ホームページはこちら→http://nextlinkage.web.fc2.com/
 

 

 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

 

 

 

 
はじめまして!
ブログには初登場のわっきーです。

今回のブログは「就活と他の活動との両立」ということで、
私は ①アルバイト ②学校の授業・テスト の2点について書きたいと思います。


①アルバイト
 塾講師のアルバイトをしていたのですが、ご存じの通り就活が最も忙しくなる2・3月は受験期真っ只中!!
4月から受け持っていた生徒たちを途中で見離すことはできず…3月まで週2回に集中してバイトをしていました。

周りの就活仲間たちが就活シーズンに向けて次々バイトを辞めていく姿を見て、
大丈夫なのだろうかと悶々としていた時期もありましたが、、
逆に、「バイトの時間までにESを終わらそう!」と時間を有意義に過ごせたり、
考えに煮詰まった時に「バイト行って一旦冷静になろう!」と切り替えられたりしたので、
私にとってはいい息抜きの場にもなっていたと思います。

ただ、やはりこちらの都合で止むを得ずお休みをいただくこともあるので、
就活シーズンまでに上司の機嫌取りに勤しむことも大事かと思います。

②学校の授業・テスト
出席が必須且つ就活はあまり考慮してくれない授業が多く、
就活との兼ね合いに苦労したこともありました。
時には企業説明会や選考と学校のテストがかぶることもあり、
就活を取るか単位を取るかの選択肢に陥ったことが何度もありました・・・が!!!

「テストを放棄してまで行きたい企業であるか」ということをとことん考えることにもつながり、
テストを諦めてまで選んだ会社の選考にはより一層力を入れられました。

…とはいえ、どーーーーーしても決めきれないときは、いちかばちかの選択として、
「テストではなくレポート提出に変えてくれません…か……?」
と教授に聞いてみたりしましたが、まあ世の中そんな甘くはないですよね。。反省。

【総括】
就活以外のことで過ごした時間が就活に良い影響を与えてくれることもあるので、就活中でも周りにアンテナを広げることは悪いことではない!と思います。

とはいえみなさんは就活生であり大学生でもあるので、
今はまだ楽しい夏の大学生活を思いっきり楽しんでくださいね~!
 
スポンサーサイト

 

 

 

 
就活と他の活動との両立ということです。
どーも、青春18で実家のある高知から仙台まで67時間かけて往復しました。もう二度と電車には乗りたくありません。

僕は、教員免許取得と就活の両立について書いてみます。

結果からいうと、(東北大学のことしか分からないですが)楽勝です。

教員免許取得には、教職に関わる単位取得と教育実習に行くことが必要です。

単位は気合さえ入れれば、どの科目であっても3年の内に取れるはずです。
ただし、3年の二学期は説明会などが入るため、説明会優先させていると単位を落とすかもしれないですね。

でも、大丈夫。内定とってからまた単位取りなおせばOKなので。

問題は教育実習です。これは早い人だと5月半ばから始まります・お願いする学校によって時期は全然違うので注意!ちなみに僕は9月なのでこれからですね。

5月半ばは、業界によっては最終面接や内定通知などの時期と重なりかねませんし、中堅企業はこのあたりから選考がスタートします。
6月は、4月5月で運悪く内定を取り逃して、中小企業等を見始めると確実に影響が出ます。

できれば、秋に教育実習を行う学校に申し込むのがよいでしょう。

ただこれも、4月中に内定を取れればいつ教育自習に行こうが関係ないですけどね。

というわけで、就活しながらの教員免許取得は理論的にも実際も可能ということになります。

しかし!
教員採用試験と就活はよほど優秀でないと両立することはむずかしいみたいです。
ちなみに公立の教師になるには、教員免許取得と地方公共団体の教員採用試験突破が必要です。
ですので、教員と民間企業を新卒で天秤にかけるのはかなりきついものがあるということです。
ただ、その気になれば無理ではないかもしれない。内定が4月半ばに取れて、そこから7月まで大学受験以上並みに勉強すれば教員採用試験突破できるでしょう。
ただ、そこから9月頭あたりまで面接などもあり、精神的に長いことリラックスできずなりしんどいことは想像に難くないですね。

