ホームページはこちら→http://nextlinkage.web.fc2.com/
 

 

 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

 

 

 

 

こんにちは!そしてはじめまして!

最近おじぎ草を育て始めた、緑大好きめかぶです。
これから約1年間、どうぞよろしくお願いします。


さてさて、インターンについてですが、
私が参加したインターンは計5社、全て選考なしの1dayのものです。
業界は金融・医薬品・旅行代理など様々でした。

どうして私が選考なしのインターンにしたかというと、ただ単に
「ESの書き方、面接の仕方がわからない…」と当初からかなり逃げ腰だったからです。(笑)

しかし今振り返ると、貴重な経験を逃してもったいなかったと思います。
今の時期、完璧なESを書ける人、面接をできる人はほとんどいません。みんな手探りなんですよね。
そんな状況の中、早い時期に選考を経験しておくのは、今後の就活の糧になることは間違いありません!
落ちても本番ではないので、落ち込む必要はありません。これから時間をかけて、本番まで力をつければいいのです。また、もし合格した場合はかなりモチベーションが上がり、同時に自分に自信がつくはずです。ガンガン挑戦してみましょう!


では私が参加した、ある1社(某信託銀行)のインターンについてご紹介します。

8月中旬、東京で8時間のものでした。1dayインターンにしては、結構長めのものですね。
二部構成で、第一部はグループワーク。金融に限らず各業界のビジネスモデル、仕事の特徴などを調べ、プレゼンしました。大勢の人を前にしてのプレゼン、きっと顔が真っ赤だったにちがいありません。第二部は若手社員懇談会・職場見学会。東京のオフィスを肌で感じました。(笑)

私がこのインターンで得たもの、感じたものは、「業界に対する知識」「東京の就活生の意識の高さ」の2つです。

前者については、私は当初金融に全く興味がなかったのですが、実際に社員の方とお話できたことで、業界に対するイメージ(思いこみ)が一気に変わりました。それから金融に興味が出始め、何の縁か内定先も金融。インターンが私の就活に大きな影響を与えたと言っても過言ではありません。
後者について、これには本当にビビりました。
「インターン何社目?○○会社のインターン行った?」「○○会社と△△会社の違いはさ…」
彼らが口ぐちにインターンや会社の情報交換をしているなか、私はぽつーん。。
このままでは乗り遅れる!と危機感を覚え、気を引き締めました。


長くなってしまいましたが、
この夏から何か始めたい!という方、インターンおすすめです!
「その一歩」が、今後の就活を大きく左右するかもしれません!!

これからどんどん暑くなりますね。体調に気をつけて過ごしてください。
 
スポンサーサイト

 

 

 

 
どうも!連投で失礼します。

インターンシップに応募を考えている人は、そろそろエントリーシート(ES)を書いている人もいるのではないでしょうか。

初めてESを書く人へアドバイスですが、締め切りより3日以上前に書き上げることを目標にした方が良いですよ!余裕をもって書くことがとても大切なのです。そしてできれば誰かにチェックしてもらって見てください。誤字脱字は厳禁ですし、言いたいことがしっかり伝わるか試してみてください。

さて、僕が参加したインターンについてです。
参加した企業は、東京にあるITの会社です。期間は8月のお盆明けから2週間、品川のオフィスで働きました。内容は、あるITシステムの検証と、新しいシステムの企画・提案をしました。

ITの会社というと、理系のイメージをもっている人もいるかも知れませんが、インターンの参加メンバーの半分以上は文系でした。専攻も様々で、ITを専攻している学生は、12人中、たったの2人でした。なかにはスポーツを専攻している子もいました。

インターンの印象ですが、一言でいうなら、楽しかったです(笑)。就業時間中は、とても学ぶことも多くて、毎日いろんな刺激を受けました。その業界の仕事の楽しいところも、そして何より大変なところも生で見せてもらうことができて、とてもためになりました。また就業時間外には、社員の方やインターンメンバーの友達と飲みに行ったり、ボーリングなど遊びに行ったりして、とても充実した日々でした。

インターンを経て、IT業界は自分の中で第一志望となりました。もともと自分の専攻もITだったこともあり、興味はあったのですが、インターンを通してより現実的に考えることができるようになりました。

また、インターンの成果としてもう一つ挙げたいのは、良い友人ができたということです。インターン後も、お世話になった社員の方々や、インターンのメンバーと一緒に飲みに行ったり、就職活動について相談にのってもらったりしました。やはり2週間、同じ場所で共に過ごせば、お互いを良く理解し合えますし、仲良くなることができます。社会人になってからも付き合っていける友人であったらなーと考えています。

少し長くなりましたが、以上です。東京でインターンをすることを決めた人、めちゃくちゃ暑いですよ笑。夏バテしないように、ご飯をいっぱい食べて頑張ってください!
 

