ホームページはこちら→http://nextlinkage.web.fc2.com/
 

 

 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

 

 

 

 
ども!カルロスです。
セミナーを重ね、就活生の顔を覚え始めてきています。リピーターも多く「リンクしてるな~」と実感しています。ネクリンの理念を実感できることはスタッフにとっても重要なことなのでこの調子で多くの人たちと繋がっていきたいと思います。また、そのためにはこちらも全力でセミナーを行うので全力でぶつかってきて下さい!

さて、話変わって本題。
自己Pのアドバイスですね。全部僕個人の意見なので参考にする程度にしてください。わからないところがあったら個人的に聞いてください。直接話さないと理解できないことは多いです。

まず、セミナーを通して感じたことを。
セミナーで多かったESを思い返してみると「ESを読んでもその人のコアがわからない」というESが大多数?全部?でした。つまり、みんな過去の事実を羅列しているだけでその人がどのように思ったか、感じたかを書いていなかった。よって、本当に言いたいことが言えないESが多かったと思います。

次に、具体的にどのようなESの構成だと説得力があるのか僕なりの考えを紹介します。
自分のコア→その理由→さらにその理由(感情的に)→具体的な例(泥臭く)→結論
これが僕のESの流れです。なんで?なんで?を繰り返すことで出来上がっています。従って論理的に書きあがっていました。ただし、例を載せることはしません。後は自分で考えてください。自分の頭で考えて納得した文章じゃないと自信を持って企業に出せませんからね。

最後に、僕なりのES論を。
ESなんてかっこいいものではありません。泥臭いことを感情込めて書かないと相手は自分の文章に入り込むことは出来ません。淡々と書いているなんて単語帳と一緒です。そんなES誰も通そうとは思いません。少し頭に置いて書いてみてください。

今回はこれくらいで。
こうやってブログで色んな記事を書いていますが、それぞれ一例に過ぎず、真似しても通らないことも多々あると思います。このブログを何かのきっかけにして自分なりに手を、そして足を動かして就活をしてみてください!
 
スポンサーサイト

 

 

 

 
どうもハヤテです。
ESセミナーも終わったし、最後の内定者合同説明祭の準備し始めてます。
楽しみだなぁ~♪

さて本題に。

ESでの自己PRについてって事ですが、
やっぱり流れは、
強み→具体例→成果→再度強み→今後への活かし方
がイイと思います。普通ですが。

あと、ちょっとおかしいですが、私は具体例から考えました。
正直、自分のどの部分をPRするか悩んでも、決まらなかったんです…
強みと言えるのかわからなかったし。
それで、まず強みを飛ばして、その先の具体例を決めて、
その話で説明できるPRにしました。

この方が説得力の部分ではイイと思います。
特に具体例として書きたい事が決まってる場合は。
ただ、ホントにPRしたい部分では無くなる可能性もあります。

PRしたい事が決まってる場合は、今回の内容はほぼ無視して下さいww

ただ一番重要なのは、自己PRで企業が知りたい事は何かを考える事。
セミナーでも言ってたと思いますが、企業側の視点で考える事ですね。
私は、その人の強みが何か、何をしてきたかよりも、
どういう性格・考え方か、今後成長できる人か
を見てるんだと思います。
そういう点をアピールできるESがイイESなんじ少し大きい文字ゃないかと思いますね。


あと、ESは他人が書いてもバレないです…
コレは、つまりホントに自分らしさが無いといけないって事だと思います。
よくある話だと信憑性も無いし、印象にも残らないし。
それを解決するのが、論理性と具体性、特にその時の感情だと思います。
最近のセミナーでESを見ても、コレが無いのは、変なESだと感じますね。

論理性はアドバイスしにくいですが、感情以外の具体性に関するアドバイスとしては、
・数値がある方がより具体的。誰が見てもわかりやすい。
・過去との比較があると、行動の成果がよりわかりやすい
・他人からの言葉は、他者目線だからかなり説得力がある
・具体例、PRポイントは1つに絞ってそれを深く書く。たくさん書いても具体性が無い。

って感じです。

字数制限もあるので大変だと思いますが、何度も推敲を重ねて、
満足のいくESを作り上げて欲しいですね。


12月7・10日の模擬面接セミナーの予約も受け付け始めてますので、
是非予約してくださいね。

ではまた!
 

 

 

 

 
こんばんは!ヒルッチです!

ESセミナーに参加された方お疲れ様でした!今回のブログのお題もESについてですね!
合わせて参考にしてみてください!


