ホームページはこちら→http://nextlinkage.web.fc2.com/
 

 

 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

 

 

 

 
どうもこんにちわ。グリーンです。
今日は、日本経済新聞、いわゆる日経の上手な使い方について書きたいと思います。


就職活動をしだすと、多くの人が読む「日本経済新聞」。

どのように使っているでしょうか?
ただ読むだけ、じっくり目を通す、一字一句完璧に読むなど、さまざまな読み方があると思います。

その中でも私がお勧めするのは、「スクラップし、感想を書く!」という行為をすることです。

具体的に書くと・・・
1. 新聞全体をさらっと読む。
2. 興味がある記事を見つける。なかった場合は終了(ここで無理してがんばって探そう!とか思うと長続きしません。あくまで自分から興味がわいた記事を拾うのが大事です。)
3. さらっとその記事を読み、興味がさらにわいたら切り抜いて、ノートにはっつける。
4. そのノートはバックの中にでも入れておく。
5. 暇なときやスキマ時間にその記事を読み返し、余白に感想を1,2行書く。


これだけです。必要なのは新聞とノートとノリだけです。

ここで重要なのは、「無理をしない」「持ち歩くようにする」「感想を書く」という3点です。

「無理をしない」ですが、張り切って大して興味のない記事もスクラップしてしまうと、スクラップが「しないといけないこと」となってやる気がなくなります。また、抜き出された記事は自分が本当に興味があると思っているわけですから、続けるうちに自分がどういうことに興味があるのか、なんとなくわかってきます。

「持ち歩く」ということですが、ノートに張ることで持ち運びも楽になり、かつちょっとした時間に気軽に読むことが出来ます。ちょっとした時間に新聞広げて読むってことはなかなか出来ませんが、これならノートをちょっと見返すだけなので簡単。

「感想を書く」
というのは、記事に対して自分はどういう風に考えるのか、ということが文章にすることでわかり、「じゃぁこういう場合はどうなるんだろう?」などという経済に対する興味関心がわくきっかけになります。自分が興味を抱く分野がわかってくる可能性もあります。



実際私はこれを就活が本格化してきた1月からやり始め、最終的に8冊ものスクラップ帳を作るにいたりました。また、興味のある業界の最新の動向や知識もつき、それを面接の場でいうことで勉強しているぜって事をアピールしていました。面接で人事の方に、「よく読んでるね」と感心されたこともあったので、効果は結構あったのではと思っています。


これは私のやり方なので全部まねする必要はなく、いろんなサイトに日経の使い方などは書かれていると思うので、それらをいいとこ取りして、自分の独自の方法を編み出してみてください♪
スポンサーサイト
 

 

 

Comment

 

Secret?


 

 

 

 

*Template By-MoMo.ka* Copyright © 2017 Next Linkage, all rights reserved.

Next Linkage

Author:Next Linkage
東北の就活生を応援する団体です。

ホームページはこちらです


Facebook:NextLinkage
Twitter:@nextlinkage

Script by Lc-Factory
(詳細:Lc-Factory/雑記)

このブログをリンクに追加する

QRコード

小さな悩みや相談など何かありましたら、気軽にこちらよりメッセージくさだい!可能な限りお答えしていきます!

名前:
メール:
件名:
本文:

就職活動応援ブログ HASH OUT!!
東北で最強の就職コンサルタントが、そのノウハウを綴るブログです。 ヒュームコンサルティングの代表者の方が運営しています。 ネクストリンケージメンバーの何人かも、かつてこの方の就活講座を受けています!

「税金まにあ」木村税務会計事務所通信
「税法は納税者のもの」をモットーに、わかりやすく丁寧に税務会計を解説しています。 メンバーの一人が親しくさせて頂いており、弊ブログについても応援して下さっています。 代表の木村聡子様は、事務所長である傍らエコノミスト誌「会社法革命」 の執筆メンバーであるなど、八面六臂の活躍をされています。 女性のキャリアについて興味のある方は、是非ブログをご覧下さい。

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。