ホームページはこちら→http://nextlinkage.web.fc2.com/
 

 

 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

 

 

 

 
お久しぶりです。魔神カルロスです。
魔神のくせに廃人化していたため、少々記事投稿をさぼってしまっていました。大変申し訳ないです。

さて、謝罪会見はこのくらいにして本題に入りましょうか~
今回はプレエントリーとその後ですか、では順を追って自分がやっていたことを紹介しましょう。

1、プレエントリー
プレエンは10月1日からできるようになったと記憶しています。前の記事で書いていた人がいましたが、プレエントリーは資料請求+極軽い意思表示みたいなものなので物凄く軽いノリでするべきです。情報を得る機会は逃してはなりません。
私の場合は10月初旬に知っている企業を中心に50社くらいプレエントリーしていき、徐々にその数を増やし就活を終える頃には計100社を超えていたと記憶しています。初めは知っている企業、徐々に業界が絞れてきたらその業界の企業を深く、、、とやっていったら自然と100社は超えていました。特にやりたいことがなかったので乱射した結果がこれです。まあ、数は重要ではないので参考にしなくていいですが、徐々に深くしていくところは重要かな。参考にしてください。

2、資料さばき
さあ、プレエントリーした。資料来た。でもさばききれない・・・。そんな日々が続きました。100社あれば相当な量の冊子が家に溜まります。私は特に資料には目を通そうとしませんでした。使うのは面接を受ける前にネタが無い時程度。ほとんどの資料はごみになってしまいました。今思うと優先順位をつけていくらか読んでおけば様々な業界についての知識が得られ、違った視点で見られたかもしれないと思っています。

3、エントリーと面接
そのうちでエントリーしたのは30社くらい、さらに面接を受けたのは10社くらいでした。4月からは業界を完全に絞っていました。自分にはここしかないと感じたためです。フィーリングって結構大事だと思います。

まあこんな感じです。
これだけでは理解しにくいと思った方は私に直接聞いてみてくださいね~
 
スポンサーサイト

 

 

 

 
どうも、まつです。
大多数の大学では夏休みも終わり、3年生は就活本格スタートですね。
自分の立場から振り返ってみると「もう一年経ったんだなぁ…」と
感慨深いです。
恐らく漠然とした不安感が強いんじゃないかと思う10月。
私たちも全力で皆さんを支援していきたいと思います!



閑話休題



【プレエントリー…60社くらい?】
電機・自動車という、事務系採用人数半減以下の業界ばっか見てました。
これは単純かつミーハーな理由で「自分が好きなモノを取り扱っている会社たちだった」ため。
もう少し幅広く業界を見ておけばよかったなーと思います。
特に金融にいたっては完全に食わず嫌いで説明会には一回も行かず
地元の地銀と77しかプレエンしませんでした。



【情報処理…めんどくさがらず、毎日チェック!】
就活サイトや企業に登録すると、頼んでもいないのに山のようにメールが来ます。
最初のうちは
「うはwwwあの有名な○○からメール来てるwww俺って就活してるwww」
みたいな喜びで収まるものも
恐らく11月以降になると
「一週間見なかっただけでナビメール100通溜まってるよ…」となる人もいるはずです。

・メールフォルダを業界別に作る
・いらないナビメールは即消す
・企業マイページのpassやIDはエクセルでまとめ、重要メールはフラグを立てておく

みたいなことをしておけばいいかなと。
私は11月にゼミ研修で海外に行ってましたが、帰国後、メールフォルダの惨状を見て
しばらく意欲が萎え切った思い出があります。



【ES提出…30社くらい?】
全体の8割以上をメーカーに出しましたが、提出の基準は
「業界」「規模」「年収」「成長性ある分野を抱えているか」でしたね。
ちなみに、内定先に目星をつけたのは

・グリーンニューディール政策と、これからの事業の流れがマッチしている
・製品・技術の新開発に対して極めてポジティブで、世にないものを作り出していく姿勢
・社員の人に変なプライド意識がなかったから

ですね、この会社に拾ってもらえてありがたいなーと思います。
11月にはネクリンでも「ESセミナー」を開催する予定です。

まずは10月のスタートアップセミナーにお越しいただければ、とっても嬉しいです。
ちと不便な場所ですが、皆さんのご来場をお待ちしております。



それでは今回はこの辺で。
 

 

 

 

 
どうもこんにちは、もりすぃです。
更新が遅くなりましてすみませんでしたー(>_<)