 

 

 

 
こんにちは、先日のイベントで早くも燃え尽き症候群になりかけのtkyです。

インターン特集(?)ということで、私が経験したインターンについて書こうと思います。

【参加した企業】
主に冷凍食品を扱っている食品企業です。
研究・技術分野で希望を出していたので、宇都宮にある工場でのインターンでした。

【内容】
研究・技術分野ということで、食品の安全検査や工場見学、データ整理などを体験しました。安全検査は普段、学校で行っている実験と重なる部分もあり、親近感を覚えましたね。
検品(原材料に粗悪なものがないか調べる)や実験器具の清掃、最終製品の試食などを体験しました。
他のインターン生の中では新商品の企画や宣伝方法を考えたり、電話対応や外部営業、商談などに参加したり・・・と色々あったそうです。
出張で名古屋や鳥取に行った人もいたので、羨ましい限りでした。

【感想】
これらの体験を通じて、研究・技術職のイメージをすることが出来ました。
その一方で、自分がイメージしていた研究職や大学での自分の研究とこの会社での研究・技術職にズレがあることを感じました。
その後、悩みに悩んだ結果・・・・・金融、コンサルなどの業界を志望するようになりました。

あくまでこれは私の場合での一例でしかありませんが、このようなインターンの経験を通じて、自分の将来を見つめなおす、真剣に考えるきっかけになったのは事実です。
こうした経験があったからこそ、早期から自分の興味ある業界や元々は志望していなかった業界にも足を運ぶようになり、結果として(就活前では予想してなかった)業界へいくことになりましたが、本当によかったと感じています。
そして、このように実際の仕事の雰囲気を肌で感じることが出来るインターンシップは貴重な機会です。インターンに参加しただけで終わらず、そこでの経験を秋からの就職活動につなげることが出来たら、とても有意義な就職活動にすることが出来ると思います。
 

 

 

 

 
ども、仙台も暑くなってきましたねー。
来年から某鉄道会社で働くことになったオペと申します。Webを担当しています。前回のインターン&スタートアップセミナーには諸事情により参加できなかったので、次回のイベントからみなさんと絡んでいければな、と思っております。

夏の部活の遠征との兼ね合いもあり、僕が参加したのは某電力会社の1dayインターンのみでした。1dayと言ってもESと履歴書による選考があり、おそらく倍率は10倍~20倍程度であったと思われます。

【内容】
電力会社についてのプレゼン、社内見学(中央給電指令所、巨大太陽光パネルなど)、質疑応答と比較的受け身のものばかりでした。ただ、プレゼンの途中に質問を当てられたり、質疑応答の際にがっつりメモされていたので、多少評価はされていたのではないかと思います。 内定直結、選考で有利になるということはありませんでした。

【メリット】
・一番は人事の人と仲良くなれること。その後の合同説明会などで顔を合わせた際、名前を覚えてもらえていて毎回話が盛り上がりましたw
・他の就活生との繋がりができること。この時インターンが一緒だった人とは、本選考の時期にもお互いに情報交換をしたり、頻繁に連絡を取っていました。飲みにも行きました。この友人との繋がりというものは、就活においてぜひ大事にしてほしい部分です!
・ESを書くという経験ができる。通過はしましたが、この時のESの内容を今見てみると「よくこんなの通ったな」というひどいものでした。ESは書けば書くほど洗練されてくるので、本選考時期が来る前にできるだけインターン選考には出してみましょう。


最後にリクナビ・マイナビ以外でインターンの紹介をしてるサイトをご紹介します。

ジョブウェブ http://intern.jobweb.jp/
ベンチャー企業のインターンを主に取り扱っています。他にも各企業の通過ESや選考過程を見ることができて、就活の際重宝しました。

 

 

 

 

 

お疲れさまです!先日、内々定先の同期の集まりであまりの人見しりの自分の性分にナイーブになってしまった、じゅごんです。
東北も暑い日がやって来た今日この頃みなさんいかがお過ごしでしょうか?

