ホームページはこちら→http://nextlinkage.web.fc2.com/
 

 

 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

 

 

 

 
こんにちは、ヒルッチです。
最後のネタになりますね。今までブログの管理(といってもネタを投下してきただけですが)してきたものとして、少し寂しい気もします。

では早速本題に。

僕がネクリンに入った動機は
1、志望している人事部へ、経験値のために
2、有機的な組織で自分がどう立ち回るか、知るために

の二つでした。

結論から言うと、どちらも達成できたかと思います。
100点が取れた、という意味の達成ではなく、自分のダメなところ、改善点などが見つけられた、という意味での達成。


真面目でお馬鹿なメンバーたちと、メリハリを持って接し、就活中に劣らないくらい自分と向き合ったこと。本当に大きな財産です。

本当に本当に成長した1年でした。




では就活生との関わりでは・・・

「人の成長を近くで見守ること」の楽しさ、その責任感から来る充実感を大きく感じました。


一人ひとりが本当に成長したと思います。でも、まだまだ伸びしろがあるな、とも感じました。



3月になり、皆さんは以前にも増して闘っていることでしょう。

もしかしたらつらくて、投げ出したいかもしれません。

でも今闘っていること、これも本当に大きな財産となります。

自分で本気で考えて、苦悩して、答えを出したことに無駄なことは一つもありません。

一人で闘うことがつらくなったら、1度立ち止まって我々を頼ってください。

そして、今までの自分を肯定してあげてまた少しずつ進めばいいんです。

頑張ってください。

未来をつかめるのは、自ら手をあげた人間だけです。







ネクリンの活動中、支えてくれたメンバー、就活生、それからこのブログを読んでくださった皆様に感謝をこめて。 
スポンサーサイト

 

 

 

 
こんにちは!A子です☆
これが最後のブログテーマになりますね。

ネクリンのメンバーとして活動したこの1年間は、
大学生活のなかで一番成長できた1年間でした。

ネクリンの理念である「つながり」を得たこと

これが私にとって一番大きな変化のきっかけであり、
一生大事にしていきたいものであると思っています。

まずは、メンバーとのつながり。
サークル、部活などの組織に所属していなかった私にとって、組織での自分の役割、行動を学ぶことができたことは大きな成長でした。全ての活動を通して、反省する点を挙げればきりがないのですが、それは社会に出る前に気づくことができて良かったと思っています。そして、良いものは良いと認め、悪いものは悪いと指摘してくれるメンバーに囲まれて、素直にたくさんのことを吸収できました。
卒業しても、おっさんおばさんになっても、じいちゃんばあちゃんになっても、ずっと大事にしたい仲間に出会えて本当に良かったです。

次に、就活生の皆さんとのつながり。
就活生のみなさんと話すことで、自分の志望動機を再確認し、働くことへのモチベーションを高めることができました。
また、相手に自分の思い、考えを伝えることの難しさとそれに伴う責任の重さを痛感しました。
個別にES添削や面接練習をしていて、頼ってもらえることがうれしかったし、
その分自分にできることは全力でしてあげたい!と思っています。
そしてこの1年、何度も思いました。初心忘れるべからずだなと。
就活中にできたのに、内定が決まって気が緩んでできなくなった、しなくなっていたこと、たくさんありました。必死に考えて行動している皆さんの姿が、私に良い意味で危機感を与えてくれて、常に良い刺激になっていました。
だから、私にとってみなさんとのつながりは、自分自身を成長させてくれたという意味でもとても大切なものでした。そして、同じようにみなさんにとってもこのつながりが意味のあるものであったらうれしいです。

いよいよ就活も終盤、そして本番。ラストスパートの時期です。
同じ選考会場にいる人は、友達ですらライバルと思うかもしれません。でも、同じ目標をもって、高いモチベーションで就活している新しい仲間に出会えるチャンスだと思ってみてください。
これほど毎日新しい出会いのチャンスがある機会はそうそう無いと思います。
だから、たくさんの人と出会って、たくさんのことを吸収して、
人とのつながりを通じて成長してほしい!と思っています。