そんな感じで、教員と就活について語ってみました。


何と両立させようが、就活本番(2月、3月、4月)は就活に自分のもてる力の90パーセントくらい集中させないと厳しいので。
就活は片手間でやって、運よく内定もらえればぐらいの考えでは、内定ももらえないし労力の無駄だったりします。

ではがんばってください。
 

 

 

 

 
涼しくなってきてうれしいです。モグラです。

さて、「就活と他の活動との両立」というテーマですが、僕は“両立”と言えるほど情熱を傾けた“他の活動”はありませんでした。しかしながら、継続して頑張っていたことがあるので、それについて書きます。


最近Web上で見る広告で、とても気に入っているフレーズがあります。それは、“いいパスは、走りつづける人のところに飛んでくる”です。
「継続して頑張っている人には、必ずチャンスが訪れる」という意味だと解釈しています。

自分が就活中も継続して頑張っていたのは、英語の勉強です。自分は将来、グローバルに活躍できる人間になりたいと考えているので、英語は自分にとってとても大切なスキルな1つです。来年から社会人として働くわけですが、努力し続けていれば必ず海外で働くチャンスが訪れ、ものにすることができると信じているのです。

さて、具体的に就活の時期も行なっていた勉強ですが、①シャドーイングをすること、②ポットキャストを聞くこと、③英会話スクールに行くこと、です。

①シャドーイングをすること
シャドーイングとは、英語を聞きながら、その音声に続いて自分も同じセンテンスを声に出して言う、という語学のトレーニング方法の1つです。CD付きの本を買ってきて、1日30分ぐらいこれを行っていました。

②ポッドキャストを聞くこと
ポッドキャストとは、iTunesで提供されているラジオやテレビの番組のようなもので、iPodやiPhoneのようなプレーヤーに入れて、好きなときに視聴することができます。BBCやCNNと言った海外のニュース番組も毎日提供されていますので、自分はiPhoneに入れていつも持ち歩いていました。実は、就職活動は移動時間や待ち時間が非常に多いので、空いた時間によく聞いていました。

③英会話スクールに行くこと
週に一回英会話に通っているので、これを続けました。声を出して人としゃべることはとても良いストレス解消にもなりましたし、偶然、就活生が同じレッスンを受けていて、友達になることもありました。

就職活動中は、他の活動になかなか多くの時間を割けない時期もあると思いますが、息抜きという意味でも、1日30分ぐらい他の活動を継続させてみてはいかがでしょうか。


私事ながら、この夏の目標の1つとして、「1984」というタイトルの本を英語で読むことにしています。桃でも食べながら、少しずつ読み進めようと思います。 

 

 

 

 
ブログでは初登場です。みもです。
作並温泉に車で行ったら、おじい様が飛び出してきました。
「馬鹿やろー死にてぇのかー!」と言うことは勿論ありません。
でも、この台詞は誰が一番初めに言い出したのでしょうか。トトロでもサツキが言われてました。

今回は「就活と他の活動の両立」ということで、自分にまとめてみました。
就職以外に行っていたことは、以下のことです。

Ⅰ、授業…ゼミだけしか授業がないので、準備も楽でした。
       就職活動に理解がある教授でしたので、面接で休む時も大目に見てもらえました。

Ⅱ、バイト…週2回で入っていました。
       結構稼いだ割には、東京に遠出することもなかったので貯金になりました。

Ⅲ、運動…サークルやル●ッサンスで暴れてストレス発散。
       テニスとヨガと水泳。左右の足の筋肉のバランスが悪いと言われショックを受けていました。


Ⅰ、就職活動のネックになるであろう授業との両立は、かなり楽でした。
  特にゼミは卒業単位に絡んでくるので大変だと思っていたのですが、教授が「休んでもいいよ」と言っ      
  てくれたので救われました。
  他大学の友人は、「就職活動?そんなの関係ないよ」と教授がゼミを休むのを禁止したようで、とても     
  苦労していました。
  就職活動をする前に、ゼミの教授が就職活動に対して理解があるのか探りを入れてみるのもいいか   
  もしれません。

Ⅱ、バイトも授業と同じく、バイト先でのシフト変更が容易であるかが重要だと思います。
  友人も同じバイト先であったため、シフトを交換しながらこなしていました。
  おかげで、収入が激減することはありませんでした。
  繁忙期でもちょくちょくショートタイムで入れていたので、店長の機嫌を損ねることもありませんでした。