僕の場合は自分がどう書いたかよりも、セミナーの時どういった視点でESを見て、添削していたかを書いていこうと思います。

僕のES評価の基準は「人間性」でした。これだけでは漠然としているので、もう少し細かく言うと「過去も未来も、入社してからも、数十年後も、私はずっとこうなんです!みたいな、人間性のコアの部分が伝わってくるES」を評価していました。

結果から言うとこういうESはほとんどありませんでした。

それは、手段しか書いていないESが多かったからです。


例えば、最初に書く「私の強み」。チャレンジ精神旺盛。とか、人の話をよく聞く。とか、人によって様々です。
でも僕が知りたいのはその「強み」=「手段」で「自分はどうなりたいのか(目的)」とか、「自分がどんな人間でどんな考え方を持っているから」その「手段」を取ったのか(行動力の源泉)という点でした。


では、なぜ「人間性」を重視して見ていたか?
それは「手段」は周囲の環境によって変わりやすいけど、「人間性」は変わらないからです。

ESは入社するための書類です。でも学生はまだ誰も入社したことはありません。そんな知らない環境に飛び込んでいくための書類に、変化してしまうことを書いても意味がないと思います。



これらを踏まえて、どんな風に書いたら説得力があるか。一例を示してみます。

自分の手段目的(手段は自分のどんな人間性によるものか)→(具体的な例をあげて)問題点や挫折→自分の手段でどんな風に工夫、解決したか→どんな成果が出たか→まとめ(自分の人間性を社会でどう活かすか等)

こんな感じですね。

参考になったなー、って方は400字でまとめなおしてみるのもいいかもしれません。


僕の具体例はここで出すのは恥ずかしいので、知りたい方や、今回のお題についてもっと聞きたいって方は個別に尋ねてきてください。


今回はセミナーの後に就活生とたくさん話せたのですが、やっぱりブログ上では語弊を恐れて言葉を選びすぎているあまり、面と向かって話すよりも伝わりにくい点があるなーと、再認識させられました。

なので、個別に尋ねてきてくれれば喜んで話しますww




では長くなりましたがこの辺で。

明日からの記事も期待してくださいね~ 

 

 

 

 
よっしーです!

ESセミナーに参加してくださった方、ありがとうございました!
字数制限があるなかで、自分をわかってもらうことの難しさに気づけていただけたらうれしいなぁと思います。
また、次回の模擬面接セミナーを企画中です。
お時間のある方はぜひぜひきてみてくださいね!


今回はESの自己PRをどう書いていたかということですが、
まず、構成は、
結論(PR)→具体例→結論(さらにPR)→まとめ(今後の展望など)
まぁそこまで変わったことはないと思いますが、とりあえず結論から書くことは徹底していました。
ESが短い時間で読まれるっていうことを考えると、最初にどういうことがPRされていることがわからなければ、読み手側にとってはよみにくいESとなると思います。

次にどういう内容を書いていたかということは、
自分はESを書くときに面接のことまで考えていました。
なので、面接で聞かれても自信を持って答えられる、かつ話題も豊富な学生時代にがんばったエピソードを具体例として、そこからわかるPRを結論にしていました。
(ESと面接は密接にかかわってきます。面接で聞かれることはESの内容からということが多いので、面接まで見据えた書き方をしていました。)

最後に、自己PRを書くときに気をつけていたことを書こうと思います。
・相手から見てわかりやすい文章かどうか
・相手の企業にとって必要とされそうなことがPRされているかどうか
・具体性があって、自分のことがイメージされそうか
・自分の思いや考えが書かれているか(←で他の人と差別化できます
・PRした内容は元からある力なのか?それともある経験を通して得た力なのか?
 ↑ここをわかりやすい文章で!この二つを混同しないようにするといいと思います。


自分はこんなもんですかね?
他の人の意見も参考に自己PR作りを進めていってください!

 

 

 

 

 
どうもこんにちは、もりすぃです。

最近インフルとか流行ってるみたいですねー。
俺自身も実はいま風邪気味でちょっとしんどいです。
皆さん体調管理にはホント気をつけてくださいね^^;
ちなみに風邪予防には
『睡眠』と『栄養』、そして最後は『根性』の3つが大切だ!
と俺の親父が言ってましたw
気持ちが弱ってるとウィルスにもやられやすいらしいですw
まぁ病は気からとも言いますからねー。


さて本題ですが、今回のテーマは「ESの書き方アドバイス(自己PR編)」です!
書き方は人それぞれなので難しいですが、俺の場合を書いていこうと思います。

まず流れとしては
自分の強み(結論)→それを証明するエピソード(具体例)→会社で強みをどう活かすか(結論2)
という感じで書いてました。
少し具体的に書くと、

俺は負けず嫌いで、勝つための努力は惜しみません。(結論)

テレアポのバイトで、同期に絶対負けたくなかったので家でも会社でも勧奨する商品の勉強をしまくりました。(具体例)

その結果ひと月に●●件受注取って、入社数ヶ月ながらも会社の受注ランキングに入り、●●人の同期の中で最初に昇進&賃金アップを勝ち取りました。(具体例)

このように、御社でも営業マンとして成果を上げていきたいです。(結論2)

みたいな感じでした。
●●件~のように具体的数値があると分かりやすくて説得力もあるかと思います。
(ただ、勝ち負けにこだわり過ぎてる感があるのでこの例はあまり良くないかもしれません。)


俺のESで良ければ、言ってくれれば見せるので気軽にお声がけください。

それではまた。 

 

 

 

 
みなさん、いよいよ寒さも本格的になってきて、就職活動も本格スタートですね!くれぐれも体調管理には気をつけましょう。
さて今回は企業選びの軸についてですね☆

まず僕自身の企業選び観についてお話します。まず、僕には将来やりたい事やなりたい自分像があります。「企業はそれを実現するための手段」と位置づけていました。あくまで企業は目的を遂行するための手段、ツールと考えていました。だから、自分の将来やりたい事(目的)がハッキリしてれば自ずと企業(手段)も決まってきます。

やりたい事:世界中を飛び回って仕事をして途上国と日本国の発展に寄与したい!そして高年収でいつかは独立!いろんなことに首つっこんで視野を広げたい!

