ホームページはこちら→http://nextlinkage.web.fc2.com/
 

 

 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

 

 

 

 
こんばんは。
GDをする前には必ず栄養ドリンクを飲んでテンション上げていたtkyです。私が昨年やっていたGD対策・GDの際に気をつけていたことを書いていきたいと思います。

【GD対策】
① 練習
なんといっても一番の対策は練習です。やはり、練習で出来ないことには本番で出来ないと思います。GDは複数人いないといけないので、人数集めが大変だと思いますが、練習する価値は十分あると思います。
私の場合ですと、GDの選考で一緒になった方と友達になり、その方はすでにGD練習会を週に一度開いていたので混ぜてもらいました。所詮は練習、知り合い人が多い、という練習会ではありましたが、「議論の中で有効な発言をする」「人の話を聞き、自分の意見を伝える」という部分に関しては、非常に役立ったと思います。

② 本を読む
GDの攻略本を読んで本番に向けたイメージトレーニングしたり、知識を増やしたりしていました。ただ、知識やツールもいくら勉強したところで、本番で使えなければ意味が無いので、練習の方が大切だと思いますが。以下、参考書です。
【戦略コンサルティング・ファームの面接試験】
【過去問で鍛える地頭力 外資系コンサルの面接試験問題】

【GDで意識していたこと】
① 自分の役割を考えること
同じグループの中で、どんな役割が必要なのか。司会者なのか、アイディアマンなのか、議論の方向性修正する役なのか、議論の甘い部分を指摘する役なのか…などなど、そのグループにいるメンバーを見て、そのグループに必要な役になろうと思っていました。

② 人の話を聞き、自分の意見を伝える
GDはグループ内で「答え」を出す作業なので、他の人の意見を大事にしようと思っていました。そのためには、やはり人の意見をしっかりと聞き、その上で自分の意見を伝える。極めて基本的なことですが、その基本に重点を置こうと思っていました。

【GDのテーマ】
私が選考で受けたGDのテーマです。ご参考にしていただければ幸いです。

【投票率を上げる方法を考えよ】(20分、外コン) 
【民主党が支持率を上げるには】(30分、外コン)
【○○社グローバル企業として、成長するには】(50分、ITコン) 
【○○社が今後、伸びていくための戦略とは】(40分、ITコン) 
【日本に1つテーマパークを作るなら、どこにどんなものを作るか】(45分、ITコン)
【化粧品メーカーの戦略(資料有り)】(40分、投資銀行)
【4つの保険商品に優先順位をつけよ】(50分、生保)
【学生の就労意欲を高める方法を3つ挙げよ】(30分)
【新しい冷凍食品を一つ考えて、模造紙に概要を書いて発表する】(40分、食品)

以上です。アンケートでGDのリクエストが多かったので、GDセミナーをもう一度やりたいと思っている今日この頃です。
 
スポンサーサイト

 

 

 

 
ども、風邪をひいて咳をしすぎた結果、軽いギックリ腰になってしまった、じゅごんです。
体が資本と思う今日この頃、みなさん如何おすごしでしょうか?

今回は11月に実施したGDセミナーで面接官をして気づいた点を述べさせてもらおうと思います。気になった点は以下の2点です。

① 話を聞く姿勢
GD全体で一人当たりの話す時間は限られているので、話を聞いている姿勢がその人の印象を決める事もあると思います。(単純計算で制限時間20分で5人で議論したとしたら、1人当たりの発言時間は5分で残りの15分聞いている事になります)。例えば、話し手に体を向けて聞いてたり、相槌を打っていると見ている方としてはかなりの好感を持ちます。座り方でも、肘をついて議論しているのと、姿勢を前のめりになって話てる人とでは、議論を盛り上げようとする姿勢の違いにかなり差が開く印象がありました。また、目線が下がっている状態では、議論に参加する意思が無いという印象を与えると思います。

② 発言回数・声の大小
面接官をして思ったのですが、発言が無いと、そもそも評価が出来ないということです。僕は聞く姿勢をかなり意識して評価しようと思っていましたが、傾聴の姿勢で評価するのには限界があります。それと同時に、声の大きさも気になりました。どんなに的を得た発言をしても、内容が面接官に聞こえなければ、見落とされます。なので、しっかり声を出して発言する事を心掛けましょう。

ここからは僕の就活体験談になりますが、GDは数を重なることが大切だと思います。僕が昨年就活をしている時は、友人に誘ってもらって複数回練習していました。初めてやった時は1回も発言出来なく、ひどいものでした(笑)が、3、4回していくと慣れてきて大分発言できるようになりまし。選考では結果としてGDは1回しか無かったのですが、セミナーや企業説明会の中でのイベントのグループワークなのでは数を受けると比例して評価してもらえるようになり自信になりました。
 なので、皆さんも友人に誘いかけるなり、セミナーに参加するなり、企業の説明会(グループワークがあるもの)に参加するなりして、実戦の場を積み重ねは如何でしょうか。