Ⅲ、就職活動ばっかりじゃストレス溜まるぜ!ということで体を動かすことは欠かせません。
  心と体は繋がっているのが持論です。気分転換としてヨガも始めてました。
  履歴書を書くことや面接を何日も繰り返していると肩や首がものすごいこりますので…。
  特に眼精疲労はクマが出来やすいし、印象も悪くなります。みなさん気をつけて。


私の就職活動の目標は「バランスよく」です。
あまり「就職就職就職就職…」と思い込んでいますと、しんどいです。
「就職活動するからバイトやめるぜ!」という方もいましたが稼がなくてはならない時もありますし、
授業も同じで、きちんと単位が取れていなければ卒業できません。
かといって全てを捨てるな、ということではありません。面倒な言い方で申し訳ありません。
自分のペースに合わせて、就職活動や他の活動を両立することが大事だということです。
しんどい時には、友達と愚痴を言い合ったり、まったく就職活動と関係ないものを初めてみるのも気分転換になると思います。
友達の就職活動状況を聞いていたのですが、内定がとれず、授業の単位も取れていないので留年は必須になったという悲惨なケースもありました。
ほどよい力加減というものはスポーツでも難しいものですが、あまり気を張りすぎてもよくないと私は考えています。冷静に自分の体調や性質を見つめてください。

偉そうに語ってしまいました。分かりにくい書き方ですみません。
キーボードを叩いていたら、肩がこってきましたのでほぐしてきます。では。
 

 

 

 

 
こんにちは!だんだんと真っ黒に日焼けしてきているMaoです!
今回のテーマは「就活と他の活動の両立」ということですが、私は、2月以降、手帳が就活のスケジュールでいっぱいになる頃に、就職活動の弊害となるものは特にありませんでした。
その前の時期にしていた活動は、①アルバイト ②学業(試験、進級論文)③課外活動
でしたので、これについて書きたいと思います。
①アルバイト
週3くらいの頻度で飲食店で働いていました。居心地が良く、仕事にも慣れてきていたので、夏ごろまでは週活中も続けていっても大丈夫かなと考えていました。しかし、冬ころからは、説明会と時間がかぶってしまうことが増えてきたので、お店の方と相談した上で、休むことにしました。
②学業
試験は大体1月後半から2月上旬ころ、またそれに加えて私のゼミでは進級論文(8000字)が課せられていました。就活中、時間のやりくりで一番大変だったのは、これだったかもしれません。というのも、試験と進級論文の締め切りの時期は、ES提出締め切りもたくさんあったからです。。ホント、ESも論文も締め切りギリギリでなく、早め早めの準備をすることを強くお勧めします。。
ただ、進級論文については、就活のネタとしても使っていたので、教授には感謝しています!
(例えば、ES、面接では学業で頑張ったことは?など学業について聞かれることも多々ありました。こういうときにはゼミのことを熱狂的に、目を輝かせて話せるとGOOD!かな?)
③課外活動
私は興味の幅が広かったので、1年の頃からいろいろな外部団体に属したり、自分でイベントを作り上げたりしていました。その中の一つで、自分が一から企画し、イベントを開催したことがありました。これを行ったのは、11月の中旬でしたが、スタッフが足りなかったのと責任者であることのプレッシャーから、この時期就活のことよりも、イベントのことで頭がいっぱいでした。
周りの説明会などへ走り回る人と、自分を比べてしまうこともあり、焦ることもありました。
ただ、イベント後の達成感とスタッフ同士の絆は耐え難いものでしたし、本当にやって良かったと感じました!

[総括]
私は優先順位を考えて、バイトを休んでいましたが、必ずしもそうしなければいけないわけではないと考えています。就活に専念するのも、今やっていることを続けるのも、一つの方法です!(私の勝手な主観ですが、何かを頑張っている人はきらきらしているように見えます笑)

あと、大事なことは、周りと自分を比べすぎないこと自分で判断して行動することだと思います!

それでは、まだまだ暑い日が続きますが、体調には気をつけて元気に過ごしましょう!
 

 

 

 

 
Hello~~~

どうも、インターナショナルな挨拶で初めてみました、じゅごんです。

実は僕、Mao、メランコリーのネクリンスタッフ3人は海外プログラムに参加しアメリカに現在滞在しています。

現地の人達は感情表現が豊かです。先日、昼の混雑した購買で店員さんはイラついていました。僕もお金を早く出せなければと焦り、財布を落としてコインを一面にバラまいてしまいました。結果さらに店員さんを怒らせてしまいました。

僕は日々ヘマをしていますが、みなさん夏をいかがお過ごしでしょうか?