抽出した要素:グローバルプレイヤー、いつかは起業して経営者、日系企業、リーディングカンパニー、非製造業、高年収、多業種との関わり

満たした企業:総合商社☆

という感じです。

僕がみなさんにしっかりとお伝えしたいことは「企業に入る事が目的ではなくて、企業に入って自分が楽しいと思える人生を歩む事が目的」ということです。

それを混同すると痛い目みます。

まず自分のやりたい事ありきです。でもそれを明確にするためにはしっかりと自己分析をしなければ、自分の性格を理解しなきゃいけませんね☆

今の時期は企業の個別説明会がぼちぼち仙台でも始まってきて、どの業界に行きたいのか訳わかんなくなる時期でもあります。そんな時こそ、「自分」をしっかり持って行動してくださいね!
 

 

 

 

 
こんにちは、まつです。
自分の担当だったESセミナー第一タームには
多くの就活生に足を運んでいただきました。
この場をお借りして、御礼申し上げます。
第二タームも鋭意準備中ですので、是非ともご参加くださいね。



閑話休題



① 「仕事において、自分が成し遂げたいことはなんだろう…」
→消費財のようにはっきりと形に残るものの製造や販売に携わりたい。
例えば将来家庭を持った時、店頭に並んでる商品を手にとって子供に
「お父さんの会社は、こういうのを作ってるんだよー」とか言ってみたいwww

② 「消費財メーカーといってもいろいろある。どんなメーカーに?」
→日常生活に必要不可欠なエレクトロニクス分野や自動車。
 国内外問わずブランド力がモノをいうので、リーディングカンパニーがいい。
 総合電機とかなら、生活インフラに関連した仕事もできそう…

③ 「電機・自動車メーカーでどんな働き方をしたい?」
→部門別採用じゃなくて、部署移転が多い会社のほうがいいね。
 人事になって、会社全体の業務を見る仕事とか
 広報になって、自社ブランドを高めるための営業とか…



一例をあげてみましたが、とくに重要視していたのは①でした。
自分は内定を幾つか頂きましたが
最後の内定をもらったのは、来年入社予定の会社です。
① の部分が曖昧だと、早めに内定が出た業界に対し
「ここに決めちゃっていっかなー」と安易な妥協ルートに走り
後々「第一志望、受けとけばよかったなぁ…」ということにもなりかねません。
自分もそういう友人を何人か見かけました。

就活に「答え」はありませんが
自分が納得できるだけの「結果」は努力次第で得られると思います。
他のネクリンメンバーの「軸」も参考に
確固たるコア部分を早めに築き、行動に移しましょう!

ではまた次回
 

 

 

 

 
企業選びの軸

最近の自分は、セミナーは続くし、卒論のテーマが決まらないし、トレーニングもしたいし、バイトもあるし、遊びたいし、内定先の宿題あるし、簿記の勉強はしたいし、学校行かなきゃだしで充実しています。まだまだタイムマネジメントできてないので全部消化していません!時間は有効に使わないとね。

閑話休題

今回は企業選びの軸ですね。僕が最終的に軸を定めたのは面接を控えた4月頭です。前々から方向性は決まっていたので日々ブラッシュアップしていくという流れで4月までかかりました。

僕の軸は3つです。詳しく書くと長すぎるので今回は簡潔に書きます。

1、価値観=自分のコア
組織も自分も成長し続けたい→妥協なき環境が欲しい
2、業種=素材
証が欲しい→何か形に残るモノを作りたい
3、業態=BtoB
より大きなフィールドで仕事がしたい→多業種の企業相手に仕事がしたい

もちろん、これらには自分の経験から裏付けられた理由があります。やりたいことは自分の過去から探しましょう。~~やりたい!なんて誰でも言えるので、なんでやりたいかを考えた方がいいです。

人によって色んな軸の作り方があると思いますが、この3つで分けて考えると結構絞れます。参考にしてみてください。詳しいところが気になった方は私まで。

ではノシ
 

 

 

 

 
どうもハヤテです。
寒い冬がやってきました!
人恋しくなります…か?