今回は以上です。
ではではー
 

 

 

 

 
どうも再びモグラです。
誰もいない休日の研究室で、少女時代の曲を爆音で聴きながらブログを書いています。

グループディスカッション(GD)セミナーで集めたアンケートを見てみると、「GDのテーマを知ることができて良かった。」という感想がチラホラありました。そこで、セミナー中にも幾つか紹介しましたが、去年ネクリンメンバーが実際の選考で取り組んだテーマを、整理して紹介したいと思います。

テーマのカテゴリーですが、議論の進め方で4つに分けてみました。戦略系、選択系、社会問題系、価値観系です。

(1) 戦略系
これは、企業の経営戦略について議論するテーマです。だいたい大きく分けて3つあって、

〇〇の売上を伸ばす戦略を考えよ
〇〇を普及させるための戦略を考えよ
新しい〇〇(商品、店舗、サービス)を考えよ

という形で出題されます。
僕の印象としては、これが一番オーソドックスで、一番出題頻度が高いです。

実際に出題された「テーマ」(制限時間)―業界 を幾つか挙げます。

「JRの売上を3年で2倍に伸ばすには?」(30分)―外資金融
「他社との差別化を図れるような新しい保険商品を考えよ」(1時間)―外資保険
「新しいワインの販売戦略を考えよ」(40分)―自動車メーカー

(2) 選択系
ある目的のために、〇〇個の物(人)の中から最も適切なものを選ぶ形式のテーマです。

実際に出題されたテーマとしては、

「取引先との大事な取引に、部下を一人連れて行くとしたら、次の7人のうち誰を連れて行くか(7人の性格に関する資料あり)」(1時間)―教育
「あるドラッグストアを経営する企業が、新しく店舗を出店する場所を考えている。4つの候補のうち、どの場所が最も適切か選べ(4つの場所に関する資料あり)」(資料を読む時間15分+議論40分)―IT(SI)

(3) 社会問題系
ある問題に対して、解決策を議論するテーマです。多くの場合、その問題は社会的な問題です。
〇〇という問題について議論せよ
〇〇という問題の解決策を考えよ

実際に出題されたテーマとしては、
「投票率を上げる方法を考えよ」(20分)―外資コンサル
「満員電車を減らす方法を考えよ」(40分)―IT(SI)

などがありました。

(4) 価値観系
何かの理想像や意義について議論する形式のテーマです。個人的にはこれはすごく難しいと思いました。

理想の〇〇とは?
〇〇と〇〇、どちらが大切?
〇〇の意義とは?

という形で出題されます。
実際に出題されたテーマは、

「働く意義とはなにか」(1時間)―飲料メーカー
「理想の企業とは」(20分)―印刷
「新社会人に求められることはなにか」(30分)―家具メーカー

などがありました。

【まとめ】
GDの評価基準は企業によって様々です。ですが、どの企業のGDでも必ずやり遂げなければならないことは、「時間内に合理的な結論出す」ということです。
セミナー中に皆さんの話を聞くと、本番しっかりと議論に参加できるか不安だという人が多くいました。そのような方は何度か練習してみると良いと思いますが、なかなか機会がないかもしれません。そういう場合でも、上記のような実際のテーマに対して、1人で自分なりの答えを考えてみる作業をしてみてはいかがでしょうか?極端な話、出題されたテーマに対して自分なりの「合理的な結論」があって、それを全員に納得させることができれば、GDは成功するわけですから笑(評価がどうなるかは別です)。また、GDを一緒にやるメンバーが誰一人「合理的な結論」を出す力がないなら、いくら全員で話しあっても議論はまとまらず、全員不合格になりかねません。

長くなりましたが、今回はこんなところで!
体調には気をつけて、お互い頑張りましょう!
 

 

 

 

 
どうもモグラです。

先日のグループディスカッション(GD)セミナーに来てくださったみなさん、お疲れ様でした。僕は企画チームの一員としてあのセミナーには深く関わっていたのですが、セミナー中、真剣に議論をしてくれている皆さんの姿を見てとても嬉しかったです。

さてさてGDについてですが、恐縮ながらアドバイスさせてもらえるとすれば、
「本番前に何度か練習してみて!」
と言いたいです。

僕はGDの選考が比較的好きだったのですが、それは友達と何度か練習することで得た自信があったからだと思います。セミナー等で知り合った学生5人ぐらいで毎週集まり、練習していました。練習の際には、有名企業に内定していた先輩達にお願いして来てもらい、指導してもらっていました。

僕のGDの師である某外資系コンサルの内定者が、

「東京のモチベーションの高い学生はGDの練習をサークルまで作ってやっていたり、早い人は2年以上前から似たような議論を体験していたりする。そいつらと戦うにはある程度の慣れと知恵は必要だ。」

とおっしゃっていました。確かにその通りで、東京でGDの選考を受けた時と仙台で受けた時では、やりやすさに雲泥の差がありました。東京の学生は場慣れしていて、良い意味でも悪い意味でも議論をリードされてしまうのです。

