ホームページはこちら→http://nextlinkage.web.fc2.com/
 

 

 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

 

 

 

 

こんばんは~~~。オレンジです。
5日から昨日(10日)まで青春18切符を使っての~~~んびり
東京→下呂温泉→高山→名古屋→善光寺→浜松→静岡
の強行旅行に行ってまいりました~~~

やっぱり旅はいいですね。今回はお天気もよく、夏の終わり、、、秋晴れを
感じることができて気持ちもスッキリです

高校時代の友達や既に就職している大学の友達のうちに泊めてもらったので
その人たちの話を聞くのもとても勉強になりました。



さてそれでは、今回の小話はTOEICの点数についてです

ありがちな話ですが、私は“「英語を使った仕事」をしたい(笑)”を目標に就活をしていたので、実体験をもとに、どの程度点数が必要か
独断と偏見でお話したいと思います。


点数の書き方ですが、企業によって点数をそのまま書く企業もありますが
650~690点、700~750点など、自分がどの範囲に入るかを記入する企業もあったので
この場合、651点の人はラッキーですね 笑


私の経験ではその枠が、最高値が大体860以上もしくは900以上だったと思うので
それ以上点数がある人は、TOEICの勉強をするよりも、企業研究やES
に時間を割くことをお勧めします。


ちなみに、私の内定先の企業は、売り上げのシェアの半分が海外で
お客さんもグローバル企業、多国籍企業なので、理系、文系に関係なく
「英語での簡単な会話やメール程度はできるようになって欲しい」と言われ
海外営業を志望しているなら900点以上は最低必要だといわれました 汗汗汗


私は総合商社も見ていたので、参考までに、、、
面接で英語面接はありませんでした。


しかし、メーカーや海運などの他の企業の面接時には、TOEICについて

「結構いい点数取ってるね」

と言われていたのに、商社の面接では

「ふ~~ん。」「あぁ、そうですか」

みたいな感じでした 笑


やっぱり商社や外資は800点後半か900点台は普通のようです。

ただ、大手総合商社に内定を貰った友達(2008年入社)の話曰く、
「入社式でのTOEICのテストで600点台の人もいた。」
と言っていたので、少なくともその企業は、TOEICだけで落とさないようです。



また、会社説明会の質問で、他の学生から

「英語ができないんですけど、大丈夫ですか?」

と言う質問に対して、外資や商社、海外展開をしているメーカ以外
の人事の人は

「最低○○○点位はは欲しい(企業によって異なるが700から850くらいの間)
が、成績よりも学ぶ姿勢が大切」

というようなことを結構ハッキリ言ってました。



それ以外の会社では

「中学、高校の基礎があれば大丈夫、研修制度もあるから
入社してから頑張りましょう」

みたいなことを言ってました。



結論ですが、TOEICの点数だけで、内定が出たり出なかったりすることは
ない様なので、あまり点数が無い人は「できなくても努力する」という姿勢と
他の分野での強みをアピールしましょう。

そして、せっかくいい点数を持っていても、それだけを鼻にかけていてはダメですよ。
むしろTOEICの点数よりも、会話力、コミュニケーションの能力が大切なようです。

「990点持ってますけどなにか???(おぎやはぎ風)」
くらいの姿勢で挑みましょう 笑

スポンサーサイト
 
テーマ * 資格試験 ジャンル * 就職・お仕事

 

 

Comment

 

Secret?


 

 

 

 

*Template By-MoMo.ka* Copyright © 2017 Next Linkage, all rights reserved.

Next Linkage

Author:Next Linkage
東北の就活生を応援する団体です。

ホームページはこちらです


Facebook:NextLinkage
Twitter:@nextlinkage

Script by Lc-Factory
(詳細:Lc-Factory/雑記)

このブログをリンクに追加する

QRコード

小さな悩みや相談など何かありましたら、気軽にこちらよりメッセージくさだい!可能な限りお答えしていきます!

名前:
メール:
件名:
本文:

就職活動応援ブログ HASH OUT!!
東北で最強の就職コンサルタントが、そのノウハウを綴るブログです。 ヒュームコンサルティングの代表者の方が運営しています。 ネクストリンケージメンバーの何人かも、かつてこの方の就活講座を受けています!

「税金まにあ」木村税務会計事務所通信
「税法は納税者のもの」をモットーに、わかりやすく丁寧に税務会計を解説しています。 メンバーの一人が親しくさせて頂いており、弊ブログについても応援して下さっています。 代表の木村聡子様は、事務所長である傍らエコノミスト誌「会社法革命」 の執筆メンバーであるなど、八面六臂の活躍をされています。 女性のキャリアについて興味のある方は、是非ブログをご覧下さい。

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。