みんなで素敵な春を迎えましょう☆

それではっ 

 

 

 

 
更新が2日ほど間空いてしまいましたがどうもこんにちは、もりすぃです。
このブログは一応3月中旬?くらいまでは続けていく予定なので、就活の息抜きに是非チェックしてみて下さい。

ネクリンの活動を通じて思ったのは、「何事も積極性が大事!」という事でした。
俺自身はあまり積極的なタイプではないのですが、スタッフの中でもデキるな~と感じる人は、会議でもどんどん案を出して、自らすぐ仕事を見つけてそれを自らこなしていました。
俺みたいな奴は黙ってても企画は進んでいくような感じでした。

黙って誰かの指示を待ってるだけじゃ仕事はない。仕事がない=居場所がない。

恐らく会社でもこうなんじゃないかと思います。
そういう意味でも、自ら率先して動いていく事の重要性を学びました。

それと似たような話ですが

就活生の皆さんの中にも、早いうちからガンガンOB訪問をしたり、我々スタッフに次々とES添削の申し込みをしたり、ネクリンのネットワークを使って就活チームみたいなのを立ち上げようとしている人がいます。
そういう積極的な人は「デキる」オーラがぷんぷん漂っていますし、入社後も活躍する事でしょう。

企業の選考は短い期間に行われるので、人間性以外にも、やはり雰囲気やパッと見の印象も重視されます。
自らが今何をすべきかを考え、積極的に動ける人というのは良い印象を受けますし、顔つきも自信にあふれていますよ。
就活も残り2ヶ月ほどが勝負になりますが、真剣に、そして積極的に取り組んでもらいたいと思います。

ESの添削や相談についてですが、アドレス分かる人は俺で良ければどんどん送ってもらって構いませんよー。
3日に1通くらいはES見てたんですが、最近は数が少なくなって暇ですw
よろしくお願いしますw

それでは、また。 

 

 

 

 
こんにちは。たぶん初めてのブログ記事になりますね、HA☆MAです!

私がこの一年を通して感じた事、それは出会った内定者、就活生全員が『譲れない理念を持っている』という事でした。

理念と一口に言っても色々とあります。
社会貢献的なものから、金銭的なもの。
ポジティブ志向から、超ネガティブ志向。
自己本位を満たすもの、他人本位を目指すもの。

個人的には理念に大きさも、綺麗さもないと思います。
違いがあるとすれば、その思いの強さです。

社会では様々なバックグラウンドを持った人たちが、理念を持って行動しています。
その中でも輝いて見える人たちの共通点、それは理念への執着心、その濃さです。

就活生の皆さんも譲れない理念の下、様々な志望理由を持っていると思います。
どうか、それだけは偽らず、躊躇わず、胸を張って就活に挑んでください。
妥協は人を歪めます。これからの数十年ある人生を歪めます。
譲れるところは譲りましょう。
でも譲れない理念、それだけは絶対に譲らないでください。
その先に、内定があり、理念を実現するための道が開けます。

就活に経験は要りません。資格も要りません。
必要なのは、青臭い夢を実現したいという執着心、それだけです。
人生の中でも新卒のこの機会だけが、理念で勝負できる唯一の機会だと思います。
何の学もない、実績もない、そんな只の学生を可能性だけで評価してもらえる唯一の機会です。
その機会を使い、就活生の皆さんがどのような進路を歩むのか、それは私にはわかりません。

ただ、成功した、そう御自身が思えるような就職活動になる事を、私は心から楽しみにしています。

この一年、私の価値観に対して盛んに刺激を与えてくれたネクリンスタッフ。
そして、熱い思いをぶつけてくれた就活生の皆さん。
本当にありがとう。
スタッフには4月から社会人として、これからどんな生き様を魅せつけてくれるのか、今から楽しみでなりません。
就活生の皆さんも、これから就活を通してどのような結果を勝ち取るのか、それによってどの様な変化があるのか、その報せを心待ちにしています。


