ホームページはこちら→http://nextlinkage.web.fc2.com/
 

 

 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

 

 

 

 
※前編からの続きです。


こんにちは。ととろです。

これから述べることは、僕自身の意見です。
参考にして頂けると嬉しいですが、誰にでも当てはまるものではないことをご了承ください。
何かしらのヒントをみなさん個人が抱いてくれたら僕はハッピーです。


【テクニック】

さて、僕もGDについてテクニック的なところを書きたいと思います。
こは が書いてくれた「GDについて」とカブる所がありまくりですが、真似したわけではありません。たまたま、GDに関して同じような考えにたどり着いたってだけです。やらせではありません。

具体的に以下の8つの項目を意識していました。詳しい説明も後述します。
めんどくさがらずに読んでね。

1.スタートとゴールを明確にする
2.新しい視点からの意見を言ってみる
3.自分の役割と長所をアピール
4.否定しない
5.元気よく
6.黙ってる人の意見を聞いてみる
7.端的にわかりやすく説得する気持ちで“自分の”意見を言う(←難しい)
8.あきらめない


1の理由:
ゴールを設定せずに走り出したら、当然ゴールに行けません。ここで社会人に必要な目標設定能力を問われていると思います。ただ、“現状”を理解していないゴールの設定は、机上の空論になってしまいます。そのために、現状=スタートについてディスカッションメンバーで共通認識を図る必要があります。「スタート=現状・課題」を話しあって、そこから「ゴール=目標・成果」を話しあうのです。

2の理由:
2はいわゆるブレインストーミングってやつの成果です。テーマについて、ゴールに進む方法を思いつく限り挙げてみます。その中から有効だと感じるものを意見するわけです。スタートからゴールに向かって議論を進めるのですが、1つの意見に縛られるような議論は価値が低いと僕は考えます。新しい見方や価値観を取り入れることも、新入社員を獲得する理由だと思うからです。

3の理由:
自分の得意なもので勝負します。自分が不得意なもので勝負して、たまたまGDを通過して内定もらっても、その企業で大活躍するのは難しいんじゃないかと考えるからです。自分のストロングポイントを企業に評価してもらうためにも、自分はどういう人間かを理解する必要があります。

例えば・・・ 妄想家で、新しいことを思いつくのが得意な人は、アイデアマンに。まとめることが得意ででしゃばりな人は、オーガナイザーに。議論してるのに冷めた感覚でみんなを俯瞰してしまう癖がある人は、タイムキーパーをしながら全体として必要なことを意見する係に。ノートをきれいに書くことが得意な人は、書記をしながら図解によって皆を説得する係に。場をなごませるのが得意な人は、意見のヨイショをしながら自分の意見も便乗させちゃうファシリテーターに。目立つことや演じることが好きな人は、プレゼンターに。などなど。

僕はだいたいオーガナイザー兼ファシリテーター兼アイデアマン兼プレゼンターでした。時と場合によって使い分けてましたが、一番得意なのはファシリテーターです。(僕の考えでは、ボケるのが得意な人はアイデアマン、ツッコミが得意な人はファシリーテーターだと思います。司会(オーガナイザー)がいなくても、GDはなんとかなります。)

4の理由:
意見を否定すると議論が止まります。空気も悪くなります。否定するのではなく、その意見を肯定しながらも、「代替案の方が優れている」ことをアピールするように心がけていました。否定の仕方が評価される場合もあるらしいので、参考程度でお願いします。

5の理由:
頭が良くても、元気がない新入社員を欲しがる企業には行きたくなかったので僕は元気よくGDに参加していました。でも自分の適したテンションもあると思うので、「自分の元気の良い時を出す」くらいなつもりで、無理はしないでください。空元気は見苦しいと思います。

6の理由:
グループでディスカッションするんです。特定少数の人の議論になってはいけないと思います。全員の総意としての結論を導けたら、そのGDは大成功です。なので、全員の人の意見を尊重しながら、納得のいく議論にできるよう努力してました。

7の理由:
自分の長所をアピールするのとカブるのですが、時間が限られているので「わかりやすく」「短く」「納得してくれそうな」意見を発信するようにしていました。これがとても難しいです。

