ホームページはこちら→http://nextlinkage.web.fc2.com/
 

 

 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

 

 

 

 
(クチバ・経済・学部4年・男・生保内定)


どうもこんにちは!クチバ@チョコレートはGABA派です。


さてさて、「就活中ってお金かかりますか?」という質問をよく聞かれるので、
私が就活にかかった費用を公開したいと思います!

今回紹介しますのは、
「夜行バスで東京の会社の社員さんを訪問した場合」のモデルケースです。

<注意:費用等は去年のものです。
原油高等により若干変動している場合がありますので、ご自身で確認してくださいね!>







記号意味
交通機関
徒歩

※23:40 仙台営業所

(東北急行バス 3900円)

※5:00 八重洲口バス停


東京駅

(中央線 190円)

JR新宿駅
▼ ムーパ新宿西口店 480円

▼ マクドナルド 380円

【某企業の社員訪問】

▼ 昼食 450円

JR新宿駅

(中央線 190円)

東京駅

▼ セブンイレブン 443円

※17:00 八重洲口バス停

(東北急行バス 3900円 )

※22:00 仙台駅



費用合計 9933円


今回は1万円以内に収まりました。
結構食事とか切り詰めたんですが、やはり1万円近くはかかってしまうようです。
余談ですが、ネカフェは「メールチェック」や「日経新聞確認」といった目的のために、
必須の出費でした。 
スポンサーサイト
テーマ * ■就職活動 ジャンル * 就職・お仕事

 

 

 

 
(クチバ・経済・学部4年・男・生保内定)


クチバ@セブンイレブンのおでんの味を研究しています。


さて、今日は仙台国際センターにて合同説明会が開かれました
東北大向けの合同説明会にもかかわらず、多くの就活生が訪れていました。
自分も去年はそうだったなあ・・・と、懐かしく思えました。

僕は自分の内定先の会社のお手伝いとして、ブース設営からパンフレット配りまで
やらせて頂きました。
プレゼン中は「内定者からのアドバイス」ということで、少しばかり話させて頂きました。

肝心のブース来場者ですが、
大量にあったパンフレットやオリジナル手帳(マジで人気だった笑)が、
17時頃にはほぼ無くなってしまうという人気ぶり。
後輩が自分の会社にこれほど興味を持って頂いていることに感動しました。

今回は2日間にわけて開催されます。
今日明日合わせても、たくさんの会社が出展します。
自分もそうでしたが、はっきり言って情報の海に溺れてしまうと思います。

ですから、合同説明会は気楽に参加しましょう!
単純に興味があるかどうかを知るだけで良いと思います。

合同説明会=ウィンドウショッピング

ってな感じで、いろんな会社の社員さんの話を聞きましょう! 

 

 

 

 
(クチバ・経済・学部4年・男・生保内定)


今朝ニュースを見ていましたら、
「旭日小綬章、受章」というフレーズがありました。

読み方はきょくじつしょうじゅしょう、じゅしょうです。
もし庄司翔(しょうじ・しょう)さんが受章した場合は、
「庄司翔、旭日小綬章、受章」になり、
しょうじしょうきょくじつしょうじゅしょうじゅしょうになり、
もし旭日商事という会社の会長だったら・・・

あ、どうもクチバです。


さて、今日は前回のセミナーの裏話を。

前回は大学の教室を借りて開催したわけですが、
教室というところは往々にしてゴミが落ちています。
授業が終わった後ということもあり、床には様々なゴミが。
スタッフは会場設営を終え、雑談をしている最中でした。

そんな中、進んでゴミ拾いをするセピアの姿がありました。
その姿勢に、私は感動しました。

彼は式場でのアルバイトをしており、ことさら目が行き届くのでしょう。
しかし、イベント運営側が持つべき「おもてなしの心」であるのは確かです。
私は口には出しませんでしたが、今後の教訓にする次第であります。

「おもてなしの心」を忘れるということは、顧客軽視に繋がります。
せっかく時間を割いてまでセミナーにお越しくださったのですから、
しっかりとおもてなしをしたいものです。

話を発展させると、このような「おもてなしの心」というものは、
「総合職」にこそ求められるものなのではないか、と感じます。
おもてなしの心なくしては、部下もついてこないということです。 

 

 

 