今回のテーマは【プレエントリーとその後】という事ですが、
自分の事について書いていこうと思います。


●どんなきっかけでプレエントリーしたか?
僕の場合は当初どうしても行きたい企業があったのでその会社と、
他はとにかく名前を知っている企業を片っ端からプレエントリーしていきました。
プレエントリーの時点では業界は比較的幅広く、全部で100社程度でした。
(時期的には10月に60社、11月に30社、12月に10社って感じだったと思います。)


●企業からの情報をどうさばいたか?
まず、企業から送られてくる採用HPのIDとPASSは、メールが届いた時点ですぐにどこかにメモしてください。
放置しておくと、後からIDとPASSの書いてあるメールを探し出す作業はかなり骨が折れます。
あと1日20~30通はメールが届くようになるので、僕の場合は重要なメールはカラーラベルをつけて管理してました。

また郵送で送られてくる資料についてですが、少し留守にしただけで郵便箱がいっぱいになって全部見る気がなくなるので、僕は届いた時点では正直ほとんど見ませんでしたw
もちろん説明会が近づいたらその企業について調べるという意味で目は通しましたけども。


●どう絞っていき、最終的に何社くらいESを?
プレエントリーした企業の説明会に参加したり自分でHP等で調べていくうちに、興味の無くなってきた業界はまずカットしていきました。
そして残った業界の中で、実際に働いている社員の話など聞きながら、自分が40年働いて面白そうな企業を選んでいき、最終的にはESは30社出しました。

それから個人的見解ですが、どの業界を受けるにせよ、業界1位の企業にはESを出した方が良いと思います。
というのも、企業の面接では
「ウチ以外にも、●●(その業界1位の企業)のESは出した?」
みたいな事を聞かれたりします。
その時に「出してません」と答えると、その業界に興味が無いんじゃないかと思われて微妙に気まずい思いをすることがあります。
もちろん正統な理由があるなら出さなくて大丈夫ですが、特に何も無いなら業界1位の企業にはES提出する方向で考えてみてください。



僕の場合はこんな感じでー。
来週からプレエントリーも始まるので、明日以降のスタッフの話も参考にしてみてください。

それでは、また。 

 

 

 

 
こんばんは!よっし-です。


もうすぐ10月ですね><
そろそろ就活も目の前に迫ってきてどうしようかと考えている方もいるんじゃないでしょうか?
ネクリンではそんな皆様をサポートしていきますので、ぜひぜひ活用してくださいね♪

さて、今回のテーマは「プレエントリーとその後」というわけですが、10月1日からは各就活サイトがオープンして、企業もどんどんプレエントリーの受付を開始します。
中には、ある1つのサイトでしか受け付けてないなんていう企業もあるので、とりあえず有名なサイトには登録しておきましょうね!


それでは自分のことについて。

・どんなきっかけでプレエントリーした?
自分は、少々あほなやり方ではありますが業界地図を手にとって、少しでも興味のある業界ならば、その業界に乗っている企業をどんどんプレエントリーしていきました。
このやり方の利点は、この業界でこの企業エントリーすんの忘れてたーってことがないことだと思います。
このやり方で総プレエントリー数としては100社ちょっとだったと思います。
それにプラスして、合説で直接はなしを聞いて興味を持った企業にちょこちょことしていった感じです。

・企業からの情報をどうさばいたか?
プレエントリーをたくさんすると、メールなどが大量にきて、情報量が大変なことになります><
そのため、すべてに目を通すことは難しいんじゃないかなーと思います。
自分もひるっちと同じように、タイトルをみて重要そうなものだけチェックしていました。
いらないものの中に重要なメールが埋もれてしまわないように別フォルダに振り分けて管理するのが良いと思いますよ!

・どう絞っていき、最終的に何社くらいESを?
最終的にBtoBを基本としたビジネスを行っている会社に勤めたいと思ったので、そのような企業に絞っていきました。プラスで、実際に社員さんと話して自分がやりがいを見いだせそうか?ある程度の働きやすさがあるか?などを判断材料としていました。
最終的には30社程度ESを出したと思います。

説明会やOB訪問などでその会社の社員さんと実際に話をしてみると、感覚的にその会社が自分に合う合わないを感じてしまうことがありました。
自分はこの感覚を大事にしていましたよ。


自分はこんな感じでした。
他の人の記事も参考にしながら10月1日以降、エントリーしていってみてはいかがでしょうか??
それでは!
 