8の理由:
あきらめずに時間内に粘り強く議論しましょう。運悪く意見が食い違おうと、何度も起き上がる姿勢は感動を生みます。あきらめたらそこで試合(選考)終了ですし。


【終わりに】

とても長くなってしまいました。もっと端的に言えるようになりたいです。僕が1度通過出来なかったGDは、意見は言っていたのですが、、、

「ゴールを共有せず、僕の意見を否定され、
元気がなくなり、途中で議論を諦めてしまった」

ためだと思います。長所を出せなかったし、最終的にテーマに対して結果を出せませんでした。みなさんはGDで通過しようとしなかろうと、ベストを尽くして後悔しないようにがんばってください。応援させて頂きます。


※ネクリン開催GDセミナーの申込み方法はこちらから!
 
スポンサーサイト

 

 

 

 
こんにちは。ととろです。

これから述べることは、僕自身の意見です。
参考にして頂けると嬉しいですが、誰にでも当てはまるものではないことをご了承ください。
何かしらのヒントをみなさん個人が抱いてくれたら僕はハッピーです。


【紹介】

僕について少し述べさせてもらうと、理系院生でありながら就活中は総合商社の総合職や、食品メーカの営業・事務職を多く受験していました。さぞや採用担当の方は僕に疑問を持ったことでしょう。だいたい周りは活発な男子か、社交的な女子でした。そんな中で僕がドーンと、それはもう、ドーンといたわけです。理系で顔が白くて体でかいですけどなにか?ってな感じで。そんな僕でもどうにかなったので、諦めずみなさんも“自分にとって良い企業”に内定をもらえるように頑張りましょう。僕は結局、8回のGDを経験し、1度通過できませんでした。1度の失敗については後述します。


【GDとは】

グループディスカッションの頭文字です。みんなであるテーマについて議論して、企業がその様子を評価します。企業によって求める人材が違いますが、基本的に社会では他人と一緒に仕事をします。そのため、他人と一緒に仕事をして価値を生み出せそうかどうかも見ていると思います。また、GDは選考の初期段階で行われることが多いです。初期段階では選考人数も多いため、「人数減らし」としての役割もあると思います。おそろしいですね。


【テーマ】

食品メーカのGDテーマは「ウチの会社のこの商品を売るにはどうしたらいいですか」とか、「ウチの会社が新商品を出すとして、○○な人に□□なときに飲んでもらうモノはどんなものがいいか議論して下さい」とか、抽象的なものだと「仕事ってなんだと思いますか」とか「新入社員に必要なものってなんですか、次の中から5つ選んで下さい(30項目の中から5つ選ぶ)」といったものでした。
総合商社では一度GDがあり、「一番になるために必要なこととは何か」というテーマでした。

業界によってテーマは様々だと思います。みなさんはこれらのテーマで活発にディスカッションできますか?おそらく毎回テーマは当日に言い渡されます(どこかで事前に情報を入手できることもあるけれど)。テーマが抽象的でも具体的でも、GDの経験がない人は心配になるかと思います。その危機感は重要です。夏休み終盤の宿題に対する危機感は自分でも想像しない程の能力を発揮したりしますから。


※後半は明日更新されます!
※ネクリン開催GDセミナーの申込み方法はこちらから!
 

 

 

 

 
こんにちはー。
卒論クリスマス前には出します!と教授にマニフェスト出してしまったあんこです。
破らないように気を付けないと…。

今回は私あんこの考えるGDで特に注意すべき点について書きたいと思います。
※あくまで内定者風情の主観です。参考程度に留めてください。


(1) 全員通過を目指す!