さて本題。

私の企業選びの軸ですが、
①自分の好きな物を扱うか
②影響力が大きいか
③自分の望む社会を作れるか
の3点で考えていました。
いや、3月までは①②だけでした…

それぞれ理由がありました。
①は、企業でのインターンを通じて、40年近く同じ企業働くなら、
好きな物を扱う企業で無いと、続かないと感じたからです。
やっぱり楽しく働きたいじゃないですか!
また、嫌いな物、自分が使いたいと思わない物を売りたくなかったからです。
商品・サービスの良さも伝えられないだろうし…

②は、やるからには大きい事、歴史に残るような事をしたいという気持ちが強いからです。

③は、ESを書いたり、面接を進めていくうちに、コレって重要だな、と感じたからです。
私は『仕事=自分の望む社会を作る事』だと思っています。
なので、自分の望む社会を作れる企業に行きたい!と考えるようになっていました。
また、望む社会を作るためには②の影響力も必要だと考えるようになりました。


個人的には③が一番就活生に持ってもらいたい軸です。
就活はあくまでも特定の企業で働くためにする事です。
目の前の就活ではなく、その先5年後、20年後を見て、考えるべきだと思います。
そのためにも、③は軸にならなくても、1度は考えて欲しいと思います。

今思えば、もっと早くから③に気付いていたら良かったなぁ~と思います。。。
ただ、内定先は①②③の全てに当てはまっているので、超満足ですけどね♪

では今回はこれにて!
 

 

 

 

 
どうもこんにちは、もりすぃです。

先日、国際センターであった内定先の合同説明会のお手伝いに行ってきたんですが、
会場には予想以上の数の就活生がいて、かなり圧倒されました。
今年の就活生は意識が高いと言われてますが、それを実感しますね…。
ネクリンのセミナーによく参加してくれる就活生にもたくさんお会いしました。
皆、来てくれてどうもありがとう!


さて今回のテーマは「企業選びの軸」ですねー。
俺はあんまかっこいい事は言えないので、今日はさっさと読み飛ばして下さいw
強いて挙げるとすれば3つ。

①給与水準がそこそこ高いこと
面接で「あなたは何のために働くのですか?」という質問をよくされます。
俺の考えはずばり「お金を稼ぐため」です。(面接ではそんな回答はしてませんがw)
やっぱり幸せになるためにはお金ってすごく大事だと思います。
それに給料が良い→仕事やる気出る!ってゆう正のスパイラルに乗れますし。

②仕事以外に自分の時間も取れること
俺はやっぱり土日は趣味に使いたいし、平日の仕事後も同僚と飲みに行ったりしたいです。
いくら給料が良くても、超激務でゆっくり休む暇もない!って所はちょっと…って感じだったので。
要するにライフワークバランスを大事にしてくれる企業を選んでました。
※決してラクばっかしようとしているわけではないですw

③自分の好き・得意な分野を仕事にできること
まぁ当たり前といえば当たり前ですね。
一応IT系のゼミに所属してたのでそれ系の企業受けてましたし、
あとお金にはうるさい方なので金融もいっぱい受けてました。
そして何より俺はお酒が大好きなので、お酒を造る企業に就職を決めました。


はい、こんな感じです。
読み返してみると、全く参考にならないですねw
こんな人もいるんだーくらいに受け止めてください。


それでは、また来週のセミナーでお会いしましょう。 

 

 

 

 
どうも!よっしーです。

最近はどんどんと寒くなってきましたね><
就活をする上で体調管理は重要なので、風邪などには気をつけてくださいね!


それでは、自分の就活の軸ということですが、

①相手(お客様)の必要としていることや困っていることを解決して、支えていける仕事。
 これは自分の自己PRと重なってくる一番大きな軸の部分です。
 特にこのことを理由にBtoBの企業に行きたいと思っていました。

②自分の努力したことが相手の利益に直接つながること
 ①の軸の派生のような理由ではありますが、相手が困っていたらそれを解決するために
 がんばっちゃうのが自分の性分で、それを生かしていける仕事がしたいと思っていました。

③どんな人が働いていて、どんな就業環境なのか?それが自分にとってはたらきやすい環境なのかどうか?
 これは完全な自分の直感です。
 実際に説明会などで直接その企業の人と会ってどんな人がどんな風に働いているのかを詳しく聞いていました。


自分の軸はこの3つでした。
詳しくは直接聞いていただければお話します!

ただ軸というのは人それぞれ違うもので、その軸がどうなるかは自己分析次第です。
自分がどのようなことをがんばってきて、どのようなことをこだわってきたのか?
どういうときが楽しくて、どういうときは悲しかったのか?
そんなことを深く掘り下げていくと、自分の軸は出来上がっていくんじゃないかなぁと思
いますよ!
 

