的です。しかしどこが悪かったか、というのは大抵”墓穴”に集約されます。どうすれば次は墓穴を掘らないで済むかという事は、何回でも反省した方がいいと思います。ちなみに僕の友達に、この適切な反省が全くできない人がいて、少し可哀そうでした…
 皆さんは、少しでも面接のレベルをアップさせる為に、毎回面接の反省をしましょう!!


【セミナーで面接官をして思った事】
6…非言語分野がとても大事
 ここでいう非言語分野とは、身だしなみ・姿勢・雰囲気・話し方etcなどです。この中で僕が一番気になっていたのは、雰囲気や滲み出る人柄でした。
 例えば、もともと顔つきがぶっきらぼうに見える就活生が、面接中に何か和んだ際に見せた笑顔がとても素敵で、面接官の僕が逆にほっとする事がありました。また、ぎくしゃくした笑顔をした真面目な就活生の隣に、本当にフレンドリーな雰囲気を出しながら笑顔をする就活生。その度に「あー、生まれつきってあるよなぁ」と感じていました。
 大切なのは、自分本来の味を知る事です。自己PRも大切ですが、もし仮に自分本来の味と自己PRがリンクしていれば最強です(あえてリンクさせないという手もありますが…)。

 「大根は大根でいいんです。ただ人前に出す時は泥をつけたままでお出しするのは失礼。とても食えたものじゃありません。丁寧に洗った後に、おろしてあげれば、消化の手助けになってくれます。主役になれる事は少ないですが、それでも大根は必ず必要とされます。自分が大根なのに、人参をうらやんでも仕方のない事です。大根は大根の味をしっかり出せばいいのです。」
 僕が心の底から尊敬する、美輪明宏さんの言葉です。
自分の非言語分野の本来の味を把握しつつ、それにマッチしたPRが出来るといいですね。


以上です。
今回も長くなりましたが、皆さんの就活を応援しています!!
スポンサーサイト
 

 

 

Comment

 

Secret?


 

 

 

 

*Template By-MoMo.ka* Copyright © 2017 Next Linkage, all rights reserved.

Next Linkage

Author:Next Linkage
東北の就活生を応援する団体です。

ホームページはこちらです


Facebook:NextLinkage
Twitter:@nextlinkage

Script by Lc-Factory
(詳細:Lc-Factory/雑記)

このブログをリンクに追加する

QRコード

小さな悩みや相談など何かありましたら、気軽にこちらよりメッセージくさだい!可能な限りお答えしていきます!

名前:
メール:
件名:
本文:

就職活動応援ブログ HASH OUT!!
東北で最強の就職コンサルタントが、そのノウハウを綴るブログです。 ヒュームコンサルティングの代表者の方が運営しています。 ネクストリンケージメンバーの何人かも、かつてこの方の就活講座を受けています!

「税金まにあ」木村税務会計事務所通信
「税法は納税者のもの」をモットーに、わかりやすく丁寧に税務会計を解説しています。 メンバーの一人が親しくさせて頂いており、弊ブログについても応援して下さっています。 代表の木村聡子様は、事務所長である傍らエコノミスト誌「会社法革命」 の執筆メンバーであるなど、八面六臂の活躍をされています。 女性のキャリアについて興味のある方は、是非ブログをご覧下さい。

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。