GDはチーム戦です。チームとしての結果次第で、全員が選考を通過することもありますし、逆に全員が落ちる事もありえます。そのため「オレは!オレが!」といった我は捨てた方が良いです。見ていて気持ちの良いものではないし、確実にチームの雰囲気が悪化します。チームの成功に貢献さえ出来れば、面接官は必ずあなたの良い所を見つけてくれるので、全員通過を目指して頑張りましょう。


(2) 自分の役割を見極める

GDには、司会進行役、書記、アイデアマン、タイムキーパー、議論の調整役など実に様々な役割の人が必要になります。逆に言えば、上の5役のうち1つでも欠けるとえらい事になります。そのため私は全体を見通して、「あっ○○役の人がいないなぁ」と思ったら進んでやっていました。穴が埋まるので議論も円滑に進むし、人事のフィードバックでも好感触でした。


(3) 堂々と元気良く(笑)発言しましょう

東北人に特に足りないと思うのがコレ。良い意見を出しても自信無さそうだったり、声が小さいと「ホントにこいつの意見で大丈夫か?」と周りの人は思います。堂々と元気良く発言すれば、それだけで説得力が増します。程度にもよりますが、元気の良さは学生が社会人に勝てる唯一?の長所です。どんどんアピールしちゃって下さい。


最後に

最大のGD対策は、「一度体験すること」です。
GD一発目から上手く行く人は滅多にいません。たいていの人は最初失敗します。
問題は練習で失敗するか、本番で失敗するかです。
ネクリンとしては、多くの就活生に練習で失敗して欲しい……。

というわけでGDセミナーやります。


ネクリンGDセミナー
11/18(金)17:30~19:30

(※詳細記事へ飛びます。)


仙台はGDの練習をする機会があまり無いので、是非参加して下さい!

当日は面接官役としてお待ちしています! 

 

 

 

 
今回はGDについて①ということで、過去のGDで11勝2敗(微妙ですね笑)の僕が1.GDではどこを見られているのか!?2.経験を踏まえたオレ流戦略!!の流れでざっくりと語っていきたいと思います。


1.GDではどこを見られているのか!?

本題の前にまず質問です。学生と社会人の違いって何だと思いますか??

「給料がいっぱい」・「勉強がなくなる」「遊ぶ時間がなくなる」などたくさん答えがあると思います。私の答えは「嫌いなやつらともうまくやっていかなければならない」です。学生のうちは似たもの同士でつるんでいるだけでよかったのに、社会に出ると、例えば、最重要プロジェクトであなたの苦手とする先輩と組まされるということが多々あります。

そして面接官は、そこに注目してきます。つまり彼らは、様々な性格を持つ学生たちとディスカッションをさせて、自分の役割を認識して的確に動けるか!?ひいては、よりよい生産物(GDでいう結論)を創り出すために、あなたがどれくらい貢献できたか!?という点をじっくり観察しています。

※GD中にもっとも注意すべき五箇条
-目立つべし ←議論中ずっと黙っているとあなたの良さが伝わりません。
-人の話を聞くべし ←試験官はあなただけの意見を聞きたいんじゃないんです。
-発言に理由を持つべし ←たまに、「何となく~がイイ」って人がいるんですよね。
-時間内に結論を出すべし ←社会人はどんなことがあっても約束を守るんだ。
-視野を広くすべし ←常識の範囲内の答えなら、議論をする意味がないからです。


2.経験を踏まえたオレ流戦略!!

ここからは「私」を使ってシュミレーションしていきます。

先ほども述べたようにGDで大事なのは、自分の役割を認識して的確に動けるか!?です。実際、私自身も就活生のときに「オレの役割って何だ!?」って疑問にあたりました。ある自己分析によると長所:要領がいい。短所:創造性に乏しい。…笑でした。結局、機転の利いた意見をだすのが下手だったので、リーダーとして統括力をアピールすることにしました。

・GD本番に準備していたオレ流戦略(一部抜粋)
-GD前にあらかじめたくさん話して社交性をアピール(リーダーになりやすくするため)
-基本的流れを用意。Ex.時間配分→ブレスト→意見をグループ分け→意見を戦わせる。
-マーケティング本で軽くフレームワークのお勉強。(SWOT分析や3C、4Pのあたり)
などなど

私は、いつも難しいことはみんなに振って、自分はファシリテーターに徹していました。
ここで一番言いたいことは、やはり自分の役割を見つけるということです。僕みたいにリーダーをやるのもいいし、頭のいい人なら意見出しに専念するのもいいです。それが評価されればきっとGDは通過できます。


結びに

私の意見として、就活はやっぱ慣れです。そしてGDもまたそうです。

「どういうお題があるの?」「東京の学生は強い」「空気の読めないやつの対処法は?」など、たくさん疑問があると思いますが、やっぱGDは回数がものをいいます。本番で失敗したくないなら事前に練習を重ねるべきです。

そこで手前味噌になりますが、11/18(金)のネクリンGDセミナーにぜひ足を運んでください!!