最後にある一節を私自身含めて、皆さんに贈りたいと思います。


「私たちの運命を決定する神は、私たち自身の内側にいます。私たちの思いこそがそれなのです。」‐ジェームズ・アレン 『「原因」と「結果」の法則』より
 

 

 

 

 
こんにちは。ちーです。
もうネクリン活動が終わりを迎えているのですね。あっという間でした。
今回は思い出話を綴ります。

私はネクリンの活動、仲間のおかげで、入った当初よりぐんと成長することができました。
ネクリンに入ったのは6月とみんなより1ヶ月遅いスタート。
イベント企画・運営の背景には苦手なパソコンでの作業。
何をすればいいのかわからず、東北大生というオーラに圧倒され、恥ずかしい程消極的でした。

そんな中、イベントに限らず海や那須に行ったりアニメを教えてもらったり(笑)することで、馬鹿だけど根本的に真面目なネクリンの皆に惚れ込んでいきました。
純粋に後輩の為に動く姿。
自分の為に人の良いところをどんどん吸収する姿勢。
決して面倒くさいと言わないところ。
自分の将来や夢について熱く語り合える雰囲気。
もちろん悪いところもたくさんありました。合同説明祭は反省だらけですし・・・。
でも、こんな素晴らしい人に囲まれ自分をアウトプットしていたおかげで、
一歩踏み出せなかった新聞社やテレビ局の方との打ち合わせも積極的かつスムーズにできるようになりました。
社会人になっても、彼らの豊かな価値観を吸収し続けたいものです。

また、セミナーの終盤では面接官やESを多々見る機会を通して
「あ、本当だ。人は第一印象で決まる」
「具体的でないESは説得力に欠ける。私も気を付けよう」
等、自分へのフィードバックを常に心掛ける余裕もできてきました。
就活生のおかげで、この「内定者」という特権をフル活用し貴重な経験をすることができました。感謝しています。

今後もネクリンを通して得た人とのつながりと経験を大切にしつつ、
貪欲に成長し続けたいと思います。

最後に、これを読んでくださっている就活生のみなさん。
プレッシャーの重圧。
自分のやりたいことが分からなくなった。
業界を絞れない、広げられない。
涙をぐっとこらえている人もいるかもしれません。
大丈夫!!!!!辛いときはネクリンの皆がついています。
ドンと構えて自分自身を企業に伝えてきてください。

私は就活当初から業界を絞り込み、なおかつ一人で就活をしていたので、
ネクリンの皆に出会わなければ相当視野の狭い社会人になっていたと思います。
そう考えると怖いですが、当時は自分の志望理由をとことん具体的につめ、面接では熱意を持ってアピールできたので後悔はしていません。
つまり、本当に就活は十人十色なのです。
自分を大切に、自分のペースで頑張ってください!
あとは笑顔で^^

まとまりのない文で恐縮ですが、読んで頂きありがとうございました。
 

 

 

 

 
こんにちは!あみちです。
もう2月!あっという間に駆け抜けてきた感じですね!!

さてさて・・・
今回はこのネクストリンケージの活動を通して感じたことを、ありのまま書いてみたいと思います。

私は昨年、自分の大学で設立したサークルのイベントで偶然ネクリンの活動に参加した先輩に出会い、その紹介がきっかけで何度か活動に参加しました。
そして、「もし内定が出れば活動引き継ぎに興味がある」とアンケートに書いたのを覚えています。

しかし実際は、内定が出た後も、最初はネクリンのメンバーになるかどうか本当に悩みました。他の活動などと両立できるかなどが理由でした。
でも私がやらなければ自分の大学の後輩とのパイプが断たれてしまう、そんな危機感から参加したわけです。