前置きが長くなりましたが『就活と他の活動の両立』について振り返りますね!

結論的に僕は『就活と他の活動の両立』上手く出来ませんでした。

就活と並行して他の課外活動もしていたのですが、正直集中して取り組めませんでした。

僕の人間性を伝えさせてもらうと、1つのことに注力すると非常に視野が狭くなってしまいます。いわゆる猪突猛進ってやつです。

そして、自分の中で就職活動を今後の30年、40年の方向性が決まる人生の大きな分岐点と意味付けていました。なので、自ずと就活のことで頭が一杯になっていました。

年が明けた2010年1月からは四六時中、就活の事を考えていたと思います。

結果、就活のピークの3月4月には煮詰まり過ぎて精神的に非常に不健康になっている自分がいました。
辛さのどん底を味わってました。ひどいものでした(苦笑)

【総括】
就活以外の活動も大切にしてもらえたらと思います。バイト、サークル、部活、趣味…etc何でも構いません。今考えると就活から離れられる時間は気持の切り変えが出来、大切になると思います。実際の面接で「就活以外に現在何の活動していますか?」と数回問われました。この質問から、企業側も学生に就活だけに染まって欲しくないというメッセージがあると痛感しました。
僕は気持の切り替えが上手く出来なく非常に苦しんで3月以降就活をしていました。みなさんには就活を上手く乗り切るためにも、就活以外の活動も大切にしていってもらえたらと思います!

ただ、今はこの夏を精いっぱいに駆け抜けて下さい!
自分も店員さんに怒られないように頑張ります(笑)

ではではー 

 

 

 

 
ども!高校のOB戦に行ってきて若さってうらやましいな、と切実に思ったオペです。今回は「就活と他の活動との両立」ということですが、僕の場合は同時並行で複数のことをこなすってのは昔から苦手だったので、他の活動より就活を優先したという形になります。

書く内容としては主に2点・・・
①部活動との両立
②公務員の勉強との両立
について書きたいと思います。

①部活動との両立
僕は学友会卓球部で活動していました。うちの部の慣例としては、基本的に引退は4年生の春季リーグで、理系の人はそこまでみっちり練習、文系の人は3年の9月の七大戦で実質引退という形でした。春季リーグで団体でレギュラーで出るくらいのレベルの先輩などで、就活をしながら部活もやるという方もいましたが、僕の場合はたった2日間の春季リーグのレギュラーを目指すよりも、今後40年間の将来が決まる就活を優先するという決断をしたので、部活は10月から休部状態となりました。
自分の場合、卓球をやるなら今より強くなることを念頭に置いてやりたいという想いがあったのですが、就活をしながらだとどうしても現状維持が精一杯で、あまり練習に価値を見出せませんでした。
ただ、本気で部活に取り組めるのは人生でこの大学生の時期が最後であり、そこで後悔しないために部活を優先させるのもアリだと思います。正直どちらを選択するかは完全に個人の価値観の問題なので、正解不正解はないと思っています。

②公務員の勉強との両立
前回も書いた通り、僕は6月~12月まで大学の公務員講座を受けていました。平日は週4日、1日3時間。夏休みは1日4時間半。+復習という感じでした。11月まではなんとか(多少サボりつつも^^)やっていたのですが、12月になってESや面接について考える時間が増えてくると時間的・精神的に厳しくなってきて、この時点で両立を諦めました。
ただ友人の中には、3月まで公務員講座を保険としてしっかり受けて、4月に第1志望の民間に内定をもらった人もいることをつけ加えておきます。

【総括】
他の活動との両立が成功することに越したことはないのですが、一番大切なことは自分の中で就活をどの程度の優先順位に置くのかとしっかり決めておくことだと思います。その基準があれば、時間の割り振り方が自然と決まってくるはずです。
 

 

 

 

