ホームページはこちら→http://nextlinkage.web.fc2.com/
 

 

 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

 

 

 

 
みなさんこんにちは!A子です。
テストも終わり、ES・説明会・面接と毎日走りまわる春休みですね!
ここからの1カ月、2カ月は本当にあっという間です。
これからは一日に何社も面談や説明会の予定が入ってくる方も多いと思います。そこで時間の使い方がとても重要になります。
ぜひ、少しの空き時間も有効に使って、毎日フルに動いてください!

では、本題へ。
今回は、「面接」で、私が大事にしていたことをお話したいと思います!

私が面接で心がけていたのは「余裕を持つこと」でした。

これは、時間の余裕と心の余裕という二つの意味です。

一つ目。時間に余裕を持って行動すること。冬は予期せぬ交通機関の乱れがあるかもしれませんし、慣れない東京での選考では会場に着くまでに予想以上に時間がかかってしまうこともあるかもしれません。でもどんな理由があっても、遅刻は遅刻。選考に遅れたらアウトです。だから、ただ間に合って会場入りすればいいというのではなくて、30分前には会場について外で待っているくらいの気持ちでいいと思います。早く会場に来ていれば、ESを見直したり、自己PRなど話すことを整理したり、身だしなみをチェックしたりきちんと準備ができますよね。
時間に余裕を持つことは、すごく基本的で当たり前のことですが、意外とできない人もいるのではないでしょうか。
いつも自分は時間ぎりぎりに行動する…と心当たりがある方は、自分の時計の時間を10分早めてみてください。そしたら人より常に10分早く行動できますよね☆

という自分も、選考の時は上記を常に意識していたのに、友達との約束では時間ぎりぎりに行動してしまうな~と書きながら反省しています笑
う~ん…私自身も日々の行動から改めていきたいですね

二つ目。
心に余裕を持つこと。
心に余裕を持って、「就活が楽しい」と思えるくらいになるためには、とことん練習あるのみ!だと思います。誰にも負けないぐらい練習した、という自信、余裕は、面接官にはわかります。素人の私たちですら、面接官を経験してわかることなので、何人もの学生を見てきている企業の方にはもっとそれがわかるはずです。(テーマ:「面接官をやっての気づき」参照)
これから先、面接がうまくいかなくてボッコボコにされることもたくさんあると思います。もちろん凹みます。泣きたくなることもあるかもしれません。でも、失敗を経験して悔しい思いをしておけば、同じことは二度と繰り返さずに済みます。ただ、志望度の高い企業の面接では、「失敗しちゃった~けど次に活かせばいいか♪」とはいきませんよね。だからその失敗の場として、私たちをどんどん使ってほしいんです!全体としての面接セミナーは終了しましたが、個別対応は随時受け付けていますのでぜひ、連絡してください!

というわけで、私から言えることは以上です☆
ではみなさんまた次の記事もお楽しみに~っ
スポンサーサイト
 

 

 

Comment

 

Secret?


 

 

 

 

*Template By-MoMo.ka* Copyright © 2017 Next Linkage, all rights reserved.

Next Linkage

Author:Next Linkage
東北の就活生を応援する団体です。

ホームページはこちらです


Facebook:NextLinkage
Twitter:@nextlinkage

Script by Lc-Factory
(詳細:Lc-Factory/雑記)

このブログをリンクに追加する

QRコード

小さな悩みや相談など何かありましたら、気軽にこちらよりメッセージくさだい!可能な限りお答えしていきます!

名前:
メール:
件名:
本文:

就職活動応援ブログ HASH OUT!!
東北で最強の就職コンサルタントが、そのノウハウを綴るブログです。 ヒュームコンサルティングの代表者の方が運営しています。 ネクストリンケージメンバーの何人かも、かつてこの方の就活講座を受けています!

「税金まにあ」木村税務会計事務所通信
「税法は納税者のもの」をモットーに、わかりやすく丁寧に税務会計を解説しています。 メンバーの一人が親しくさせて頂いており、弊ブログについても応援して下さっています。 代表の木村聡子様は、事務所長である傍らエコノミスト誌「会社法革命」 の執筆メンバーであるなど、八面六臂の活躍をされています。 女性のキャリアについて興味のある方は、是非ブログをご覧下さい。

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。