ただ問題なのは、GDの練習には少なくとも3人以上の就活生が必要なので、なかなか実行するチャンスがないということです。運良く志を同じくする人と友達になれれば良いのですが、なかなかそうもいかないかもしれません。ですから、GDをテーマに扱っているセミナーがあれば、積極的に参加してみてください。実際GDを体験できるセミナーは、仙台ではそう多くはありませんので、都合があえばできるだけ足を運んでみることをお勧めします。
 また、ネクリンスタッフに働きかけてもらえれば、就活生に呼びかけて練習の場を用意することができるかもしれません。ネクリンスタッフが実践的な指導ができるかどうかはわかりませんが、少なくとも面接官役として、議論を客観的にみることはできますので、僕たちを利用して頂ければ嬉しいです。

GDだけでなく、ESや面接等にも言えることですが、自分に足りないなーと思った部分については、積極的に練習する機会を増やしてみてください。最初は圧倒的に苦手だと思えることでも、2,3回やってみれば、コツがつかめること多いですから!

それでは、仙台は寒くなってきていますが、体調には気をつけて頑張ってください。

以上です。
 

 

 

 

 
ども、風邪気味なオペです。
今回はGD(グループディスカッション)についてということで、先日のGDセミナーで面接官をしたのも踏まえて書いてみます。

まず僕が就活生の時経験したGDは5社で、テーマは以下5つでした。
(1)「わが社のCS(カスタマーサービス)を向上するために必要なことは何か?」
(2)「わが社の新卒採用説明会で、必要な人材像を掲げるなら次の5つにどのような順位をつけるか?」
(3)「わが社で新しく取り次ぎサービスを開始するとしたら、どのようなものがいいか。」(選択系が1つ、自由考案系が1つ。)
(4)「あなたは新卒採用チームのリーダー候補を社外からヘッドハンティングしてこいと言われました。今から行われる会議で、自分の選んだ人物がリーダーに採用されるように推薦しつつ、最終的にチームで1人選んで下さい。」(自分が推薦する人物はカードを引いてランダムで決まる)
(5)「ある架空の国で実施すべき3つの政策に優先順位をつけよ。」

テーマによってセオリーとなる議論の進め方があると思いますが、僕はGD全般におけるもっと基本的なところ2点をアドバイスしたいと思います。

①話さないと評価のしようがない!
これは良い悪い以前の問題です。実際に面接官をしてみて、発言がないと本当にどうしようもないんです。たぶんその人の評価欄は空白で提出されます。
GDの場数が少ない人は、話すことが億劫になっているかもしれません。僕も最初はなかなか話すことができませんでした。誰もあなたの発言をバカになんかしたりしません。自分が思ったことを、勇気を持って発言してみてください。

②議論における自分の立ち位置を把握する
僕は基本的にGDでのふるまい方は、普段のミーティングなどと同じようにふるまえばいいという考え方です。GD用に無理に司会をやったりする必要はないと思います。なぜなら自分の持ち味を最大限発揮することが難しいからです。
ちなみに僕はあまり話すほうではなくて、みんなをまとめる司会は向いてないなと思ってたので、「議論がズレ始めてきた時に、みんながハッとするような鋭い一言を放って自分の流れに持ち込む」というスタンスでやってました(笑)

余談ですが、役割決めはしなくていいと思っています。なんか役割決めてる姿が滑稽に見えてしまうのと、その時間がもったいない気がするんです。書記くらいはいてもいいと思いますが、司会は自然発生的に出現するのが理想なのかなーと思います。タイムキーパーは全員が意識すべきもので、危機感を感じた人がみんなに知らせれば問題ないです。

以上です。
 

 

 

*Template By-MoMo.ka* Copyright © 2017 Next Linkage, all rights reserved.

Next Linkage

Author:Next Linkage
東北の就活生を応援する団体です。

ホームページはこちらです


Facebook:NextLinkage
Twitter:@nextlinkage

Script by Lc-Factory
(詳細:Lc-Factory/雑記)

このブログをリンクに追加する

QRコード

小さな悩みや相談など何かありましたら、気軽にこちらよりメッセージくさだい!可能な限りお答えしていきます!

名前:
メール:
件名:
本文:

就職活動応援ブログ HASH OUT!!
東北で最強の就職コンサルタントが、そのノウハウを綴るブログです。 ヒュームコンサルティングの代表者の方が運営しています。 ネクストリンケージメンバーの何人かも、かつてこの方の就活講座を受けています!

「税金まにあ」木村税務会計事務所通信
「税法は納税者のもの」をモットーに、わかりやすく丁寧に税務会計を解説しています。 メンバーの一人が親しくさせて頂いており、弊ブログについても応援して下さっています。 代表の木村聡子様は、事務所長である傍らエコノミスト誌「会社法革命」 の執筆メンバーであるなど、八面六臂の活躍をされています。 女性のキャリアについて興味のある方は、是非ブログをご覧下さい。

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。