ホームページはこちら→http://nextlinkage.web.fc2.com/
 

 

 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

 

 

 

 
(セピア・文系・学部4年・男・生保内定)


今日、さわかみ投信の澤上篤人さんの講演を聴いてきました。
サイン入り書籍と握手してもらいました。
今日もスペシャリティな一日を送れたなぁ。





どうも、セピアです。
日本を代表するファンドマネージャーと握手したこの両手で今日のブログを綴ります。

さて、今日は面接の受け答えにおけるネクリンメンバーの
対立意見を載せてみようと思います。

まず、面接におけるチェックポイントで最初に考えられるものって何でしょう?

例えば、ホワイトなら「 結論が先に述べていること 」が重要だと言っていました。

当然、結論が最初に述べられていれば、要点がスッキリしますよね?
聞きやすいと思います。

それに対し、クロは「 必ずしも先に結論を言わなくてもいいんじゃね?」
といった反論をあげたらしいです。

彼曰く、話が分かりやすいことが大切なので、
結論が先でなくても、分かりやすく伝えればいい!とのこと。

ふむふむ、確かに。

・・・うーん、正反対の意見ですね~。
(そういや色も正反対だな)

ここで、私の意見を!!

二人が共通して考えているのは、面接官に分かりやすく伝えるという大前提。

そのために、ホワイトは「結論を先に述べること」を徹底することにより、
分かりやすく伝えることができる、と考えているみたいです。

一方のクロは(話してみれば分かるけど)結論先出しではないけど、
確かに話を聞いてて回りくどさがないんですよね。  →  まぁ才能もあるのかな?

私自身は完全にホワイト派ですね。
質問に答えようとすればするほど、回りくどくなって論理の一貫性が崩れるタイプ。

これは、日常会話でも分かるかもしれないけど、何回か面接を受けると余計実感しました(笑)

だから、結論先出しを意識してましたね。
(慣れてくれば、結論先出しにこだわらずに意見が言えるかも)

さてさて、この記事を読んでいるあなたはどっちでしょう??


 
スポンサーサイト

 

 

 

 
(セピア・文系・学部4年・男・生保内定)


面接で、「あなたの好きなものを1分間で説明してください。」
と問われたことがあります。

特命係長只野仁 を語ってやりましたよ。





どうも、セピアです。
面接官も「あれは面白いよね~」と言っていました。
憧れているのかな?


さて、今回はPREP法という手法を紹介していこうと思います。

何のことかと申し上げますと、

P ・・・ Point (要点)
R ・・・ Reason (理由)
E ・・・ Example (事例)
P ・・・ Point (要点)

の頭文字になっているんですね。
要点⇒理由⇒事例⇒(再度)要点、と話すことにより、
これで、結論の不明確さと回りくどさを回避できます!

例えば、

Point   ― 私は、「特命係長只野仁」が面白いと思います。
Reason ― なぜなら、これは単なるトレンディドラマではなく、
       要所で社会風刺の要素も取り入れているからです。
Example ― 例えば、08年のスペシャルでは「銀行は法人税を払う義務がない」
       という皮肉交じりの発言を取り入れていたりします。
Point   ― なので、「特命係長只野仁」は面白いです。


みなさんもぜひお試しあれ。


 

 

 

 

 
(セピア・文系・学部4年・男・生保内定)


(福原愛さんが20歳の誕生日で手渡された日本酒、ワインに対して)
「理科のアルコールランプのにおいが好きではなかったので、たぶん無理かな…」

愛ちゃん、そんなことないっ!

一ノ蔵なら大丈夫!!





どうも、一ノ蔵非公式スポンサーのセピアです。
福原愛さん(仙台市生まれ)、20歳おめでとうございます。


さて、就活もそうですが仕事をしていく上で

   「 論理的に話す 」

という能力は不可欠なものだと思います。

なぜなら、論理的に話すことによって、

1)合理的な問題解決が望める
2)説得力のある提言ができる
3)分かりやすい説明ができる


といった利点があるからです。

つまりは、ロジックが通っている自己PRや志望動機は面接でも通用するんですね。

ごく日常でも、くどくど長い話しを聞いていると、

「一体、今日は何の話?」
「要するに何を言いたいの?」
「で、結論は何?」
「何でそういう結論になるの?」
「その理由は何?」

と思うことがありませんか?
(ちなみに、私はアルバイト先で嫌味がてらによく言われていました。笑)

そういった話は大抵論理的に話せていないようです。

しかし、こういった話は訓練でいくらか改善できるので、
ぜひ分かりやすい説得力のある話しをするために意識してみましょう!!