 
今週だけでバイトを大体70時間やっています。
いわゆる外国人労働者のチェルです。

暑いですね。もともと黒いのですが最近は移動時のバイク焼けでさらに黒くなってきました。もう夜には歯と目以外は見えません。


今回は「就活と他の活動との両立」というテーマですが、皆さんにとって為になるかどうかは分かりませんが、私事をちょこっとだけ書かせていただきます。

自分が就職活動の時にやっていたことは大きく分けて以下の通りです。
①バイトー家賃、生活費、光熱費、保険料などを稼いでました。
②英語ーこの時なぜか英語を頑張ろうと思って思い切って英会話教室に登録、自分なりに頑張っていました。
③運動ー体を絞るのが好きなので毎朝6キロのジョギングと筋トレをしていました。
④その他―日経ヴェリタス熟読、バイクでストレス解消、家事

これは確信を持っていえるのですが、生活のサイクルさえしっかり体に刻んでいれば、いくら忙しくても大体何とかなるものです。私も当時忙しいという感覚はありましたが、充実していたし辛いとは思いませんでした。(金銭面以外)


就職活動が始まると実際忙しくはなるとは思います。確かにバイトもやり辛くはなるし、やることも山積みだとは思いますが、時間をダラダラ費やすよりは短くても、自分なりに濃厚な時間を過ごした方がいいと思います。
時間を多く費やしたからと言って自分の満足できる就職活動が出来るとは私は思いません。

私が実際本当に忙しくなったのは(というか、忙しくあるべき時期)2月末くらいからだったと思います。
私も3月からバイトを一つ辞めて就職活動に多めに時間を割いたものの実際ダラダラと過ごしてしまうもので、バイトを死ぬほどやっていた時期に比べて時間を効率的に使えたとは思いません。




まとめますと

①個人的には「就職活動一本!!」という風に絞る必要性は特には感じない。
②他の活動(部活、バイト)などの両立 で一番大事なのは 時期によって割合をちょっとずつ変える事。何かのために何かを完全にやめるのはもったいない。
③大事なのは時間ではなく、濃度と効率ではないのかと…

です。


就職活動に全てを費やすあまり 「俺って今就職活動頑張ってるんだな」という風に自分の生活に酔うのが一番良くないと思います。

「現在の生活に就職活動を追加し、その割合が時期によってドンドン大きくなる」って感じで良いと思います。
周りを見てると 「就職活動の渦の中に飛び込んでる」っていう感じの人がかなりいましたが、それだと色んな意味で疲れてしまうと思います。

私の知人の中にはリクルート面談を部活の練習があるからといって日程をずらしてもらう位の人間がいましたが、彼も普通に内定を3つももらっています。
そこまでの余裕はもはや神の領域ですが、ある程度余裕(自分)をもってやったほうがいいのかも知れませんね。

てか長いですね… すみません…

そろそろ筋トレの時間なので走って脳のリミッター外してきます。ではでは 

 

 

 

 
こめにちは!!うなぎを無性に食べたいなぽです!!


ブログ、初めて書くなぁ…。ブログ初めてですが、頑張って書きます。



それはそうと、今回のテーマは『就活と他の活動との両立』でしたね。


僕が、(就活生である)大学3年時に力を注いでいたのは、大学祭実行委員会です。学祭スタッフ時は、大学側と金銭の話し合い有りということで大人と話す機会が多く、とても良い経験をさせていただきました。しかし、その分、多くの責任が必要であるため、就活へはあまり手を出すことができなかったように感じます。今、考えると、、就活が本格化する10月時点での意識の量は『学祭:就活=9:1』だったように感じます。


でも、僕が学祭スタッフになった目的に『(テレビ局のスタッフになりたいから、)イベントの企画を通して人を楽しませる喜びを味わいたい』というのがありまして、学祭には真剣に取り組むことを決めていたんです。また、学祭では企画立案だけでなく、企画書の書き方など、多くのことを学ぶことができました。


因みに、この学祭で得た経験は、面接で話すネタでフル活用させていただきました^^



就活時であっても、(将来につながる)目標があるのなら他の活動に専念してみるのもいいかもしれませんよ!!


もちろん、学祭の仕事がないときは、自己分析や、就活四季報などを読んで業界分析をしていました^^



学祭終了後は、就活生としてネクリンのセミナーに参加し、当時のスタッフの方々から素晴らしいアドバイスをいただき、また「就活本気出さなきゃヤバいぜ」の空気を醸し出している同じ就活生と情報を交換することで、遅いスタートダッシュを挽回しようと必死にがんばっていました。。。(←ここ大事!!)



