ホームページはこちら→http://nextlinkage.web.fc2.com/
 

 

 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

 

 

 

 
どーも、カルロスです。
大好きな金木犀の香りがなくなってきて、冬の訪れをひしひしと感じている今日この頃です。しかも、まだ冬服を出していません。寒くて困ります。そんな最後の仙台の秋。

さて閑話休題。(←パクリ

今回は自己分析について。
そろそろ自己分析やらなきゃー!って思う時期なのでタイムリーですね。

みなさんはどのように自己分析をやろうと思っていますか?本買ってやろうと思っている人、そんなのやらないと思っている人、様々いると思います。もちろん、自己分析の方法は人それぞれで正しい方法もありませんし、やることが絶対ではありません。現に自己分析をせずに内定をもらっている人もいます。

しかし、個人的には自己分析はすべきだと思っています。(理由は後述)ここでは、私が去年やった自己分析法を紹介してみなさんの参考にしてもらいたいと思います。

紆余曲折、色々とありましたが最終的に行った自己分析方法は「時系列に沿って過去を振り返る」というシンプルなものでした。もちろん単に過去を振り返っているだけではありません。

簡単に説明すると、ノートの真ん中に線を引き左側に生まれてから今まで起こったことを時系列に書きます(ここでは余白を多目にとり後から書き込めるようにしました)右側には起こったことに対する自分の気持ちや今の自分から見た考えを書きます。これが私のやっていた方法です。

昔の出来事は忘れていることが多いので、家族に聞いたり小学校からの通信簿を全部見てみたりすると結構参考になります。特に通信簿は昔の自分を客観的に評価している唯一の資料だと思います。私の場合は結構役に立ちました。

さて、こんな方法をとった理由ですがこちらもシンプルです。それは「今の自分は過去の自分があってこその自分である」という考えに基づいています。過去の経験から今の自分はこういう考えをしているんだ!って言うのが一番説得力ありますよね。だってその人しか経験していない唯一の具体的な例なんだもの。

ちょっと固く書いてみましたが、上記のことを人と話しながらやるとより一層深く自分の過去を掘り起こすことが出来ます。2人以上でやる方が気が楽だし、1人でやるには限界があるからね。

物凄く長くなってしまいました。正直文面ではわかりづらいところがあると思うのでそこは直接聞いてください。HPのメールフォームからカルロスと話がしたいだとか、セミナーの際カルロスって誰?って聞いてくれれば対応します。この自己分析法には結構自信を持っているのでオススメです。

次のセミナーもすでに予約が多く来ています。来たいと思っている方は早めの予約をお願いします。ではノシ
 
スポンサーサイト

 

 

 

 
どうもハヤテです。
10月のイベントも終わって、11月のESセミナーの準備も着々と進んでます。
次回も是非来てくださいね!

さて本題。

自己分析の仕方ですが、なかなか難しいですよね…

とりあえず、去年のネクリンの自己分析セミナーに参加して、今年のようにワークをやって、なんとなく自分の性格を把握してました。
ちなみに去年は選択肢ではなく、HAPPYな事・UNHAPPYな事を書きだして、そこから自分の性格を見直してました。

あとは、何となく受けたい・入社したい企業&業界が決まってからですが、その会社に入りたい理由を考えました。
そうすると、結構共通点が出てきます。
そしてその共通の理由が本当に自分の求める事かを考えていました。

他には、自己分析ではないですが『他己分析』はオススメです!
自分では気づいていない自分が見えますし、
大学の友達以外にも、家族やバイト先の人とかから聞く事で、
より自分の事がわかるんじゃないかと思います。

2つ目の方法はあくまでも「きっかけ」に過ぎませんが、こういうやり方もあると思います。

とにかく自己分析とは『自分を知る』事ですよね。
就活のための自己分析なら、
『何故・どう・どこで働きたいか。そもそも何をしたいか。』
『働く』とは?という問いを自分に投げかけ、
その答えに合う企業を探す事が就活なのかと思います。

それと自己分析は最後まで終わらないものです。(死ぬまで終わらないんじゃないかな?)
就活後半になっても、時間がある限り考え続けて、後悔しない選択をして欲しいです。

では今回はこれくらいで。 

 

 

 

 
こんにちは!
いつでもどこでも腹痛☆ちーです!
前回の自己分析セミナーは楽しんでいただけましたか?