きっと何かいい収穫がありますよ!!


【注意】あくまで、いち就活経験者の体験談であることにご留意ください。 

 

 

 

 
おはようございます☆ヒルッチa.k.a金髪グリーンです。

ただいま面接セミナー②を実施中なんですが、就活生の成長ぶりに驚いているし、素直に嬉しいです。とくに6月、7月から見ている学生は余計それを感じます。
ただ、もちろんまだまだ伸びしろはあると思うし、それを感じる場面も多々あります。

我々のセミナーは本日の面接セミナー3日目、それから1月22日、国際センターでの「内定者合同説明祭」で終わりとなります。残り2回、我々も全力でぶつかりますので、皆さんも全力で答えて、各々の就活を加速させていってくださいね!


さて、では本題へ。今回はGDについてですね。

僕は
①GDのポイント
②司会のススメ
の2段構成で書いていこうかなと思います。

では①GDのポイント
御幣を恐れずに言えば、落ちないためのポイント。みたいなことを言います。

就活が結婚に例えられるなら、GDは合コンかなと、僕は思います。
合コンで出会ったけどもう2度と会いたいと思わない人≒GDで落ちてしまう人だと思ってください

どういう人だと思いますか?
あ、念のためですが僕が合コンばかりしているわけではありませんからね☆

僕が考えるに、上の式に当てはまってしまう人は
A)ほとんど発言しないで、どんな人か全然わからない人
B)目立とうと思って自分論全開、妄想全開で人の話を全然聞かない人


の2つが主かなと思います。
私はイケメンじゃなきゃ嫌、なんて意見は聞きませんよw

もしA,Bに当てはまるかも、と思ったら是非改善してみてください。
企業の個別説明会に行くとグループワークなるものが用意されていることが多いので、そこで色々試してみるといいと思います。

まぁ①を簡単にまとめると
not KYで発言しろ!
といった感じです。


では②司会のススメ。

就活中にGWやGDを経験して、それから今年GDを見る側に立ってみて、司会(リーダー)を自らやろうとする人がメチャメチャ少ない、と感じました。

なので皆さん司会をやってください。
特別なことをする必要はありません。

僕はいつも司会役をやっていたんですが、そのとき心がけていたのは
A)皆に平等に発言させること
B)誰かが発言したら、それに対して「つまり・・・ということですね?」と意見をまとめること


これだけです。
これを心がけていると、皆が自分に向かって発言していることに気づくと思います。

そして簡略化した各々の意見(「つまり・・・ですね?」の・・・の部分。)をまとめあげていけばチームとしてもいい答えが出ると思いますよ。

こちらも一朝一夕ではやるのが難しい人もいると思いますので、説明会でのGW等で練習してみてください。



僕の意見としてはこんな感じですかね。

もっと突っ込んで聞きたい人は個別にお尋ねください。

では本日セミナーでお会いしましょう! 

 

 

 

 
どうもハヤテです。
いきなり告知!
1月22日に仙台国際センターで内定者合同説明祭を開催します!
面接・GD・ES添削・内定者訪問などなど。
是非お越しください。

詳細はhttp://nextlinkage.web.fc2.com/gousetsu.html

ふ~。
さて本題。

GDですが、私は2社だけありました。
ちなみにテーマは、
『家庭科・音楽・体育・美術の中で、人生を豊かにするのはどれか』
『その企業をより使ってもらうためには?』という内容でした。

前者は難しかった…イメージしにくいですし…ただ、ほとんど発言できなかったので、受けた段階でダメだろうなぁ~と感じました。
逆に後者は具体的なテーマだったので結構発言できましたし、まとめ役もやってたので、いけるんじゃないかなと感じてました。