反省)スタートダッシュは、お早めに!!;;




以上、三度の飯より四度のスイーツが好き、仙台スイーツ友の会を立ち上げようとしている、福島人のなぽでした。


ジーザス。
 

 

 

 

 
「ヌードル、ハードorソフト?」

どうもこんにちは、てる坊です。
ネクリンメンバーが有意義に海外留学をしている最中、ラーメン屋でバイトをしているてる坊は、外国人に麺の硬さも満足にきけずにかなり凹んでいます(笑)


さて、今回は『就活と他の活動の両立』がテーマですね。

結論から言うと、僕もあまり成功できた方ではありませんでした。僕は猪突猛進型なんです(笑)

まぁ一応。
僕は就活ピーク時で就活8,5割・他1,5割くらいのエネルギー比で過ごしてたかと思います。いや、9割かなぁ。ただ、最低1割、理想は2割、就活以外の事に時間を割こうと心がけていて、その時間には大抵「ランニング」と「読書」をしていました。

「ランニング」というと体を鍛えるキツいイメージしかないかもしれませんが、僕のランニングは体調を整える為に3キロを30分かけてゆっくり走るものです。気持ちよく汗をかけて、リンパの流れ(免疫機能)も促進されて、まず風邪をひきません。また、社会人でメリハリつけて仕事が出来る人はランニングをしている人も多いように感じたので、面接ではちょっとした小ネタにもなってました。

「読書」というと何冊も読んで勉強するというキツいイメージしかないかもしれませんが、僕の読書は新書を一日一章(2000字程度)を200字に要約するという、一冊を二週間近くかけてゆっくり読む読書です。中身をよく理解し記録できるのはもちろん、実はES対策の為にもなり、言葉をギリギリまで要約して綺麗に文章を組み立てる訓練も出来てしまう一石二鳥なんです。お薦めの本は外山滋比古先生が執筆された「思考シリーズ(思考の整理学etc)」で、読んでタメになり、かつ要約しやすい分量だと思います。面接では、話題になりそうな本は常にカバンに入れておいて、読み終わっていても「この本を最近読んだんですよー」と無駄な掲示をした事もあります…


なんだかんだ言って上記はかなり就活寄りの活動ですが、それでもかなりの良い気分転換になると思います。特にサークルに所属していない方は、就活が始まるとますます体を動かす機会や時間がなくなるので、ESラッシュ後などの体調管理には注意が必要だと思います。両立の前に、まず活動するには健康が一番!!

ついでなので、体調管理についてもう少し言えば、冬、体が弱ってる時に風邪ひくと、2週間とか平気で長引くので、本当に気をつけて下さい。僕はランニングをサボり過ぎて風邪をひいてダラダラ長引かせていたら、子供の頃に完治していた喘息までぶり返してきてびっくりしました…なんでも「自己責任」ですよー。



んー、「当店のおススメ」は「recommended」でいいのかなー、誰か教えてー…
↑英語を放棄した自己責任(笑)
 

 

 

*Template By-MoMo.ka* Copyright © 2017 Next Linkage, all rights reserved.

Next Linkage

Author:Next Linkage
東北の就活生を応援する団体です。

ホームページはこちらです


Facebook:NextLinkage
Twitter:@nextlinkage

Script by Lc-Factory
(詳細:Lc-Factory/雑記)

このブログをリンクに追加する

QRコード

小さな悩みや相談など何かありましたら、気軽にこちらよりメッセージくさだい!可能な限りお答えしていきます!

名前:
メール:
件名:
本文:

就職活動応援ブログ HASH OUT!!
東北で最強の就職コンサルタントが、そのノウハウを綴るブログです。 ヒュームコンサルティングの代表者の方が運営しています。 ネクストリンケージメンバーの何人かも、かつてこの方の就活講座を受けています!

「税金まにあ」木村税務会計事務所通信
「税法は納税者のもの」をモットーに、わかりやすく丁寧に税務会計を解説しています。 メンバーの一人が親しくさせて頂いており、弊ブログについても応援して下さっています。 代表の木村聡子様は、事務所長である傍らエコノミスト誌「会社法革命」 の執筆メンバーであるなど、八面六臂の活躍をされています。 女性のキャリアについて興味のある方は、是非ブログをご覧下さい。

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。