ホームページはこちら→http://nextlinkage.web.fc2.com/
 

 

 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

 

 

 

 
さて、今回のブログは僕が書く最後の記事となると思います。僕は代表という役職上、1年間ネクリンの活動が生活の中心でした。たくさんの時間を投資した反面、何物にも得難い期間を過ごせたと思います。以下にネクリンを通じて得られたものを書くので参照下さい。

(1) 自分の特性が明確になった
代表として活動して以下の3点が具体的にしてきたことです。1組織運営、2イベントの企画•運営、3就活生の方々との対峙、です。これらの活動ではあらゆる能力を必要とされる場面がありました。企画力、計画力、プレゼン能力、傾聴力…などなど。たくさんの能力が必要とされるので、自然と得手•不得手が明確になりました。ここで得た自分の特性は確実に次に綱がると思います。ネクリンの活動で判明した自分の特性を基に、現在考え実践しようとしています。

(2) たくさんの人と繋がれた
ネクリンの活動は本当にたくさんの人と接します。ネクリンスタッフ、協力内定者の方々、ネクリンのOB•OG、そして就活生の皆さん。ネクリンで繋がった人達とは現在も続いています。学生時代に知り合った気心の知れた人と接することは貴重な気分転換になります。僕の人生において大きな財産を得られたと思います。

(3) 弱い自分に打ち勝てた
僕はネクリンの代表を務めるまでリーダーや代表経験がありませんでした。避け続けてきました。そんな自分が嫌で代表を務めることを決意しました。もちろん、当初はどうやって振る舞ってよいか分かりませんでした。毎晩不安でした。自分に負けそうな時も何回もありました。しかし、スタッフみんなに支えられ、なんとか4期の代表を務めることが出来ました。自分が避け続けていたリーダー経験の壁を乗り越えられたことで、確かな自信を得られている自分が今います。

(4) 学生時代に終止符を打てた
NextLinkageという団体は全て0から物事を創り上げる必要があります。なぜなら、毎期毎にメンバーが総入れ替えするからです。自分達の裁量で全ての事柄と決定していく必要があります。言い換えると、挑戦出来るフィールドがたくさんあります。ネクリンで僕は自分の能力以上のものを発揮したと考えています。ネクリンの活動での未練は何一つありません。そのことで、次のフィールドで自分を高め、価値を生み出したいと自然に思える自分がいます。

最後に
いろいろ書いてきましたが、僕がネクリンを通じて一番思うのは、とにかく充実した時間が過ごせたということです。最高にやりがいがあったし、楽しかった。時にメンンバーとぶつかり合い、いがみ合ってしまった自分達がいました。けど、全部ひっくるめて夢中になれる自分がいた。その要素は人それぞれだと思うけど、やっぱり僕はもう一度昨年度に戻っても、ネクリンの活動をしたいし、代表を務めたいし、第4期の仲間と一緒に頑張りたい、と思います。
1年間ありがとうございました。
 
スポンサーサイト

 

 

 

 
これで僕が書く最後の記事となります。ネクリンを通して学んだことなどなど、綴っていきたいと思います。

①とにかく本気になれた
恥ずかしながら、僕は4年の春まで大学生活で「心から本気になれた」と思えた活動をしてきませんでした。学友会の部活で結構練習に取り組んではいましたが、本気度としては高校の時のほうが上で、部活を引退した時もなんだかモヤモヤした気持ちが残っていました。
そんな中ネクリンで活動し、今では「本気になれた」と自信を持って言えます。人の人生を左右する活動であるため、就活生には本気で向き合わなければ失礼だと思ったし、今まで関わったことのないレベル・意識の高いメンバーについていくには本気にならざるを得ない環境でした。そんな環境で1年間活動できたことを本当に幸せに思います。祭が終わった後の達成感(僕の場合は安心感の方が大きかったかも笑)はハンパなかったです!