次回、私が就活中に教えてもらった「論理的に話せるテク」をご紹介いたします。

今日はこの辺で・・・。


 

 

 

 

 
(セピア・文系・学部4年・男・生保内定)


前回からの続き)

近年では、「亜細亜大卒の日銀マンも誕生」という記事が世間に出回りました。
これは亜細亜大の本格的なキャリア育成の成果もあるのでしょうが、
「超・売り手市場」の賜物でもあるようにも思います。

そもそもの採用数が減ってしまっては、無名校(もしくは日東駒専レベル)の学生が
難関企業に入社するチャンスがなくなってしまうのではないでしょうか?
そして、 「 学校歴 」 格差が一段と拡大していくのではないでしょうか??

いみじくも、本日10月22日は「東北大生のための就職フォーラム」が
仙台国際センターで行われました。

参加予定企業も、電通、大日本印刷、読売新聞社、トヨタ自動車、丸紅
などの俗にいう「人気企業ランキング」の常連の方々です。
(プラス会場には軽食・ドリンク有

東北大学であれば大企業の方々からこの時期にアプローチがありますが、
仙台の他の大学ではこういう機会がなかなかありません。
だからこそ、人気企業を目指しているブランドが確立されていない学生には、
この時期から積極的に行動して欲しいと思います。

そのような意欲のある学生を、私は私なりに支援していきたいと考えています。



※いわゆる「人気企業」「難関企業」への就職を奨めるわけではありません。
自分の価値観、性格と相談しながら 「自分にとってのベストな企業」 を探して下さいね!!
 

 

 

 

 
(セピア・文系・学部4年・男・生保内定)

昔の話で恐縮ですが、仙台の地下鉄で熟睡してしまったことがあります。
起きたら車両基地にいました。


どうも、セピアです。
車掌さんが半笑いで起こしてくれたよ。
電車を止めるとウン千万の損害賠償になるこのご時勢に、
僕一人のために電車を動かしてくれた素敵な仙台市に感謝ですね。


さて、今回のタイトルは日経新聞から引用させていただきました。
というのも、今日の日経新聞11面に 「 雇用変調 」 という見出しで、
雇用環境の変化が特集されているんですね。
10月21日の新聞で<上>と書かれているので、
明日、明後日と特集が続くかもです。

記事を要約すると、米金融危機から発する景気減速が
2009年採用状況に影響し始め、5年ぶりのマイナスに転じた、とのこと。

『 史上空前の売り手市場 』 と叫ばれていた09採用も
蓋を開ければ、計画通りの採用数には至らなかったとのことです。

実は以前に9月2日付けの新聞記事を当ブログでも取り扱いましたが、
当時の状況よりいっそう慎重になったのでしょうか?

バブル期のような派手な落ち込みはないと推測されるものの、
強気の採用姿勢はなくなる模様です。

こうなってくると不安視されるのが 「 学校歴 」 ではないでしょうか・・・

次回へ続く)
 

 

 

 

 
(セピア・文系・学部4年・男・生保内定)

とうとう秋ですね。
秋といえば・・・

食事の秋!


読書の秋っ!!


ほしのあき!!!





どうも、セピアです。
基本スタンスは「ややウケ」です。

さて、今回は就職ポータルサイトの選び方についてです。

今の時期はテレビCMも増えてくる時期なので、ご存知の方も多いとは思います。
しかし、ここで「どのサイトが重要なのか?」、「いくつ登録すればいいのか?」、
などという疑問も出てくる方もいらっしゃるのではないでしょうか?


まずは、具体的にはどういった就職ポータルサイトがあるのでしょうか??

例えば、有名なところに「リクナビ」や「日経ナビ」などがあります。
大塚愛さんのCMでおなじみの「マイナビ2010」もその一つです。
また、東北・北海道就職を応援する「探職ナビ」というものもあります。

実は巷にはかなりの数の就職ポータルサイトがあります。
それぞれ一長一短の特徴があると思うので、こちらを参照してみては如何でしょう?


そして肝心なのはどのように就職ポータルサイトを選ぶか?だと思います。

その答えはずばり、初めは可能な限りできるだけ登録する、です。

その理由は、先ほども述べたようにそれぞれのサイトにそれぞれの特徴があります。
どれが有効なサイトなのかは、使いながら分かってきます。
それも、人それぞれの価値観により異なって然るべきものです。

ついでに言うなら、特定のサイトにしか求人情報を出さない企業もあります。
私自身も、3月になって受けたい企業のエントリーが未登録の
サイトでしかできない状況にあり、慌てて登録した記憶があります。
なので、初めはできるだけ登録していくことを勧めます。