さて、今回はインターンをテーマに書かせて頂きます。僕の場合、就活を通して最も効率的に深く企業や業界の事を勉強出来たのはインターンでした。
僕が参加したインターン先は某総合商社です。内容としては、8月中旬に2泊3日で行われ、8人1組のグループで新規ビジネスを考え、最終日に本社でプレゼンをし、年配の社員の方(かなり役職の高い方だったと思います)に講評してもらう形式でした。
3日間でしたがグループワーク、食事、懇親会を通して、社員の方と接する機会は豊富に設けられており、選考の裏側や企業の事を知れました。
僕の経験則では、10月以降の説明会や、OB・OG訪問では1度に接せられる社員の方の人数や時間は限られてきます。
なので、企業の事を深く知れる貴重な機会とインターンを位置付けてもらえたらと思います。
経済面でも企業によっては宿泊費・交通費も支給してくれて大変お得なので、是非一度参加を考えてみられる事を推奨させて頂きます。


また、ブログでは記載出来る事は限られますので、インターンの事などより詳細に知りたい方はHPのメールボックスから連絡頂けたら対応しますので、どしどし連絡下さい!

ではではー
 

 

 

 

 
1、インターンって何だ?
Q、そもそもインターンって何?
A、インターンシップが指すものは大体、次の三つです。

①企業のことを知ってもらうための説明会(をただインターンと言っているだけ)
⇒特に1~2dayインターンのほとんどがこれ。
②優秀な学生を早い内から見つけ唾を付けておくために行われる、長期グループワークなどの実質採用選考と詳しい企業説明会(をただインターンと言っているだけ)
3日間~3週間のもののほとんどがこれ。
③実際の仕事を長期間体験し、真の意味でその仕事の一部を味わえるもの(本来のインターンの意味)
1ヶ月~数年にかけて行うものがこれ。日本の就活にはほとんど無いと思う。

君たちが狙うべきインターンは②番のインターンである!!
もしくは、①番だけどやたらお金をもらえるやつである!!
ただし、そういう美味しいインターンには必ず「選考」が付きます。
ES(エントリーシート)という名の書類選考×面接数回がスタンダードです。
とりあえず、「落ちてもいいから、出しまくれ!」これが僕からのメッセージです。

2、インターンに行って何か得することあるの?
壱.違う環境に飛び込めます。(成長できます。)
弐.(質的な意味で)すげえ人脈ができます。(ただし、インターンによる)
参.就活本番の練習になります。(というか、「落ちる」ことを経験すべし!)
四.内定が近づきます。(いろんな意味で。)


3、こんなインターンがあるよのコーナー
★教育・人材系
①ベネッセコーポレーション
完全に②番の意味合いで行われる。内定者の半分近くがインターン経験者という噂も。
また、たくさんの可愛い女の子とGW(グループワーク)が出来るらしい。
②リクルートエージェント
転職エージェント。②番のインターンです。ちなみに2010年度は内定者9人中5人がインターン参加者でした。今年の夏は人材を使った新規ビジネスプランのグループワークするらしいよ。僕もお邪魔するかも!!


★メーカー
①P&G
外資系トイレタリーメーカー。これも②番。インターンに行かないと内定がもらえないという噂もある。
②富士通・パナソニック・東芝・日立製作所
大手電機メーカーの雄。詳しいことは知らないが、内定がグッと近づくらしい。
③サントリー・キリンホールディングス・ハウス食品・JT
大手食品メーカーの雄。食品のインターンはあんま無い。内定には直接関係ないかも。
④バンダイ・タカラトミー
おもちゃのツートップ。GWでおもちゃの企画とかするらしい。


★出版・新聞・印刷
①大日本印刷・凸版印刷
印刷業界大手2社。何だかよく分からない業界なのでインターンで企業研究しよう。
②新潮社
一ヶ月間のアルバイトという名目で行われる。現場の仕事をリアルに体感できる数少ないインターン。内定には関係ない。出版はここしかインターンがないらしい。
③朝日新聞社
内定が近づくかは知らない。