最近、GDを見る側になって確信した事ですが、とにかく話さないとどうにもならないという事。印象にも残らないし、採点しようもない。イイのか悪いのかもわからない。

具体的なアドバイスは他のスタッフに任せますが、
とにかく発言する!自分の考えをしっかり出す!
コレ以外には何もないと思います。
ディスカッションですから、テクニックなんてあって無いような物ですし。


就活は企業とのマッチングです。
ディスカッションは面接と同じように、自分らしさをしっかり出す事が重要。
また面接以上に考え方とか人間性が出るので見られると思います。

しっかり自分の考えを発言して落ちたら、
自分の実力不足、もしくは相性が悪かったと思うしかないと思います。

とにかく自分の意見をしっかり発言する事。
コレに尽きますね。


最後にGDとは関係ないですが2点。
①就活はゴールではありません。
人生のゴールを目指す過程、ルート上に就職、働く事があるはずです。
②消費者としての『好き』と仕事としての『好き』は違うはずです。
私は個人で株式投資を好きでやってますが、仕事にはしたくないですし…

この2つをしっかり考えて欲しいと最近思います。

では次回!あと何回ブログ記事あるかなぁ~。
 

 

 

 

 
どうもこんにちは、もりすぃです。

新年明けましておめでとうございます。
今年もどうぞよろしくお願いします。

さて今回のテーマは「GDについて」です。
GDは4、5社くらい受けましたが、特に覚えている1つを挙げてみます。

テーマ:格差を無くすにはどうすれば良いか話し合って下さい。

「格差について」というお題だけ与えられて、あとは本当に自由というGDでした。
単に格差といっても、所得格差、男女格差、情報格差…など色々あります。
まず何の格差について話し合うかから決めなければならず、俺の時は確か「選挙の一票の格差」について話し合いました。
俺は政治が大の苦手分野なので、この時はほとんど発言できずに落ちましたorz

以上のような経験から、ここからは俺がGDについて思っている事を書きます。
(あくまで個人的見解なので、一般論と違う事も言います。ブログに一般論書いても面白くないし意味ないと思うので。なので叩かないでくださいw)
基本的にGDは「どうでも良いテーマ(どんな答えが出ても良いテーマ)」を扱う事が多いです。
じゃないと議論の余地が無いですからね。
したがって、GDに正しい解答はありません。
答えが自由であれば、その過程も自由です。
それであれば、序盤に自分の得意な分野・方面で話を展開できるように流れを作るべきだと思います。
(上の例では出鼻の流れを持っていかれたので、結局最後まで自分を出せずに終わってしまいました。)
必ずしもリーダーとして司会進行を務める必要はありません。
「○○の視点から考えるのはどうですか?」くらいに序盤でどんどん提案できればOKです。
自分の事前知識がある方面で議論を進める事ができれば、話題についてより建設的な意見を言えるのではないでしょうか?
少し卑怯と言えば卑怯ですが、俺は口ベタで得意分野についてしか喋れないので、上の失敗経験以降はこのようなやり方をとっていました。
ただし、得意分野だからといってベラベラ喋り過ぎるとダメらしいです。
皆の意見も聞きながら、ぶつかったらうまく調停できる事をアピールしましょう。

あと、GDには代表的な役割として司会進行、タイムキーパー、書記、発表者などがあります。
司会と発表者は外から見ていても目立つし印象に残ります。(良くも悪くも、ですが。)
全体を見渡す自信があるならば、ぜひ積極的に買って出るべきでしょう。
タイムキーパーと書記は一見地味ですが、うまくやると高評価を得られるみたいです。(俺はやった事なくて詳しくないのでここでは割愛。)
必ず何かひとつの役割を持てるよう、率先して動いて下さい。
何も役割が無いとマイナスイメージですからね。


こんな感じですかねー。
いつも思うんですが、考えてる事を文字で伝えるのって難しいです。
俺に文章力が欠如してるだけかもしれないですがw


それでは、また。 

 

 

 

 
あけましておめでとうございます。よっしーです。
ネクリンのセミナーも残りわずかとなりましたが、精一杯就活支援を行っていきたいと思いますので、今年もよろしくお願いいたします。