 
(クチバ・経済・学部4年・男・生保内定)



どうもこんにちは。ソファで読書をしていて、そのまま眠ってしまうのが好きなクチバです。


さて、今回はオススメ就活ソングをご紹介。



今、ぼくのいる場所が 探してたのと違っても

間違いじゃない きっと答えはひとつじゃない




この歌詞で、もうおわかりの方もいると思います。
我々の世代が、彼らと共にありましたからね。


大学入試時、僕はこの曲を聴くと、不思議と元気が出てきました。
それ以来、何かある毎にこの曲を聴いています。


また、車の中で聞くと
「交差点 信号機 排気ガスの匂い」
の部分が、眼前の風景と重なって、
まるでPVを見ているような感覚になります。
ぜひとも秋のドライブで聴いてほしい曲です。

それではご紹介致しましょう、
Mr.Childrenで『Any』です。



 

 

 

 

 
(クチバ・経済・学部4年・男・生保内定)


どうもこんにちは、ハシッテホシーノの馬主です。
嘘です。


さて、就活をしている後輩の方々を見ていますと、
いろいろな人に出会い、共に闘った日々を思い出します。

就活は全体的に楽しかったのですが、
やはり辛い時期もありました。
その中でも一番つらかったことといえば、
やはり「答えがないこと」ではないでしょうか?

大学受験までは、あらかじめ答えの用意されている問題を
ひたすら解いてきました。
大学に入った後でも、暗記するだけで期末試験は突破出来ました。
そんな私は、答えのないものに挑むことに慣れてなかったのです。

「自分の長所は○○だ」という答えに辿りついても、
「私はそうは思わない」などと先輩や友人に言われると、
「これは答えと違うのか・・・」とグラついてしまいました。
自分の進むべき業界についても、コロコロと変わった時期もありました。

結論から言ってしまえば、答えなど無いのですから、
自分の信じた道を進むべきです。
しかし、「答えのないこと」に恐怖を抱く人にとっては、
絶対的なものを求めようとしてしまいます。

そんな艱難辛苦を乗り越え、4月初めには就職先を決定しました。
おそらく、人生で初めて自分なりの答えを出した瞬間でした。
その決断に至ったのは、「就活は単なる過程にすぎず、
どの道を進んだとしてもゴールにたどり着ける」という結論に達したからです。

私は早く就活を終えましたが、中には今夏までズルズルと続けてしまい、
かなりの労力を費やした人もいました。
それ自体は悪くはないのですが、内定のための就活になっているように
思えます。本当に大事なことは、「ゴールにたどり着く」ことです。

話が逸れましたが、私は就活を経験することで、
自分なりの答えを出すことを学びました。
就活生の方々も、自分なりの答えを見つけ、
自分を磨いてみてはいかがでしょうか? 

 

 

 

 
(クチバ・経済・学部4年・男・生保内定)



どうもこんにちは、クチバ@明けない夜は無いと思います。


さて、もうすぐ合同説明会が始まりますね!
企業の方々がわざわざ新幹線で来て下さるわけですから、
これは参加すべきです

合同説明会でのアドバイスはほかの内定者からもあると思いますので、
僕は「人事への質問」に絞って話したいと思います。

僕が就活生だったあのころ、ほかの就活生の質問で
ひとつ気になることがありました。

ズバリ、「御社の福利厚生はどうですか?」という質問。
より詳しく書くと、「どうなんですかぁ~?」みたいな(笑)

確かに福利厚生が重要なのはわかります。
「仕事人間になりそうよね」と言われた男ならなおさらです。

しかし、「これから働くぜ!」と意気込んで入社すべきはずの
新卒生から「福利厚生~」という言葉はないだろう!と思ってしまいます。

会社側からみれば、「給料」やら「社宅」やらの質問より、
「御社に入って良かったことは何ですか?」とか、
「お客様に喜ばれたエピソードを教えてください」といった質問のほうが
良い感情を抱くのは至極当然です。

人事の方は優しいので、「福利厚生」について表面上は丁寧に説明してくれますが、
はっきり言って失礼な質問だと思いますので、避けたほうが無難です。

質問する場合は、露骨に聞くのではなく、
「ライフスタイル」とか「ワークライフバランス」といった言葉で
会話を装飾しましょう(笑)

 

 