 

 

 

 
こんばんは!ヒルッチです。

ESセミナーに参加された就活生のみなさん、お疲れ様でした。来週の第2タームは、段々空きが少なくなってきたので、予約が未だの方はお早めに♪
その後の打ち上げにも就活生が何人か参加してくれて有意義な場となりました。


さて、今回のブログのテーマは「企業選びの軸」についてです。その前回のセミナーでアンケートにあった質問への回答になりますね。頷けるものがあったら参考にしてみるといいと思います☆


では僕の例。

①関東を拠点に働けること
理由は二つあります。一つは、実家が関東なので両親の面倒が見やすいため。もう一つは、自分が新しい家庭を持ったときに、転勤ありの生活があまりいいことに思えなかったからです。
つまり、僕は家庭第一の旦那になるってことですねwww

②超マンモス会社ではないこと
僕は人事部を志望しているのですが、常に全体を知っていたい性格からこうなりました。全社的な視点を持っているつもりでも、知らないところばかりだと気持ち悪いのでw

③押し売りや単調作業ではなく、作り上げる仕事
企画好きなので、既製のものをさばくだけという仕事よりも、ディスカッションして1つのものを作り上げていく仕事がしたいと考えていました。


こんな感じでしょうか。

もちろん複数の軸が同列ではなく、優先順位がどれかだけずば抜けている!っていうのもありだと思います。

企業選びの軸にも模範なんてものはありませんから、参考にしつつも自分なりに考えてみてくださいね

では明日以降の記事にもご期待ください! 

 

 

 

 
どうもこんにちは、もりすぃです。

先日11/10(火)と11/12(木)に
ネクストリンケージ主催のES添削セミナーを行いました!

今日はその時の様子を写真を交えて紹介していこうと思います。


まずは準備の様子から。
縮小17
会場をセットしたり、イベントの最終確認したりしてます。


せっせと準備する松木。
縮小18
彼は今回、就活生のメール管理、そして提出されたESの管理および割り振りを全て担当してくれました。
今回のセミナーは彼の苦難の賜物と言ってもよいでしょう、本当にお疲れ様でした。


そしてこっからセミナー開始ー。
縮小19
いつも通り、ネクリンのセミナーは代表の小宇佐による挨拶から始まります。
彼がネタを言った時は、皆さん是非笑ってあげて下さい(切実)w


宮越によるプレゼン。
縮小20

かなり時間をかけて作成したパワポだけあって、要点のまとまった質の高いものだったと思います。
プレゼンを聞く就活生も皆真剣な顔つきでした。


そしてこっからはセミナーのメインであるES添削。
縮小21
縮小22

ESに答えはありませんが、たくさんの人に添削してもらうことによってだんだんと文章の書き方が分かってきます。
他人に何度も添削され、その都度修正して、それを繰り返す事で最終的に自分なりの完成型ができあがるはずです。
もちろんネクリンスタッフはいつでも添削を受け付けますので、頑張ってみて下さい。



それから、今回のセミナーのアンケートで出た質問に答えていきます。

Q,ネクリンで活動しているスタッフはどうやって集まったのか?(内定したらやりたいので)
→ずばりネクリンのメーリスで次期スタッフ募集のメールが回りました。
時期的にはゴールデンウィークの前あたりで、その時のメーリスに反応して集まったのが今のスタッフです。
(もちろん中には人づてで参加したスタッフもいます。)
来期も同様のメールは流す予定なので、未加入の方は是非ネクリンのメーリスに入って下さい。

Q,説明会での鉄板質問は?
Q,説明会に対しての準備は?

→過去の「合同説明会で心がけていたこと」という記事(7人分)を参考にして下さい。
(↑クリックすると7人分の過去の記事に飛びます。)


質問の返事は以上になります。

それから最後にお詫びと告知を。
今回のES添削セミナーでは開催した両日とも満席となってしまい、参加できなかった就活生の皆さん本当に申し訳ありませんでした。
次回セミナーは11/24(火)と11/26(木)を予定しており、予約を開始しております。
既に両日20名程度の予約を頂いておりますので、是非お早めにホームページからお申し込み下さい。
よろしくお願いします。


それでは、このあたりで。 

 

 

 

 
どーもカルロスです。

この間0泊3日で部活の応援ツアー行ってきました!就活中も極力敬遠していた夜行バスでしたがなんとかなるもんですねー。自分もまだまだ若い!笑
ですが、体調管理をする上で夜行バスは決していいとは言えません。現に身体のめぐりが悪くなり気持ち悪くなりました。よって自分の調子を見極めて使うようにした方がいいと思いますよー。特にでかい人のバスはきつい・・・

さて本題。今回は息抜きについてですね。
就活!就活!と追われるのは仕方が無いことですが、たまには息抜きしないと身体的にも精神的にも持ちません。
そこで、僕は忙しい時にあえて時間を作って好きなことをするようにしていました。就活以外の時間を作ることによって就活にメリハリがつきますし、ふとしたきっかけでESや面接のネタが思いつくこともあります。就活で凝り固まった脳を刺激する意味でも息抜きは重要だと思っています。
ちなみに、僕の場合は部活の練習が一番の息抜きでした。好きで続けていることなので忙しい時でも時間が作れれば極力練習するようにしていました。もちろん、それが面接のネタになっていましたね笑

息抜きはこんな感じですかね~。部活が息抜きなんて人はまずいないと思いますが、自分の好きなことをすることが一番気が楽だと思います。就活中も今好きでやっていることは続けるようにすべきです。息抜きは就活の骨休みにも刺激にも糧にもなるので上手く使って楽しく就活を乗り切ってください!