そう決断してよかった。今はこの一言に尽きます。
多くの就活生、いろんな業種の内定者と出会って、大学4年間で一番刺激ある生活を送られたのも、このネクリンがあったからこそだと思っています。

最近は毎日のように添削願いのESが届き、その度に刺激を受けます。
いつの間にかたくさんの後輩ができて、本当はみなさんが内定を勝ち取って笑顔になるところまで見ていたい!そんな気持ちです。

就職活動中は、悩みも多くて、落ち込むことの方が多いと思います。
自分が何をしたいのか、分からなくなって途方に暮れてしまうことも少なくないと思います。

でも忘れないでほしいのが、就職活動や自分の生き方に正解なんかないってことです。
周りに流されて自分を失いそうになったら、一度立ち止まって考えてみてください。
自分が本当にしたいことは何なのか、ハッピーになれる生き方は何だろうとか。

就職活動は自分自身を見直すよい機会です、とよく言われますが、まさにその通りだと思います。こんな機会、めったにないです!

もしそれでも悩みが尽きなかったら、スタッフにすぐメールしてください☆
ネクリンのスタッフは、いつでもみなさんを待ってますよ!
 

 

 

 

 
こんにちは。よっしーです。

時の流れは速いもので、もう最後のテーマですね。

今回のテーマは「ネクリンを通じて。」
我々ネクリン一同は5月に活動を始め、皆さんが就活をするうえで少しでも役に立てるように、1年弱活動してきました。

その活動の中で、自分が大事にしてきたこと・気付いたこと。2点挙げたいと思います。

まず1点目。
「自分は組織に対してどれだけプラスの存在になれるか?」
ネクリンに入ってまず思ったこと。それはメンバーの意識・レベルの高さです。
今までの人生の中で、一番刺激のあるメンバーに囲まれて、とても幸せでした。
そんな、ネクリンという組織の中でどれだけの付加価値を見いだせるか?そんなことを考えながら活動進めてきました。
これは、社会に出るうえでも大切だと思います。
自分は会社に入って、何をしたいのか?それがその会社にとってどれだけプラスになるのか?そんなことも考えてみてはいかがでしょうか?

2点目
「自分の考えで動けているか?」
これは、自分の中で一番の反省であり、教訓になりました。
自分が今やろうとしていることは、どんな目的・考えがあってやっているものなのか?
人に言われたからやっているんじゃないか?誰かに流されてやっているんじゃないか?

自分はかなり人に流されやすい性格でした。(今でも割とそうだと思いますが笑
ただ、ネクリンに入っていなかったら、確実に、何も考えないでただ日々を過ごしていたんじゃないなぁ。そんなことを思っています。
皆さんも、過去の出来事や現在やっていること、やろうとしていること。それぞれに自分にとってどんな「思い・目的」があったのか(あるのか)一度考えてみてください。
それが、自分にとって大切な1つの「思い・信念」になると思います。


最後に。
就活生のみなさんは、真剣に自分の将来を見据えて、自分の価値観をぶつけてきてくれました。そのことが自分にとってかなり大きな財産になっています。
これだけ学びの多かった1年間はないです。
本当に感謝しています。

皆さん自信を持ってください!
ネクリンのイベントに参加してくださった方は自分自身の未来について早いうちから真剣に悩み、行動を起こしてきた方々です。
確実に東北の就活生の中の先頭集団にいると思ってもらって間違いないです。

皆さんの就活が、皆さんにとって納得のいくものになりますよう、自分も最後まで応援し続けたいと思います。
ぜひぜひ、これからもネクリンメンバーを頼ってもらって大丈夫なので、悩んだり相談したいことがありましたらいつでも連絡くださいね。

それでは失礼します。
 

 

 

 

 
どうもハヤテです。
さぁ最後のテーマです。
でもテーマ後にも色々な事書き込みますので、見てくださいね!