 

 

 
(クチバ・経済・学部4年・男・生保内定)

こんにちは!
いつも早起きなクチバです。
さっそく自己紹介します~

ハンドルネーム:クチバ

学部:経済

学年:4年

性別:男

内定業界:生保

自分をあらわすひとこと:フォワード

出身:福島県

趣味:ゴルフ(専ら練習場で打ってます)

特技:早起き

最近ハマっていること:①掃除(自分の部屋をホテルっぽくしようかと(笑)
              ②ニンテンドーDS
              ③読書(つん読化してます)



(就活生へ)

就活中は、あらゆることを考えました。
それは自分の進みたい業界はどこか?であったり、
自分の長所は何か?であったり。
長い人生において、自分について考え抜くことは
とても大事だと思います。
就活は単なる通過点ですが、通過しない限りは
前に進むことはできません。
ぜひ、悔いのない就活をして下さいね!

それでは! 

 

 

 

 
8月  東京ビックサイトの合同説明会へ

9月  日経新聞を読む程度

10月 学内セミナーや合同説明会に参加。社長カバン持ちなども経験する。

11月 インターンのESを書く。合同説明会では幅広くみる。

12月 金融機関インターンに参加。模擬面接の練習をし始める。
    東京でのベンチャー系面接等にも参加する。

 1月 期末テスト勉強

 2月 ESラッシュ。社会人と接する機会が多くなる。

 3月 本選考が始まる。面接の回数は2回~7回と会社によって違った。 

 

 

 

 
<インターン用ESについて>
インターンの選考時に提示されるESは、簡単な設問が多いです。
「自己PR」
「学生時代に頑張ったこと」
「インターン参加動機」
これら3つが代表的な質問と言えます。
これらの設問は本選考でも問われますから、今のうちに練習しておきましょう。
さらに、完成したらいろんな人に見てもらいましょう。
友達、先輩、教授、親・・・と、様々な立場の人に見てもらうのが良いと思います。
ちなみに僕は祖母をはじめ15人の方々に読んでもらいました。

<インターン参加の有無>
会社によっては、「インターン枠」なるものがあるらしいです。
ただ、大方の会社は本選考から進めますから、気にしなくてよいと思います。
掲示板や風のウワサに惑わされないようにしてくださいね!

ranking
↑↑ メンバーの励みになりますので、このサイトを応援してくれる方は
    1日1クリック、ぜひお願いします

 

 

 

 

 
僕は学生団体に入っていましたので、
今頃はイベント集客とか営業とかをやっていました。
1日中働いていたので、とても充実していました。

ここからはアドバイスです。
「大学生活で一番頑張ったことは何ですか?」という質問があるとしましょう。
もし「バイト先で店長と良好な人間関係を築きました」とか、
「サークルで代表を務めました」という話しか思いつかないなら、
今からでも何か新しいことにチャレンジしてみると良いと思います。
というのは、バイトやサークルでの話というのは、どんな学生でもするネタであり、
数万人がエントリーする中で目立たせるのは至難のワザだからです。
それに面接時間はせいぜい15分ですから、個性的なネタのほうが試験官の記憶に残りやすいのです。ここからは経験談ですが、首都圏の学生は相当練ったネタを用意してきます。

夏休みも近いことですし、2ヶ月間海外にホームステイするのもよし、バイクで日本一周するのもよし。ただ肝心なことは、「それを経験したことで、自分がどう成長したのか」を説明できること。ただ経験しただけでは何の意味もないのです。 

 

 

 

 
「自己分析はしてません」
「けど、ノートにつらつら書き込んでました」

今年4月1日時点で、私の分析ノートはB7サイズ手帳で「7冊」分になっていた。
内容は、「自分は何が好きか?」、「長所・短所は?」といったものから、
「なぜ今の大学に入ったのか?」、「なぜ経済学部に入ったのか?」といったものまで幅広い。

これを自己分析と呼ぶのかもしれないが、就活ノウハウとしての「ジコブンセキ」とは一線を画したい、
という思いが当初からあり、書店に並ぶ自己分析の本(以下、ノウハウ本)は読まなかった。

自己流の分析をすることによって、私はうまく就活を進めることが出来たと考える。
ノウハウ本が「内定を勝ち取る」という目標を標榜しているのに対し、
私は「面接官に『自分』という商品をプレゼンする」というスタンスだった。