私の自己分析を振り返ると…
去年の今頃は自己分析に苦闘していました。
周囲に「やれ」って言われる程、
マニュアルばかりを気にして本当に必要なことまで届かなかった気がします。
マニュアルなんて無く、自分のやり方で良いのですよ。
自分不思議発見!の旅です!

以下、私の自己分析の一例です。参考になれば!
・なぜ私は3年半も同じバイトを続けているんだろう?
 →笑顔を共有できるし、仕事を後輩に教えるのが好き。
・5人兄姉の末っ子としてどんな気持ちで生きてきただろう?
 →幼少の頃は嫌われたくなくて目ばかり気にしていた。仲良しな家庭環境が好き。
  下にいないから後輩が大好きなのかも!
・陸上ばかりしてきたけれど、ソフトボールサークルの方が楽しかった。
 →単純に個人競技より団体競技が好き。

結果、「人に囲まれ、笑顔を共有したい」人間がベースになりました。

自己分析は、やはり具体的エピソードが鍵だと思います。
あつ、私こんな人間かも・・・どんどん分かってくると面白いですよ!

では、GOOD LUCK!
 

 

 

 

 
自己分析の仕方、アドバイス@うさ

みなさんもうすぐ10月も終わりですね、いかがお過ごしですか?
さて今回は自己分析の仕方ですが・・・・・
正直言って僕は就活中にあまり自分で「自己分析をやるぞ!」って
決めて自己分析をしたことはありません。
*先輩や仲間とのディスカッションや選考を通して自分の意見を考えて
表現するうちに、自然と自分はこういう人間なのかも・・・って分かってきました。


「選考やディスカッションで必死に考えて自分の意見や考えを持ち、それを表現する」→「自ずと自分の傾向が分かってくる」ということです。

みなさんもこれからどんどん実感してくると思います。

あと一つみなさんに僕からアドバイスしたいことがあります。
それは「思い込み」についてです。就活における「思い込み」とは、
自分は絶対この業界に向いているとか、絶対こういう性格だ!
などと決め付けることと定義しておきます。
この「思い込み」は本当の自分と合致していれば相当強力な武器になると僕は思ってます。
何故なら誰よりも自分がその企業や業界に行くことを信じて疑わず、必死に自信を持って取り組むからです。しかし、その「思い込み」が実際の自分に合わない業界や、本当の自分とは違う性格を想定していたら・・・とても恐ろしいです。
入社したら全然自分と合わなかった、というのが一番恐い。
だからこそ安易な思い込みは止めた方が良いと思います。様々な業界を見て、社員とたくさん話して、仲間や先輩と討論を繰り返し、必死に悩み表現して・・・・・それを繰り返すことで、「自分」が分かってくるのかもしれませんね☆

また取り留めの無い文章になってしまいましたがw
みなさん頑張ってください!
 

 

 

 

 
こんにちは、ヒルッチです。

もりすぃ同様、僕も色んなところで「ブログ読んでます」の声をいただき、嬉しい限りです。


さて、今回は自己分析についてですね。

具体的なやり方の前に、僕なりにアドバイスをさせてもらうと「自己分析は、自己PRを考えずにやってください」(特に自己分析があんまり進んでない、という方向けですが)

理由はいくつかあります
・人に話せそうな出来事しか振り返らなくなっちゃう
・人に良い印象を持ってもらいたい余り、過去の経験を美化してしまう
・自分にはネタがないし・・・等と、自己分析が苦痛になってしまう

等ですかね。ですので、今の時期から企業にバンバンESを出していく!って人以外は、今は自己分析だけに集中してみてください。

では、自己PRを考えない自己分析とはどのようなものか?