 

 

 

 
こんにちは!ヒルッチです。

9月ももう終わりますね。僕は去年の今頃、夏休み最後、次のセメスターからは就活だから充電しておこう!と思って1泊4日でディズニーに行ったのをよく覚えていますwそして帰ってきてすぐTOEICを受けて、試験途中に眠気がすさまじかったことも・・・www

さて、今日からは「プレエントリーとその後」と題して、どんなきっかけで何社くらいプレエントリーしたか?企業から来る膨大な情報(メールや資料等)をどうさばいたか?途中からどうやって絞り、最終的に何社くらいESを出したか?などについて書いていこうと思います。

10月からは各就活サイトがオープン、そしてサイト上で各企業がプレエントリーの受付を始めます。

是非記事を読んで10月以降に備えてください。


では僕の経験を。

・どんなきっかけでプレエントリー?
僕は行きたい業界、企業は定まっていなかったため、とにかく知っている企業を検索、プレエントリーを繰り返しました。そしてその企業からリンクされる関連企業に飛び、その業界の知らなかった企業、その業界での各企業の順位などをチェックしながら、色々な業界を浅くではありますが把握していきました。プレエントリー数としては100社前後だったと思います。

そもそもプレエントリーとは「あなたの企業にちょっと興味がありますよー、だから何かあるようなら僕にも連絡くださいね」程度のものなので、気楽にドンドン行ってかまいません。

ですがこれだけで終わってほしくないですねー。

就活サイトは、ある企業を検索すると、"関連企業"だとか、"この企業を見た人はこんな企業も見ています"など、多くの企業がリンクされます。それを利用して、各業界の知らなかった企業等をどんどんチェックしていくといいんじゃないかなーと思います。


・企業からの情報をどうさばいたか?
 まずメールに関して。就活サイト等のメールボックスは毎日見ていましたが、全部のメールに目を通さず、タイトルから明らかに重要だと思われるものだけをチェックしていました。
年が明けると、個別説明会、ESの締切、などの重要メールが増えるので、フリーメール内でフォルダ分けして管理していました。
 次に資料に関して。毎日のようにアパートのポストに企業からの資料が来るようになりますが(プレエントリーした企業等から)、これも全てに目を通すのは大変なので、その業界の1位と5位くらいの企業の資料だけ目を通し、そのとき感じた疑問、質問を説明会のときにその他の企業にも聞いてみようと考えていました。


・どう絞っていき、最終的に何社くらいESを?
僕の中で「定年まで転勤を繰り返す」っていうのが嫌だったので、それに明らかに反してしまう企業はカットしていきました。最終的に出したESは15社くらいだったと思います。

多くの企業の中から、受ける企業を絞っていかなくてはならない。その中で自分の軸が大事という話をこれから先何度も聞くと思います。(面接で尋ねられることもあります)
「これがやりたい!こんな生き方をしたい!」という軸も大事ですが、「これだけはゼッタイに嫌だ」という軸も必要だと僕は思います。



さて、こんな感じでしょうか。

ブログだと書くことを色々端折ってしまうので、伝わりにくい点も多いかもしれません><

ですがイベントに来てもらえれば時間の許す限り、色んな話が出来るので是非10月以降のイベント、奮って参加してもらいたいです。

では明日からの記事も楽しみにしていてくださいね~! 

 

 

*Template By-MoMo.ka* Copyright © 2017 Next Linkage, all rights reserved.

Next Linkage

Author:Next Linkage
東北の就活生を応援する団体です。

ホームページはこちらです


Facebook:NextLinkage
Twitter:@nextlinkage

Script by Lc-Factory
(詳細:Lc-Factory/雑記)

このブログをリンクに追加する

QRコード

小さな悩みや相談など何かありましたら、気軽にこちらよりメッセージくさだい!可能な限りお答えしていきます!

名前:
メール:
件名:
本文:

就職活動応援ブログ HASH OUT!!
東北で最強の就職コンサルタントが、そのノウハウを綴るブログです。 ヒュームコンサルティングの代表者の方が運営しています。 ネクストリンケージメンバーの何人かも、かつてこの方の就活講座を受けています!

「税金まにあ」木村税務会計事務所通信
「税法は納税者のもの」をモットーに、わかりやすく丁寧に税務会計を解説しています。 メンバーの一人が親しくさせて頂いており、弊ブログについても応援して下さっています。 代表の木村聡子様は、事務所長である傍らエコノミスト誌「会社法革命」 の執筆メンバーであるなど、八面六臂の活躍をされています。 女性のキャリアについて興味のある方は、是非ブログをご覧下さい。

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。