さてラスト本題。

この9カ月NextLinkageの副代表としてやってきましたが、
5月5日に第2期の先輩たちから引き継ぎ、
去年とは違い、7月からセミナーをやりました。座談会もやりました。
スタッフで旅行も行って、10月からまたセミナーをやって、
内定者合同説明祭でラスト。

多くの就活生と会って、彼ら彼女らの就活に少しでもプラスになる事ができていたら嬉しい。
実際、少しずつESや面接が良くなっているのを見ていて嬉しかった。
ネクリンのイベントはほぼ終わったけど、就活終わるまで力になってあげたい。

また、理念でもある、『繋がり』
就活生と内定者の繋がりを作れたんじゃないかと思う。



色々ありましたが、個人的にはネクリンという就活支援を通じて本当に自分がしたい事がわかりました。

やはり、就活生と向き合う過程で、自分が話せない、できていない事を教えたり伝えたりする事はできないため、就活中以上に自分自身について考えさせられました。
いろいろと考える、とてもイイ機会だったと思います。

何故働くのか。
就活中は4月頭にやっと少し見えてたが、それがちゃんと見えました。

働く事を通じて、自分の理想の社会を作りたい。

その思いを考えるきっかけになったのが一番大きい。
自分の理念のようなものができた。社会人として働いていく活力を手に入れた気がします。

また、それを見つけたのが遅かったので、就活生にはコレをよく聞いていました。
何故働くのか
そこから派生して、志望企業の軸が見える。そして、志望動機へと繋がる。
1年前に気づいていれば、もっとイイES書けたな、と何度思った事か。
そういう思いをさせないために、聞いていました。
コレが無い人は、今すぐしっかり考えてみて欲しいです。
(↑私が一番伝えたい事と途中から思った事でした。)


あと、ネクリンの理念。スタッフとの繋がりは大きい。
今後、何よりの財産になると思います。
人脈の大切さを実感させられました。
社会人になってからの行動に活かしたいですね。


まだ3月13日のOBOG訪問祭が残っています。

来期への引き継ぎまで、私はNextLinkageの副代表。
最後まで私にできる事をするつもりです。
就活生の方も、最後まで頼ってみてください!


では。
2週間後くらいには、再びブログに登場してると思いますので、また次回。
 

 

 

 

 
ども、Carlosです。冬なのにスキーに行ってないです。社会人になったら年に1回行ければいい方だと思うので今のうちに行っておきたい。北海道に配属の場合は滑り放題だと思いますがw

さて、最後のお題ですね。ネクリンを通じて感じたことと就活生へのメッセージ。
僕がこの8ヶ月くらいで感じたことは行動力がないことでした。

ネクリン内では率先して話す方なんですが、ただ口だけになったり、自分のことを棚に上げたりしていることが多かったような気がします。秋ぐらいにそれに気づいて常に自問自答、他問自答するようにしました。考え始めると口だけだったことがあれよあれよと出てくる。

有限無実行、頭をよぎりました。つらかったです。でも、気づいたなら変えないでどうする、行動力が内なら少しずつでもいいから動き始めればいいんだ。と思うようになり徐々に行動に現れるようになりました。

具体的に何をしたとかはないですが、少し前の自分よりは確実に変化していると思います。意識が行動を変える、という言葉があると思いますが、意識じゃなくて覚悟が必要だと思います。自分の人生の目的に向かって突き進む覚悟。そして、目的のための目標があると覚悟できると思います。

そこで就活生に言いたいことは、
将来の目標を持ち、実際に行動することです。

目標を持っても、達成しようとする気持ちがあっても何も変わりません。実際に変化として合わられるのは行動してからです。

みなさんの将来の目標はなんですか?自分が達成して楽しめる、嬉しく感じる目標を立ててください。

ここで注意してもらいたいのは目標が目的の手段に過ぎないと言うことです。自分の人生どのように生きていくかが目的であって、目標は目的を達成する道標、通過点です。単位目標を立てるだけでなく、目標の理由である目的を考えられれば覚悟を持って行動できるようになると思います。

以上、自分が感じたことと、それを踏まえたメッセージになります。今後選考が本格化してくると思いますが、めげずに取り組んでください。

10戦10勝しなくてもいいんです。10社全てに合う人材なんてそうそういません。10戦1勝を目指して就活してください!
 