僕は就活生にこの話をするとき、よく麻雀の例えを出します。
麻雀の話なんて自己PRではしなそうですよね?

僕は麻雀をするときはTVや音楽を消してもらわないと気がすまないんです。
なんでかなーと思っていると、「あ、そういえば電話をするときもTVを消したりする」と思い出したりします。
もしかして、自分は一つのことに集中したいとき、他をシャットアウトしないとダメな人間なのかなー?と考えたりしてると、確かに自分は色々タスクが溜まっているとき、一つ一つ書き出して、タスクを一つこなしてはメモから削除していくなーというところに気づきます。(同時進行はしません)

そしたら、自分は社会人になっても、そうやって溜まったタスクを片付けていくんじゃないかな?って考えますよね。
そしたらこれをPRすればいいんです。麻雀の話から自分の仕事スタイルまで飛躍できました。


他にも、例えば喫茶店とか友達の家などで、自分はいつもドアの近くに座らないと気がすまないんだよなー。という一面があるとします。
こんなことも自己PRでは言わなそうですよね?

でもこういう一面があることを知っておけば、GDや集団面接などで、自分がどこに座ると自然体で力が発揮できるか。ということを理解できていることになり、自信になりますよね。


こういったいつもの自分。遊んでいるときの自分とか、無意識で行動している自分をどんどん分析していってください。
そうすれば自己分析が楽しくなってくると思いますよ。



では明日以降の記事も楽しみにしていてくださいね~ 

 

 

 

 
どうもこんにちは、もりすぃです。

最近よく就活生の皆から
「ネクリンのブログ見てます!」
って言ってもらえてすごく嬉しい限りです。

いつも見てくれてありがとうございます。
頑張って更新していくので、これからもよろしくお願いします。


さて今回のテーマは『自己分析について』です。
自己分析の必要性って、今の段階では分かりづらいかもしれません。
先日のネクリンの自己分析セミナーに参加してくれた方は聞いたと思いますが、
自己分析は『自分の特徴や強みを相手(企業)に伝えるため』に必要なものです。

学生生活で自分がやってきた事を振り返って深堀りしていくと、必ず自分の特徴が見つかります。
例えば、俺の場合だと
(カッコ内はその時思っていたこと)

●1年ほどダイニングバーでアルバイトをしていた

●自然とお酒やカクテルの知識がついて、興味も深まってきた
(お酒は奥が深い、だからもっともっと知りたい!)

●自宅にもリキュールやスピリッツを集めるようになる
(集めるとやっぱりお金はかかるけど、好きだからつい買っちゃう)

●自分1人で飲む以外にも、友人にカクテルを作って振る舞ったりした

●自分の作ったカクテルを飲んで、友人が美味しいねと笑ってくれる
(=俺が幸せを感じる瞬間)

こんな感じです。
これを志望動機っぽく簡単な文章にしてみると

「私はお酒で友人に笑顔を与える事が好きです。なぜなら…(上記の経験を語る)。なので、私は御社で大きなコミュニケーションツールでもあるお酒を扱い、人々に幸福を与えていきたいと思います。」

俺は内定先のビール会社でこれを志望動機の一部として言ってました。
自分の経験と絡めて、お酒が好き(自分が飲むだけじゃなくて、人に飲んでもらうことも)って事をアピールしたので、割と説得力があると自分では思ってます^^;

こんな風に、自分の特徴を自分の経験と絡めて伝えるには、自己分析が必要ですよね。


ところで、就活生から
「自己分析をしたいけど、大学時代何にもやってなかったのでネタがない!」
って声をたまに聞いたりします。
でも、絶対絶対そんな事はないです。
俺自身も学生生活遊んでばっかだったからネタがないとか思ってましたが、
細かい出来事も突き詰めて考えていくと必ずネタは見つかります。
俺が細かい自己分析の結果編み出した、通称「ドケチエピソード」もこのブログの6/21の記事にあるので、よかったら見てみてください。

自己分析は結構やってたので、ネタ作りは割と得意です。
ネタが無くて困ってる方、俺でよければ相談に乗りますよ。

それではまた。 

 

 

 

 
どうも!よっしーです!