ではノシ
 

 

 

 

 
最近いきなり寒くなってきましたねー☆いよいよ仙台での最後の冬なんで、感慨深くなってきました。さて今回は就活中の息抜きの仕方ですね!

就活中は仙台と東京を月に何往復もして、朝っぱらから選考を受け、高速バス(拘束バス)の餌食になり、脂ぎったおっさんと面接を重ね・・・・・
もう大変ですねw

だから、メリハリをつけて就活を楽しむことが大切です。僕が息抜きとして実行していたことを書いていきます☆

〇選考で友達作る→そのままメシ、あわよくば飲みに行く☆

〇東京で大学の先輩(社会人一年生)と会ってメシ→おごってもらう☆

〇秋葉原で暴れる☆ アキバのゲーセンでストⅣの猛者達に勝負を挑む☆

〇就活仲間とメシ、飲み、語り合う☆

基本的に僕は就活が楽しくて楽しくて、あまりストレスに感じなかったですね~でも息抜きは本当に大事!
僕の友達はナンパで息抜きしてましたw

まぁ、息抜きは人それぞれ!とにかく、よく就活しよく遊んでどんどん成長していってくださいね!

応援してます!いよいよ就活も盛り上がってきますね・・・
ネクリンスタッフ一同、全力で就活支援していくので、宜しくお願いします! 

 

 

 

 
こんにちは☆ちーです(^^)
卒業試験に追われる日々、久しぶりに勉強していますw
ESセミナーに引き続き12月は女子会を開きます。是非参加してくださいね!

息抜きの仕方ですね。
私は家では集中できないタイプなので、新鮮な環境に身をおいていました。
東京での選考が3日間だとしても、一週間程友人宅に居候して(迷惑w)同居生活を体験したり、時間があれば六本木や表参道をブラブラしてみたり。
友人宅を転々とすると、たくさん電車に乗るのですが・・・その都度仙台の住みやすさをしみじみと感じることができました。
そのおかげで就活後はもっぱら仙台の自然や博物館等に足を運んでいます~。

面接での出会いも大切です。面接はなにかしら共通の思いが集まる場ですし、日本中に輪を広げるいい機会です。
私は東京の面接で知り合った栃木・茨城の人と、翌日渋谷にて6時間ガールズトークで盛り上がりました(^^)

就活末期には、面接後のひとりカラオケがストレス発散でしたね~。
先日はとうとう仙台でもやってしまいましたがw

以上、取り留めのない話でしたが・・・
まつが書いていた通り、息抜きはあくまでも息抜き。
就活からの逃げ場にせず、自分へのごほうび感覚にしてはいかがでしょうか。

ではでは明日もお楽しみに~(・´з`・)
 

 

 

 

 
どうもこんにちは、もりすぃです。

大変遅くなりましたが
10月半ばに行われたネクリンの自己分析セミナーの写真が集まったので
何枚か紹介していこうと思いますー。


まずはいつも通り、代表の小宇佐による挨拶。
縮小12
「今後40年働く企業を決めるための時間はあと半年しか無いという事実に気付き、焦って下さい」
というような事を彼は言っていました。
最近はウケ狙いをやめたようで、なかなか良い事を喋ってます。


こちらはセミナーのメインでもある自己分析をやっている様子。
縮小13
中学、高校、大学と自分がやってきた事や印象に残った出来事を書き出して貰い、それを掘り下げていく事で自分の特徴や強みを見つける、といった作業を行いました。


そしてこちらは各自の自己分析の結果について発表している様子。
縮小15
具体的経験を交えながら自分の強みを説明するのはなかなか難しかったんじゃないかと思います。
でも本番の面接では「1分間で自己PRをして下さい」などというお題はよく課されるので、そのための良い練習になったんじゃないでしょうか。


全体の様子。
縮小14
2日間に分けて行った自己分析セミナーでしたが、両日とも多くの就活生に参加して頂きました。
特に10/15(木)の方は部屋から溢れんばかりの超満員で、今年の就活生の意識の高さが伺えます。


企画や司会進行を担当してくれた金濱&碓井ペア。
縮小16
本当にお疲れ様でした。



さて、明日から11/10(火)と11/12(木)の2日に分けてES添削セミナーが行われます。
予約されている方は、当日またお会いしましょう。

それではまた。 

 

 

 

 
こんちは、まつです。
ゼミ企画とセミナー担当で多忙な日々を送っています。
当日ちゃんと運営できるかな?と毎日どきどきしています。
メンバー共々生暖かい目で見守ってやってください。



閑話休題



今回のテーマは息抜き。
忙しさ最高潮の2・3月の余暇の過ごし方ですね。
私は基本的にインドア人間なので
部屋をピカピカに掃除したり、模様替えしたり
アロマキャンドルとか焚いていました。
自分の家は、就活中において唯一くつろぎの場として
快適さを保つように努力していました。
昔から掃除大好き人間なので、それすら息抜きでした。