それでは本題です。
今回のテーマは「GDについて」です。
メンバーが体験談や、セミナーで皆さんを見ていて感じたこと、GDをする上でのアドバイス等々をしていきます。
GDをやる際に参考にしてみてくださいね。


それでは自分の場合。
まず、経験談をいうとGDを受けたのは3社でした。
GDのテーマは
①「10人の中から、5人を選出するとしたら誰を選ぶか?」
②「win-winな関係を作ることを条件として、わが社は何業界と提携して行くのがよいか?」
③「(15カ国ほどのリストがあって)わが社はどの国に進出していくのがよいか?2カ国選んで下さい。」
というものでした。

①は設定が『地球が滅亡することになり、10人が選ばれ火星に逃れることになったが、火星にいける人数が5人であった。そのため、リストにある10人の中から5人を選んでください』
というようなものでした。(詳細はあいまいです…)そのリストには性別、年齢、職業が書いてあり、それを元に様々な視点から誰を火星に行かせるべきかを話し合いました。
事前知識は要らず、誰でも話に入っていけるテーマだと思います。

逆に②③に関しては、ある程度その会社の知識を持っていることが前提でした。GDではその業界や企業のことを知っていないと話し合い自体に中々参加できないこともありますので、注意してくださいね。


次に自分がGDで大事だと思うことを書きます。
ここからは私の見解になるので注意してください。

GDで何が見られているかというと、企業によっても違うかと思いますが、「その人がチームの中でどのような役割を果たすのか?」ということだと思います。
つまりは、社会人になって組織で働くにあたり、「その人がチームの中でどのように貢献できるか」が見られているのだと思います。

なので、色々と役割(司会、書記…etc)はあると思いますが、どれだけチームに貢献できたかを面接官にみせることがGDを通過する鍵になると思います。
そのため、まず必要となることはしゃべること。GDを外から見ていて思ったことは、ただの聞き役になっている人が多いことです。
ただ聞いているだけでは、そのチームに貢献したことにはなりませんし、面接官からしたら評価のしようがありません。(つまりは、点数が入りません)
とにかく何か1つでも多くチームに貢献することを念頭において、GDに望むといいと思います。


最後に、注意点。
GDをやる際は、メンバー全員で選考を通ることを目指すのをお勧めします。
ディスカッションとはメンバー全員で意見を出し合い、1つの答えを目指していくものだと思います。
なので、自分ひとりだけが受かろうと必死になって突っ走ると、逆に目的からは遠ざかっていきます。(これでは、チームにとっても逆にマイナスです)
チーム全員で結論に向かっていく過程で、どれだけ貢献できるか。そこが勝負になると思います。



長文、乱文失礼いたしました。
もっと詳しく聞きたい方はセミナー時などで個別に聞いてください。
明日以降も他のメンバーがアドバイスをくれますので、楽しみにしてくださいね。
 

 

 

*Template By-MoMo.ka* Copyright © 2017 Next Linkage, all rights reserved.

Next Linkage

Author:Next Linkage
東北の就活生を応援する団体です。

ホームページはこちらです


Facebook:NextLinkage
Twitter:@nextlinkage

Script by Lc-Factory
(詳細:Lc-Factory/雑記)

このブログをリンクに追加する

QRコード

小さな悩みや相談など何かありましたら、気軽にこちらよりメッセージくさだい!可能な限りお答えしていきます!

名前:
メール:
件名:
本文:

就職活動応援ブログ HASH OUT!!
東北で最強の就職コンサルタントが、そのノウハウを綴るブログです。 ヒュームコンサルティングの代表者の方が運営しています。 ネクストリンケージメンバーの何人かも、かつてこの方の就活講座を受けています!

「税金まにあ」木村税務会計事務所通信
「税法は納税者のもの」をモットーに、わかりやすく丁寧に税務会計を解説しています。 メンバーの一人が親しくさせて頂いており、弊ブログについても応援して下さっています。 代表の木村聡子様は、事務所長である傍らエコノミスト誌「会社法革命」 の執筆メンバーであるなど、八面六臂の活躍をされています。 女性のキャリアについて興味のある方は、是非ブログをご覧下さい。

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。