★情報通信・コンサルタント
①ワークスアプリケーションズ
AE(アプリケーションエンジニア)のベンチャー。ここのインターンは超有名。内定直結で、お小遣いも10万近くもらえる。
②野村総合研究所(NRI)
コンサルタント最大手(外資除く)。インターン参加者は選考で非常に有利。内容はかなりバリバリで手厳しいが、お金はやたらもらえるらしい。


★商社・金融・保険
この群で言えることは、超優秀な学生が集まるということ。興味ない業界であっても自分を一皮も二皮も成長させたいのであれば、チャレンジすべし!!
①三菱商事・三井物産
ビジネスを牛耳る日本の2トップ。三菱商事は日本一の売り上げを誇ります。超優秀な学生がインターンに来ます。ただし、内定には直接関係ないらしい。
②大和証券SMBC
優秀な学生が集まることで有名なインターン。内定が近づくかは分からない。応募が早い。
③ゴールドマンサックス・モルガンスタンレー証券
東北大教育学部からこの二社のインターンに参加できたら、神。以上。
④東京海上日動火災保険・損保ジャパン
損保の2トップ。それ以外の情報はない。すみません。
⑤住友信託銀行
内容の充実度が高くて有名。金融に少しでも興味があればチャレンジすべし。


★広告・マスコミ
①博報堂
広告業界2位。日本一人気のあるインターン。倍率は200倍近い。インターンから半数弱が内定するし、日本を動かそうとする学生・日本を動かしている社員との人脈も作れる。全員にチャレンジしてもらいたい。
②電通
広告業界1位。インターンを始めたのは去年からで、まだ発展途上の超人気インターン。僕の友人で電博どっちもインターンに行った人は、電通の方が良かったと言っていた。彼は、9月時点で電通から内定をもらっていたらしい。内定直結型。
③リクルート・RMC(リクルート・メディア・コミュニケーションズ)
インターン参加者は選考有利。リクルートは営業会社。RMCはリクルートのメディア開発を担当している。企画はグループ全体で行う。
④テレビ朝日・フジテレビ
実際の撮影現場視察やプロデューサーの講義など。内定直結ではないが、選考有利にはなるらしい。




しかし、最も大事なのは自分で考え自分で調べ自分で行動することです。
皆さんのチャレンジ期待しています。

 

 

 

 

 
【参加したインターン先】
僕は二つに参加させて頂きましたー。
一つ目は大手生命保険会社。もう一つはベンチャーで自動車のディーラーです。

【インターンの活動内容】
生保 … 東京の本社で2Day。一日目の昼に集合し、夕方まで企業+希望部署でのセミナー。そのまま本社で立食で懇親会をした後に、研修寮にバスで移動し、夜は飲み会。人事と仲良くなれました。二日目は、朝からグループ分けされ、グループワーク。前日のセミナー内容をグループ内で共有しながら、「この会社の魅力」と題した5分間のプレゼン合戦を行いました。三位まで豪華賞品(笑)がありました。昼前に解散。

ディーラー … 埼玉県で二ヶ月弱。車の営業を主にさせて頂く。最初は何もできないので雑用的に働き、ロープレをしてもらったり、社員さんが営業している横について感じを掴む。だがそういった優しい期間は一週間で終わり、後はガンガン仕事をさせて貰う。営業といってもイメージできないと思うので、大体以下の通りです。来客対応・来店のお礼状送付・見込み客リストアップ・ テレコールや飛込でアポ取り・下取り車査定・値段交渉・メールでの商談・ご成約後のナンバー等の事務手続き・洗車・納車などです。一人でほとんどやらせてもらい、できない所やわからない所をサポートしてもらう感じです。と、いうより最初は誰もできないので、非常に丁寧に教えてもらいました。時には一人で埼玉から千葉まで営業に行った日もありました。その他にも、色々な企画、貴重な体験をさせてもらいました。

【インターンで得たもの】
生保 … 人事と非常に仲良くなり「(仲良くなったお前ら四人は)最終面接までパスでいいよ」と言われた事です。結局は方便でしたが、自信がつきました。

ディーラー … 内定と、営業という職種への志望度の変化、自分の適性への反省、自分の夢を再構築するヒント、それから、人との縁です。有難くも頂いた内定はお断りしましたが、非常に社長や社員の方々に懇意にして頂いて、貴重な経験を得る事ができました!!