 

 

 

 
さてさて、今回はネクリンブログの最後のテーマ、ネクリンを通じてですね。
僕が、ネクストリンケージの運営を通して一番感じたことはなんといっても「就職活動支援の難しさ」です。

就職活動は今後数十年の人生を左右する可能性のある大事な活動です。それに対して支援をするということは、言ってみれば人の人生の選択に口出しするということです。すなわち、就職活動支援には非常に大きな責任が伴います。自分が就活生にむけて発言した一言が、その人の人生を大きく変えてしまうかもしれないのです。

就職活動支援というものは生半可なものではないということを痛感しました。

僕たち就活支援をする内定者は、就活生以上に自分に厳しく頑張っていなければ、セミナー等々で偉そうなことを言う資格は全くないのです。

しかしそれと同時に「内定者が就活支援をする意義は非常に大きい」と、ネクリンを通して心から実感しました。

年々複雑化する就職活動、そして近年の採用状況・・・・
我々内定者は、その直近の就職活動戦線を戦い抜き、内定を勝ち取った生き証人です。どんな就活本や情報サイトや専門家の話よりも「生きた経験」を就職活動生に伝えることができるのです。まして同じ東北地区の大学に通っているからこそ、東北の学生ならではの視点から就活について語れるのです。そして何より我々には利害関係がありません。営利目的で就活支援を行っている訳ではなく、自分たちが就職活動を昨年度経験して、悔しい思いをたくさんした、あの時期にああしておけばよかったと何度も思った・・・・・・そういった経験を少しでも後輩にして欲しくない、明るい未来を掴みとって欲しい!という純粋な願いが活動の根本にあるのです。それはとてつもなく大きな強みです。

我々第三期ネクストリンケージが、公式にセミナーを開いてみなさんとお会いできる機会は残す所、3月13日に東京で開かれるセミナーだけになってしまいますが、それ以外でも随時ES等々受け付けますし、メンバーに個別にご連絡頂いても結構です。みなさんが内定を勝ち取るまで我々は全力でバックアップします。必要とされればいくらでも応えます。

それでは最後にみなさんにエールを送りたいと思います。とにかく自分のこれからの40年間の人生を、考えるのではなく悩み、判断ではなく決断し、自分の出した答えを、自分自身を信じ続けてください。誰よりも強い想いを貫いてください。最後は小手先ではなく意志の勝負です。絶対に勝てます!
 

 

 

*Template By-MoMo.ka* Copyright © 2017 Next Linkage, all rights reserved.

Next Linkage

Author:Next Linkage
東北の就活生を応援する団体です。

ホームページはこちらです


Facebook:NextLinkage
Twitter:@nextlinkage

Script by Lc-Factory
(詳細:Lc-Factory/雑記)

このブログをリンクに追加する

QRコード

小さな悩みや相談など何かありましたら、気軽にこちらよりメッセージくさだい!可能な限りお答えしていきます!

名前:
メール:
件名:
本文:

就職活動応援ブログ HASH OUT!!
東北で最強の就職コンサルタントが、そのノウハウを綴るブログです。 ヒュームコンサルティングの代表者の方が運営しています。 ネクストリンケージメンバーの何人かも、かつてこの方の就活講座を受けています!

「税金まにあ」木村税務会計事務所通信
「税法は納税者のもの」をモットーに、わかりやすく丁寧に税務会計を解説しています。 メンバーの一人が親しくさせて頂いており、弊ブログについても応援して下さっています。 代表の木村聡子様は、事務所長である傍らエコノミスト誌「会社法革命」 の執筆メンバーであるなど、八面六臂の活躍をされています。 女性のキャリアについて興味のある方は、是非ブログをご覧下さい。

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。