②リーダー経験を積めた
7月の内定者座談会と11月のESセミナー、そしてWEB班で、リーダーとしてメンバーをまとめる経験をさせてもらいました。これまであまりリーダー経験がなかった僕は、リーダーという仕事は外から見ているだけでは分からないプレッシャーや責任感が付きまとうものだと思い知らされました。なかなかスマートな指示出しができず、目の前の仕事をひたすら片付けていくという泥臭い方法でしか仕事を遂行できない自分の現状を把握することができました。

③プレゼンが苦痛でなくなった
ネクリンの活動ではプレゼンを行う機会が多々あります。プレゼンも僕の苦手分野だったのですが、数をこなすうちに苦手意識がなくなってきたと感じます。

④これからの人生に対するモチベーションが上がった
僕は就活をする前、自分の人生は「現状維持」でいいと思っていました。それが就活の経験とネクリンとの出会いで変わりました。実現したい夢や明確なキャリアビジョンを描いている第4期メンバー・OBOGの方・就活生と出会って、自分のレベルを知るとともに、「このままじゃいけない」という想いが出てきました。

⑤人との繋がりができた
就活生・OBOGの方々・協力内定者の方々、たくさんの新たな出会いがありました。その中でもやっぱり第4期スタッフの仲間との繋がりは一生の財産です。1年という短い期間でこれだけ強い繋がりができたのは、時にはガストで朝4時までMTGをし、時には喧嘩になりそうな言い合いをし、時には海に服のまま飛び込んだ(僕はしてません笑)結果なのかな、と思います。こんな熱い仲間達と社会人になってからも関われることは、とても幸せです。


最後に就活生のみなさんへ。
内定を取ることも大事ですが、内定を取った後がもっと大事です。周りを見ていると、この大学4年生の時期をどう過ごすか、でかなり変わってくるのではないかと感じます。貴重な1年間をよく考えて過ごして欲しいと思います。
「何かやりたいけど、何やればいいか分からない」という人。ネクリンをおすすめします!笑 本気で取り組めば、それだけ自分の糧となります。人の成長を見守れます。熱い仲間もできます!


これで僕のブログ記事は終了となります。
次は社会人としてみなさんにお会いできることを楽しみにしています。
では。
 

 

 

 

 
お久しぶりです。みなさん地震の被害は大丈夫でしたでしょうか?
地震の影響で東北地方の就職活動は大きく変化してきています。
選考延期を行う企業が多数あるようですので、しっかり対応し、乗り切ってほしいと思います。

では、ネクリンブログ最後のテーマである「ネクリンで活動して」を掲載致します。
トップバッターてる坊からいきます!

------------------------------------------------------------------------------------


どうもー。てる坊です。就活がまだ終わってない方もいらっしゃる中で、内定後の話をするのは少し気が引けますが、来期ネクリンにも必要な事かと思うので、頑張ってしゃべりまーす。

懲りずに目次です。

【得られたもの】
1…「頭脳労働とはどういう事か(総合職に求められる事)」がよく理解できた
2…周りのスタッフと比較する事で、自分の適性・不適正や現在のレベルがよく理解できた
3…1と2がわかる事で、自分が今後どのような道に進めばいいかよく理解できた
4…社会人が全く怖くなくなった(笑)
5…果てしない達成感と確固たる友情!!

【差し出したもの】
1’…果てしない時間とエネルギー!!(爆)




【得られたもの】
1…「頭脳労働とはどういう事か(総合職に求められる事)」がよく理解できた
 ネクリンのセミナー準備には、かなりの頭脳労働を強いられます。何故なら、セミナーを作り上げていく際に「この時期に」「こういう明確な目的のもと」「その目的達成の為のベストな手段を使って」「実際に準備・開催する」を考えていく必要がある為です。実際に体を動かすのは最後の段階の「実際に準備・開催する」だけです。つまり、セミナーで大切な事のほとんどは、その前の段階でのミーティング等で決まります。といっても体もたくさん、たーくさん使いますが!!
僕は都合4つのセミナー・イベントの準備に関与しました。具体的に言うと、インターン&スタートアップセミナー、内定者向けセミナー(就活生参加不可)、WebでOBOG訪問会、そしてネクリン就活修業祭(受付のみ)です。リーダーになって方向性を決める事や、チームスタッフとしてリーダーに意見する事、時には全て白紙に戻してうなりながら考えぬく事。それらをこの4回の準備で惜しみなく経験する事が出来ました。
またこの経験の中で、事務作業の労働ではなく、方向性を決定する頭脳労働がどのような事かも、社会人になる前に実感できたと思います。