だから、社会人からの「生の」フィードバックを徹底したし、論理展開をフローチャート化した。
商品には短所が付き物だが、それをカヴァーできるような長所を用意した。
自分からは6割のアピールをし、相手に質問させる余地を残した。

就活中は、ノウハウ本の影響からか、自分のコアを一つに絞った人に良く出会った。
しかし、よく考えてみると、自分のコアが一つしかない人間ほど薄っぺらい人はいない。
一つの判断基準でしか行動できない人、と見ることもできる。
そういう人は、「ほかには?」と突っ込まれて答えられなくなってしまう。
ノウハウ本を使う・使わないは自由だが、鵜呑みにするのは危険だ。

何を言いたいのかというと、「内定」を目標とするな、ということである。
内定後の展望があるなら、「プレゼン力の練習のために面接を受けよう」とか、
「自分の長所がわからないまま社会人になるのはマズイ」と思うようになるはずだ。
自己分析がどうのこうの、という次元の話ではないのだ。 

 

 

 

 
・10/31・・・金融(証券)@メトロポリタン仙台
・11/8・・・情報処理(システム)@新宿野村ビル
・11/16・・・金融(信託)@本社ビル(東京)
・11/17・・・総合商社@本社ビル(東京)
・12/4・・・メーカー(住設)@仙台国際センター
・12/11・・・メーカー(総合家電)@東京ビックサイト
・12/14・・・メーカー(設備機器)@仙台ショールーム
・12/26・・・外食チェーン@都内・大ホール(オススメ!)
・1/8・・・メーカー(設備機器)@都内ショールーム
・2/3・・・金融(信託)@仙台国際センター
・2/6・・・メーカー(住設)@仙台国際センター
・2/7・・・金融(リース)@六本木ヒルズ40階
金融(メガ)@本社
・2/9・・・金融(政府系)@都内ホール
      金融(新規参入組)@本社(東京)
・2/13・・・ディベロパー@仙台国際センター
・2/15・・・金融(投資銀行)@仙台
・2/17・・・メーカー(総合電機)@新宿NSビル
・2/20・・・メーカー(住設)@本社(東京)
      専門商社(金属、食料系)@本社(東京)
・2/22・・・メーカー(電機)@仙台国際センター
・2/24・・・金融(生保)@仙台支社
・2/25・・・金融(証券)@仙台ホテル
・2/26・・・メーカー(電機)@本社(千葉)
      コンサルティング@本社(東京)
・3/3・・・東京証券取引所@兜町
・3/7・・・石油精製@モントレ仙台
・3/9・・・メーカー(総合電機)@ベルエア会館(仙台)

以上が、僕が参加した個別企業説明会の全てです。
ただ、やみくもに参加したわけではなく、「実際に社員と話ができる」イベントがほとんどです。学生という「しがらみのない」ポジションで社会人と接することができる貴重な機会だと思って参加していました。 

 

 

*Template By-MoMo.ka* Copyright © 2017 Next Linkage, all rights reserved.

Next Linkage

Author:Next Linkage
東北の就活生を応援する団体です。

ホームページはこちらです


Facebook:NextLinkage
Twitter:@nextlinkage

Script by Lc-Factory
(詳細:Lc-Factory/雑記)

このブログをリンクに追加する

QRコード

小さな悩みや相談など何かありましたら、気軽にこちらよりメッセージくさだい!可能な限りお答えしていきます!

名前:
メール:
件名:
本文:

就職活動応援ブログ HASH OUT!!
東北で最強の就職コンサルタントが、そのノウハウを綴るブログです。 ヒュームコンサルティングの代表者の方が運営しています。 ネクストリンケージメンバーの何人かも、かつてこの方の就活講座を受けています!

「税金まにあ」木村税務会計事務所通信
「税法は納税者のもの」をモットーに、わかりやすく丁寧に税務会計を解説しています。 メンバーの一人が親しくさせて頂いており、弊ブログについても応援して下さっています。 代表の木村聡子様は、事務所長である傍らエコノミスト誌「会社法革命」 の執筆メンバーであるなど、八面六臂の活躍をされています。 女性のキャリアについて興味のある方は、是非ブログをご覧下さい。

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。