次回のES添削セミナーへの予約メールも続々と来ているようでうれしい限りです。
参加を希望される方は、定員もありますのでお早めに予約してくださいね!


さて、今回のテーマは「自己分析の仕方、アドバイス」です。
自己分析は人それぞれ多種多様です。
ネクリンメンバーもそれぞれのやり方があると思いますので参考にしてみてくださいね。


それでは自分のことについて
自分は正直、就活の前半部分で自己分析を怠っていました。
今でもそのことは後悔しています。

という前置きをしておいて(笑)
自分のやり方は自分が高校生~現在において幸せだったときと逆に不幸だったときについて書き出していました。
そしてその書き出したことについて、「なぜ」幸せだったのか?「なぜ」不幸だったのか?ということを書き出していきました。
このやり方はどこぞの企業でのインターンシップでやったものなのですが、このやり方は自分を知るスタートラインに立っただけではないのかなと思います。
さらに深く知るためには、その「なぜ?」を繰り返していくのが自分のおすすめです。

たとえば
幸せだったときは?→初心者だった子を一流まで育て上げたこと
なぜそれが幸せなの?→自分が相手に対して何かをしてあげるのが好きだから
なぜ~~が好きなの→・・・・・・


こんな感じで、どんどん「なぜ?」を繰り返していくと幸せだった時、不幸だった時でそれぞれ共通点が見つかるかもしれません)
(もちろんいろんなことから幸せ、不幸を感じる方もいるので一概には言えません。)
もし見つかったらそれはあなたの一つの幸せ、不幸を感じるポイントだと思います。
自己PRや志望動機、面接などで使っちゃいましょう!

長くなりましたが、もう一つアドバイス。
自分のことくらいどうして自分でわからないんだ、というような思いをもたれる方もいるかと思いますが、自分を知ることって難しいことだと思います。
そこで、ちょっと恥ずかしいですが他の人に自分の事を聞いてみましょう!
両親や友達、恋人などの親しい人からさらに、セミナーで会ったくらいのほぼ初対面の人まで。
前者では本来の自分、後者では第一印象での自分が表れると思います。
自分はそれを知ることで自己分析の助けになりましたよ。


以上です。
長文失礼しました~
それでは次の人をお待ちください。 

 

 

*Template By-MoMo.ka* Copyright © 2017 Next Linkage, all rights reserved.

Next Linkage

Author:Next Linkage
東北の就活生を応援する団体です。

ホームページはこちらです


Facebook:NextLinkage
Twitter:@nextlinkage

Script by Lc-Factory
(詳細:Lc-Factory/雑記)

このブログをリンクに追加する

QRコード

小さな悩みや相談など何かありましたら、気軽にこちらよりメッセージくさだい!可能な限りお答えしていきます!

名前:
メール:
件名:
本文:

就職活動応援ブログ HASH OUT!!
東北で最強の就職コンサルタントが、そのノウハウを綴るブログです。 ヒュームコンサルティングの代表者の方が運営しています。 ネクストリンケージメンバーの何人かも、かつてこの方の就活講座を受けています!

「税金まにあ」木村税務会計事務所通信
「税法は納税者のもの」をモットーに、わかりやすく丁寧に税務会計を解説しています。 メンバーの一人が親しくさせて頂いており、弊ブログについても応援して下さっています。 代表の木村聡子様は、事務所長である傍らエコノミスト誌「会社法革命」 の執筆メンバーであるなど、八面六臂の活躍をされています。 女性のキャリアについて興味のある方は、是非ブログをご覧下さい。

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。