それ以外では仙台で飲んだり東京で飲んだり。
新宿で仙台行きの深夜バスを待つまでの時間には
1~2時間ほど一人でカラオケ行ったり。
まあ普通です。



ただ「息抜きは所詮息抜き」です。
例えば、なかなかESが上手く書けなかったとき、カラオケに行ったとします。
この行為は確かに一種の気分転換ではあります。
ただ、この人自身の「ESが上手く書けない」という悩みは解消されないまま、
厳然と存在するということに注意してください。

息抜きは一種のガス抜きみたいなものです。
それが直接的に就活の進捗状況を芳しくするものではないのです。
これに気付かずにいると、いつまでも息抜きの時間が続き
就活そのものに悪影響を及ぼすということになりかねません。

就活は確かにストレスの溜まるものですが、
安易に息抜きに走るよりも、問題に正面から向かってみた方が
気分としても事態としても好転することも多々あります。
折り合いをしっかりつけ、バランスよく余暇の時間を過ごしてください!



ではセミナーでお会いしましょう、まつでした。 

 

 

 

 
どうもどうも。ハヤテです。
もう11月だ!もう2カ月しか今年も残って無い!ヤバイヤバイ……何が?

…さて、本題に入りましょうか。

息抜きの方法ですが、私の場合はゲームですね。
就活中というか、2・3月だけで5本くらいクリアしましたね…

さすがにやりすぎましたが、
かなり熱中するタイプなので、就活以外の事を考えられて良かったです。

あとは、就活で実家に帰った時にペットと遊んだり、
友達の飲んだくらいですかね。
いたって普通です。


まぁそもそも息抜きが必要なくらいに就活で精神的にまいってないんですけどね…
是非、息抜きがいらないような就活をしてくださいね!

ではこのへんで。
 

 

 

 

 
おはようございます。よっしーです。

今回のテーマは息抜きの仕方です。
就活中は本当に息抜きが大切になってくるので、いろんな人の息抜きの仕方を参考にしながら就活を乗り切っていきましょう!


自分も何個か紹介してみます。


①友達と話す
他の皆も書いていることだとは思いますが、一人でいると息が詰まってしまいます。
就活のことについて話すのでもいいし、関係のないことを話すのでも良いですが、友達と話すことはかなり効果のたかい息抜きの仕方だと思います。

②就活中であった人たちと遊ぶ
自分の場合はインターンでであった人たちと、東京に行く機会があったらなるべく会うようにして情報交換をしていました。
息抜きにもなるし、東京に行くときは心細いと思いますので、東京でも知り合いを作っておくと良いかも。

③趣味に没頭(就活を忘れる)
就活がうまくいかないときがあると思います。
そのときにずっと悩んでいると、就活がいやになってしまうかもしれません。
そういう時は、あえて一日就活を忘れてほかのことに没頭することも手だと思います。
自分の場合は弓道をやっているので、弓道をやっている時間は就活を忘れる時間でした。


自分の場合はこんな感じです。

何か就活で悩み事などある場合はネクリンのほうでも相談に乗りますので、ぜひ声をかけてくださいね!
それでは明日以降も記事を楽しみにしてください。
 

 

 

 

 
どうもこんにちは、もりすぃです。

今回のテーマは「息抜きの仕方」ですね。
就活中いかにして息抜きをしていたか、余裕のある今のうちに紹介していきます。

その1:友達の家で鍋。飲む&語る。
→お互い就活の愚痴を言い合ったりしてストレス発散してました。
ついでにESを見せ合ってテクニックを盗んだり、就活の情報交換もしてました。
もちろん飲みすぎは禁物で。

その2:出かける用事ないのにバイクで走る。
漫画家や小説家は、ネタが思い浮かばない時は気分転換によく散歩に出かけたりするそうです。
俺もそれと同じように、ただ趣味がツーリングという事もあって、ESが書けなかったりする時はあてもなくバイク走らせてました。

その3:音楽聴く。
音楽大好き人間なので、移動中は常に音楽聴いてました。
あくまで俺の変な趣味ではありますが、大音量で音楽聴くとスッキリします^^;

その4:東京都内歩き回る。
就活中は東京に行く機会が何度もあると思いますが、行ったら行ったで空き時間も結構あったりします。
そんな時、秋葉原や新宿や渋谷など歩いてみると、田舎暮らしの俺から見ると珍しいものがいっぱいあって面白いです。
新しい刺激の中からESのネタが見つかる事も…?