2…周りのスタッフと比較する事で、自分の適性・不適正や現在のレベルがよく理解できた
 僕はこの度、「ネクリン第四期で一番熱い男」という称号を、副代表から頂きました(笑)しかし、僕のダメな所は「無駄な所で熱くなり過ぎて、議論の際に相手を挑発してしまう」という所もあります。このダメな所で何度相手に不快な想いをさせて事でしょうか。代表、ごめんなさい(笑)
 このように、膨大な量の、頭脳労働と事務作業を、他人と行う事で、自分が何に向いているのか、また今どのようなレベルにいるのか等が身を持って垣間見る事ができます。時々出来なさすぎる自分が嫌になりますが、それでも頑張るしかないのです笑


3…1と2がわかる事で、自分が今後どのような道に進めばいいかよく理解できた
 そのままです。僕は総合職なので、総合職としてどのような方向に進めばいいのか、またはどのような方向に進みたいのか、それがよくわかりました。それは一重に、ネクリンには色んなキャラの人達がいたから、よく比較できたというだけの話かもしれないです。


4…社会人が全く怖くなくなった(笑)
 これは僕が社会人と接する部署・協賛班にいた為です。協賛班は、お金を企業に貰う為に営業をかける班です(お金を貰う理由は、仙台国際センターでイベントを行う為の会場費等が必要な為です)。何度も社長や社会人の方とお会いし、時には怒られながらひたすら交渉した為に、社会人が全く怖くなくなりました笑
 もちろん本当に実力を秘めた社会人とお話するのは怖いですが、無駄にビクビクするという事がなくなったと思います。


5…果てしない達成感と確固たる友情!!
 これは一生懸命やるからでしょう。やらなかったら得る事は出来ない。”リア充”どころではなく、満足です。語る事は他に何もないです。


【差し出したもの】
1’…果てしない時間とエネルギー!!(爆)
 ネクリンを本気でやった場合、バイトとか修論がきつくなると思います。それぐらい、ネクリンには頑張れるだけの「余地」があります。僕は一時期バイトで10万稼ぎながらだったので、本当にきつかったです。リアルに就活より忙しかったです。でも、ネクリンやって本当に良かった!!!!


以上です。
来たれ!!熱い奴!!来期にネクリンを作って就活生を支えるのはキミだ!!!!!
 

 

 

*Template By-MoMo.ka* Copyright © 2017 Next Linkage, all rights reserved.

Next Linkage

Author:Next Linkage
東北の就活生を応援する団体です。

ホームページはこちらです


Facebook:NextLinkage
Twitter:@nextlinkage

Script by Lc-Factory
(詳細:Lc-Factory/雑記)

このブログをリンクに追加する

QRコード

小さな悩みや相談など何かありましたら、気軽にこちらよりメッセージくさだい!可能な限りお答えしていきます!

名前:
メール:
件名:
本文:

就職活動応援ブログ HASH OUT!!
東北で最強の就職コンサルタントが、そのノウハウを綴るブログです。 ヒュームコンサルティングの代表者の方が運営しています。 ネクストリンケージメンバーの何人かも、かつてこの方の就活講座を受けています!

「税金まにあ」木村税務会計事務所通信
「税法は納税者のもの」をモットーに、わかりやすく丁寧に税務会計を解説しています。 メンバーの一人が親しくさせて頂いており、弊ブログについても応援して下さっています。 代表の木村聡子様は、事務所長である傍らエコノミスト誌「会社法革命」 の執筆メンバーであるなど、八面六臂の活躍をされています。 女性のキャリアについて興味のある方は、是非ブログをご覧下さい。

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。