ホームページはこちら→http://nextlinkage.web.fc2.com/
 

 

 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

 

 

 

 
特別企画ラストを飾るのは、第2期代表で素材メーカーで働いておられるクロさんです!


-------
就活生のみなさま

どうも、はじめまして。
ネクリンで2期だった、クロと申します。
現在、素材メーカーに1年と9カ月勤めていまして、
自分の思うところを書かせていただいきたいと思います。

【社会人として働いた感想】
・毎日規則正しく起きて、会社に行くという動作自体が実は大変です。
  前の日にどんなに仕事が厳しく遅くに残っても、飲み会がきつくても、当たり前のように次の日はやってきます。大変です。

・ヒエラルキーを感じます。
  新人で大企業に入るということは、自分に決定権がないということであり、自分がやりたいようにできないという意味で、なかなかのストレスになります。また日本企業は年功序列があり、年上の人が自分よりもPCを使えなかったりして、社会の矛盾を覚えます。

・スケールの大きい仕事ができているという感覚はあります。
  例えば、自分のした仕事が日経新聞に載ったり、世界を変えていくというインパクトは感じます。ただ、大きいことをしようと思えば、必ずたくさんの人が関わるわけで、そのぶん、自分ひとりの役割はとても小さいものになっているような感覚があります。

・仕事が細かいです。
  今、営業、企画、契約、会計、生産調整まで様々仕事を行っていますが、提出書類や規則がたくさんあり、資料作成/整理に意外と時間を割かれています。そういったものを素早くさばくために、PCのスキル(素早いタイピング、エクセルなど)の基本的なスキルはあるとよいと思います。

・業務によりますが、英語はできたほうがよいです。
  出来ない人よりも与えられる仕事の幅が広がります。

・働いていない人は、働いていないです。
  価値を残すことにこだわりのない人が多いです。大企業病でしょうか。


【社会人と学生とのギャップ】
・非常に根本的ですが、敬語ができない学生が本当に多いことに気が付きます。
 (国立大生や、俗に言われるできる学生でも、敬語ができない人のほうが多いです)
  面接やOB訪問を受けていると、とても衝撃を受けます。社会人に悪い印象を与えないように、最低限の敬語は話せるようにしておくべきだと思います。

・忙しいです。
  物理的に時間の拘束が長く、忙しいです。人間関係が一定なので、私の場合はストレスになります。平日に仕事から帰ってきてゆっくり漫画を読むと、なんだかとてももったいない気がして、社会人になって完全に止めました。

・私はこれがしたい!といった同期のほとんどが、希望の職種についておりません。
  3割程度が希望の職種で、他は望んでいない仕事です。同期の不満も聞きます。やりたいことがはっきりしているなら、希望の職種がつけるような企業に就職するべきです。

・人に流されないことがなかなか難しいです。
  会社は文化を持っており、社員に一定の同質性を求めると感じるので、そのなかで自分を保ち、人に流されず、自分の決断を常にしていくことは難しいです。(無理ではないと思います)流されないためには、やはり就職活動で決めた気持ち(初心)を、大切にすることが必要だと思います。


【自分が就活生だった時のこと】
・恥ずかしい話ですが、戦略的でした。
  他の学生と比べて、どの部分で差別化をできるかを常に考えていました。
  自分のなかで長所と呼べる部分は何個かあったと思うので、
   (1)そのなかでどこが他の学生と比べて面白いと思ってもらえるか
   (2)そのなかで対象に企業にどの部分がマッチしているか
  を常に考えて、エントリーシートを書き、面接で発言をしていました。

・足で稼ぐことを厭わない人間でした。
  説明会に出た数なら、100-150社くらいはあり、エントリーシートは50社以上書きました。自分で見たもの、考えたものを大切にして、他の人から言われたことを鵜呑みにはしませんでした。就職活動は、21年間の自分の集大成だと思っていたので、悔いのないように思いっきりやりました。

・自分の考えを大切にしました。
  自分の体験を振り返り、なぜしたのか、何を望んでいたのか、どうなったのかを徹底的に振り返りました。そして、自分の将来の生き方(何をして生きたいのか、どんな状態で生きたいのか)を考えました。人から何を言われても、自分が考えてきたことなので、最終的にはぶれることがなくなりました。

 
【今の就活生へのアドバイス】
・自分の頭で考えること/ 自分の体験から考えること。
  海外に出たいです!と言っていて、一度も海外に出た経験がないのはナンセンスだと思います。大学3年間という自由な時間があって、そんなことを言っていても、理解しがたいです。自分の体験(なぜしたのか、何を望んでいたのか)を大切にして下さい。

・最低限の敬語/ 礼儀くらいはしっかりしましょう。 
  OB訪問をしたらお礼のメールくらいはしましょう。社会人は本当に忙しいなか手伝ってくれています。一応日本なので、相手を不快にさせないくらいの敬語は身につけましょう。できない人が多すぎます。(自分もそうでした。)

・経験しましょう。
  体験を話すことのない面接ほど空しいものはないと思います。あくまで、「自分の」体験を話しましょう。環境問題は重要だ、と言っていても別にあなたの話ではありません。相手に面白いと思ってもらうために、圧倒的に経験が必要です。海外をバックパッカーで回る、留学する、大きなイベントを開く、部活で優秀な成績をおさめる、面白い趣味がある、人と違って面白い何かを自分の体験のなかから掘り下げましょう。その体験がないのであれば、今すぐにでも就活をやめて、体験できる環境に身を置いたほうがいいと思います。


長々と書いてしまいましたが、どれもそれなりに役には立つと思います。
ただ、一番大事なのは経験と自分の考えです。
それさえしっかりと表現できれば、面接官の立場にたてば、おもしろいなと興味を持ってもらえることと思います。
おもしろいと思ってもらえることはとても大事です。
だって大企業の面接官は何十人、何百人の学生を観ているんですから・・・


クロ

-------

今年のネクリンブログの更新はこれで終了となります。
来年も就活生のみなさんのために精一杯活動していきますので、よろしくお願いします!

ではよいお年を。

スポンサーサイト
 

 

 

Comment

 

Secret?


 

 

 

 

*Template By-MoMo.ka* Copyright © 2017 Next Linkage, all rights reserved.

Next Linkage

Author:Next Linkage
東北の就活生を応援する団体です。

ホームページはこちらです


Facebook:NextLinkage
Twitter:@nextlinkage

Script by Lc-Factory
(詳細:Lc-Factory/雑記)

このブログをリンクに追加する

QRコード

小さな悩みや相談など何かありましたら、気軽にこちらよりメッセージくさだい!可能な限りお答えしていきます!

名前:
メール:
件名:
本文:

就職活動応援ブログ HASH OUT!!
東北で最強の就職コンサルタントが、そのノウハウを綴るブログです。 ヒュームコンサルティングの代表者の方が運営しています。 ネクストリンケージメンバーの何人かも、かつてこの方の就活講座を受けています!

「税金まにあ」木村税務会計事務所通信
「税法は納税者のもの」をモットーに、わかりやすく丁寧に税務会計を解説しています。 メンバーの一人が親しくさせて頂いており、弊ブログについても応援して下さっています。 代表の木村聡子様は、事務所長である傍らエコノミスト誌「会社法革命」 の執筆メンバーであるなど、八面六臂の活躍をされています。 女性のキャリアについて興味のある方は、是非ブログをご覧下さい。

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。