だいたいこんな感じだと思います。
特に人に話を聞いてもらうってのはすごい息抜きになると思うので、何か悩み事などあった場合は1人で抱えこまずに周りの誰かに聞いてもらうと良いと思います。


それでは、今回はこの辺りで。 

 

 

 

 
こんばんは。ヒルッチです♪

今日から大寒波が来ましたね><就活生の方々は風邪を引かないように気をつけてください。
僕は冬の間スーツの下にヒー○テックを履いて寒さを凌いでいました☆
体調を崩してしまうと本来の力が発揮できませんので、体調管理に気をつけてくださいね


さて、今回のテーマは「息抜き」です。
こちらも本来の力を発揮する、という点では非常に大事なことですよね

もちろん、今現在習慣になっているリフレッシュ法を実践すると良いのですが、就活中に限った話をしてみますね。

僕の息抜きは、就活中に仲良くなった人と食事や飲みに行くことでした。
これをすると翌日からのやる気が一気にアップしたりしました。

就活中に知り合った人ですので、旧知の仲ではありません。だから自分のこと、考えはきちんと話さなければ伝わりませんよね?
このことは説明会や選考と似ているんですが、フランクな席でお酒が入ったりすると、よりアツく、饒舌に話せたりします。それは相手も同様で、アツい考えを話してくれたりします。

すると、自分の話し方、PRの仕方の改善点が見えてきたり、相手からの本音の他己分析が飛んできたりwと、刺激になることが多いんです。

この刺激は翌日からの自分をブラッシュアップしてくれること間違い無しです。


といっても、もちろん飲み会ばかりで生活リズムが崩れてしまってはダメですよ。

こうしてアツい議論を交わした友人は貴重な戦友になります。自分の顔が広がっていくのも楽しいですよね。



次回からのネクリンのセミナーに参加したら、是非皆さんも戦友を作ってみてください! 

 

 

 

 
どーも、カルロスです。
大好きな金木犀の香りがなくなってきて、冬の訪れをひしひしと感じている今日この頃です。しかも、まだ冬服を出していません。寒くて困ります。そんな最後の仙台の秋。

さて閑話休題。(←パクリ

今回は自己分析について。
そろそろ自己分析やらなきゃー!って思う時期なのでタイムリーですね。

みなさんはどのように自己分析をやろうと思っていますか?本買ってやろうと思っている人、そんなのやらないと思っている人、様々いると思います。もちろん、自己分析の方法は人それぞれで正しい方法もありませんし、やることが絶対ではありません。現に自己分析をせずに内定をもらっている人もいます。

しかし、個人的には自己分析はすべきだと思っています。(理由は後述)ここでは、私が去年やった自己分析法を紹介してみなさんの参考にしてもらいたいと思います。

紆余曲折、色々とありましたが最終的に行った自己分析方法は「時系列に沿って過去を振り返る」というシンプルなものでした。もちろん単に過去を振り返っているだけではありません。

簡単に説明すると、ノートの真ん中に線を引き左側に生まれてから今まで起こったことを時系列に書きます(ここでは余白を多目にとり後から書き込めるようにしました)右側には起こったことに対する自分の気持ちや今の自分から見た考えを書きます。これが私のやっていた方法です。

昔の出来事は忘れていることが多いので、家族に聞いたり小学校からの通信簿を全部見てみたりすると結構参考になります。特に通信簿は昔の自分を客観的に評価している唯一の資料だと思います。私の場合は結構役に立ちました。

さて、こんな方法をとった理由ですがこちらもシンプルです。それは「今の自分は過去の自分があってこその自分である」という考えに基づいています。過去の経験から今の自分はこういう考えをしているんだ!って言うのが一番説得力ありますよね。だってその人しか経験していない唯一の具体的な例なんだもの。

ちょっと固く書いてみましたが、上記のことを人と話しながらやるとより一層深く自分の過去を掘り起こすことが出来ます。2人以上でやる方が気が楽だし、1人でやるには限界があるからね。

物凄く長くなってしまいました。正直文面ではわかりづらいところがあると思うのでそこは直接聞いてください。HPのメールフォームからカルロスと話がしたいだとか、セミナーの際カルロスって誰?って聞いてくれれば対応します。この自己分析法には結構自信を持っているのでオススメです。

次のセミナーもすでに予約が多く来ています。来たいと思っている方は早めの予約をお願いします。ではノシ
 

 

 

*Template By-MoMo.ka* Copyright © 2009 Next Linkage, all rights reserved.

Next Linkage

Author:Next Linkage
東北の就活生を応援する団体です。

ホームページはこちらです


Facebook:NextLinkage
Twitter:@nextlinkage

Script by Lc-Factory
(詳細:Lc-Factory/雑記)

このブログをリンクに追加する

QRコード

小さな悩みや相談など何かありましたら、気軽にこちらよりメッセージくさだい!可能な限りお答えしていきます!

名前:
メール:
件名:
本文:

就職活動応援ブログ HASH OUT!!
東北で最強の就職コンサルタントが、そのノウハウを綴るブログです。 ヒュームコンサルティングの代表者の方が運営しています。 ネクストリンケージメンバーの何人かも、かつてこの方の就活講座を受けています!

「税金まにあ」木村税務会計事務所通信
「税法は納税者のもの」をモットーに、わかりやすく丁寧に税務会計を解説しています。 メンバーの一人が親しくさせて頂いており、弊ブログについても応援して下さっています。 代表の木村聡子様は、事務所長である傍らエコノミスト誌「会社法革命」 の執筆メンバーであるなど、八面六臂の活躍をされています。 女性のキャリアについて興味のある方は、是非ブログをご覧下さい。

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。