僕の経験が参考になるかどうかはわかりませんが、最後に言える事は「覚悟を持って本気で動けば、それに見合ったヒントが得られる」という事です。僕としては長期インターンをお薦めしますが、自分の人生に関して深く考えられる機会を是非どんどんと経験していって下さい♪
 

 

 

 

 

こんにちは!

今回は企業インターンシップについてです。6月14日のセミナーに参加して下さった皆さんにはお話した内容ですが、復習ということで!

インターンとは何か!一言で言いますと、「学生が一定期間企業の中で働き、職業体験ができる制度」です。つまり学生生活を終える前に、実際に働いてみることができるんですね。

いろいろと種類がありまして、おおまかに言うと、
【時期】
夏季 7月から9月
冬季 12月から3月
数的には7月から9月のインターンが圧倒的に多いです。

【期間】
2~3週間
1ヶ月〜2ヶ月
1日〜3日(1〜3Dayインターンと呼ばれることがあります。)

1~3Dayインターンに関しては、社員の人と一緒に働くというより、就活生同士でグループワークをすることが多いです。
【選考】
インターンに参加するにも選考に応募して、合格する必要があります。エントリーシート(ES)を書いたり、面接を受けたり、グループディスカッションをしたりします。

就活生にとってのインターンのメリットは・・・

◎働くということを、体験を通して現実的に考えることができる
実際に働き始めてからの、理想と現実のミスマッチを防ぐことができるんですね!やってみなきゃ分からないことがたくさんあると思います。
◎ 就活生と出会うことができる
実際に就活をしている学生と、早い段階から出会うことができます。1週間以上一緒に働いたメンバーは、とても仲良くなることができると思います。就活についての情報交換もできますし、一生付き合っていく友達になることもあります。
◎本選考の練習ができる
先程も触れましたが、インターンの参加のためには、本選考と同様のESを提出したり、面接をしたりする必要があります(1~3dayの場合はないこともあります)。本選考に向けてどのような準備をするべきなのか、体験を通して考えることができます。
◎ その他
アルバイトをしているみたいにお金がもらえる企業があったり、採用に直結する場合もあったりします。

以上が概要です(時期や内容に例外はあるのでご注意を!)。興味を持った方は、リクナビやマイナビなどの就活ポータルサイトにて、インターンを募集している企業を検索できると思いますので、トライしてみて下さい。もし、分からないことや、誰かに相談したいことがありましたら、遠慮なくメール下さい!ネクリンのメンバーでできることがあれば、ご協力させて頂きます。

また、明日から毎日、インターンに実際参加したネクリンのメンバーが、体験談をブログにアップしていきます。興味のある人はチェックしてみてください!

以上。
 

 

 

*Template By-MoMo.ka* Copyright © 2017 Next Linkage, all rights reserved.

Next Linkage

Author:Next Linkage
東北の就活生を応援する団体です。

ホームページはこちらです


Facebook:NextLinkage
Twitter:@nextlinkage

Script by Lc-Factory
(詳細:Lc-Factory/雑記)

このブログをリンクに追加する

QRコード

小さな悩みや相談など何かありましたら、気軽にこちらよりメッセージくさだい!可能な限りお答えしていきます!

名前:
メール:
件名:
本文:

就職活動応援ブログ HASH OUT!!
東北で最強の就職コンサルタントが、そのノウハウを綴るブログです。 ヒュームコンサルティングの代表者の方が運営しています。 ネクストリンケージメンバーの何人かも、かつてこの方の就活講座を受けています!

「税金まにあ」木村税務会計事務所通信
「税法は納税者のもの」をモットーに、わかりやすく丁寧に税務会計を解説しています。 メンバーの一人が親しくさせて頂いており、弊ブログについても応援して下さっています。 代表の木村聡子様は、事務所長である傍らエコノミスト誌「会社法革命」 の執筆メンバーであるなど、八面六臂の活躍をされています。 女性のキャリアについて興味のある方は、是非ブログをご覧下さい。

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。