このようなことをいうと、「情報が氾濫する」とか「効率が悪い」とか
反論する人がいるかもしれません。

しかし、「情報が氾濫する」といっても、その程度の
情報収集能力でビジネスが成り立つのでしょうか?
多くの情報を仕入れながら、その真偽や優劣を見極めて
整理していく力が必要だと思います。
もっというなら、情報があることによって生じる問題は対処ができますが、
情報がないことによる見えない不安や問題は払拭できません。

また、「効率が悪い」という反論ですが、そう批判する人に限って
行動力が足りていないようにも思います。
効率よく動こうと考えるあまり、最初の一歩が遅すぎる気がします。
もっというなら、動きたくない言い訳をしているかのような印象さえ感じます。

考えることを否定はしませんが、これから就職をする私たちは
決して理論家ではなく行動することに意味があります。


・・・といいつつも、ついつい行動しない自分に対して、
さも正当化するような理由が口走っている自分を見直すと
非常に恥ずかしい所存でございます・・・
 

 

 

 

 
(ベージュ・理系・学部4年・男・通信内定)

ベージュどす~♪

突然ですが、総裁選が迫ってきましたね!
ニュースで毎日見すぎて吐き気すら覚えます 笑
でも・・・
自民党の総裁選ってちょっと馬鹿らしいと思いません?
なんか数人は選挙を盛り上げるために立候補してるっぽいし、
その事実をニュースでも報道してるし・・・
不思議です、非常に不思議に感じます 

せめて、ニュースくらいは、「○○は形だけの立候補に見えますね」
とか言わないでほしいです。笑


さて、また突然話題が変わりますが、
最近の過ごし方について徒然なるままに書きたいと思います。

内定もらったみんなは何しとるんかな?
みんな旅行とか行ったり、サークルで遊んだりしとるんかな?

僕は、最近は研究室に結構行ってて、そろそろ卒業発表のテーマ
を決めようとしてます・・・・(汗)

どうせ研究室行かんといけんのなら、資格の一つでもとったろう!
と思って、初級シスアドでも軽く受けるつもりでした。
合格率も高かったし、余裕♪って感じで、最近まで勉強してませんでした。
したら、過去門が結構むずくて、なかなか解けない始末(汗)

ここ一週間くらいは問題集を一日20枚というハイペースでやってます・・・・。
誰かアドバイスください 笑

雑記失礼しました♪


ranking
↑↑ メンバーの励みになりますので、このサイトを応援してくれる方は
    1日1クリック、ぜひお願いします

 
テーマ * 資格試験 ジャンル * 就職・お仕事

 

 

 

 
ニューヨークでの出来事が、対岸の火事とは言えなくなりました

でも、幕末の日本ですらグローバルな経済に悩まされてましたから、
今に始まったことではないでしょう。。。

リーマンの破たんといえば、内定を取った知り合いはどうなるのでしょう・・・。
まあ、たぶん来年あたりはバークレイズにでも入ってるでしょうね。

むしろリーマンを見放したのは正解だと思います。
問題を先送りにすると、日本の二の舞になると思いますし。

さてさて、AIGの子会社のアリコの行方が気になります。
再構築するなら、日本企業が買収ということも考えられます。

一内定者としては、マリンには譲りたくないですね(笑)
さて、再構築ならどこが買うのでしょうか? 

 

 

 

 
いや~、だいぶ秋らしくなってきましたね

これから10月に入ると、そろそろ就活の足音が聞こえてくる頃です。
でも、あせらずに自分のペースで就活に臨んで下さいね!
まだまだ先は長いですから

さて、今日はオススメ就活ランチと題して、
就活中に良く利用したランチをご案内いたします!

今日は丸の内周辺です。

おそらく就活生は、一度はここに訪れるでしょう。
名だたる大手企業の多くがここに集中しております。

が、それゆえに物価が高く、
ランチも下手すると900円以上します。
正直これはキツイですよね(笑)

そこで、是非とも利用したいのが、
「大戸屋・新丸の内センタービル店」
です。
地図はこちら

丸の内オアゾ(丸善があるビルです)の3Fにあります。
結構目立たない所にあるので注意です(就活終わった友達と話しても、
「え~!?丸の内に大戸屋あったの?」と言われるほどです)。

大戸屋は高いものもありますけど、
ootoya

この「大戸屋ランチ」609円(税込)ですので、
丸の内にしてはリーズナブルではないでしょうか?

余談ですが、ここの大戸屋は立地が立地なだけに、
たくさんのビジネスマンが利用していました。
いろいろな話が耳に入ってきて(笑)、楽しかったですよ。

以上、社会人になっても大戸屋がお送りしました~。 

 

 

 

 
(クチバ・経済・学部4年・男・生保内定)


いや~、ジャスフェスって良いもんですね(故・映画評論家っぽく)

私は「上原ひろみ(元SPEEDじゃないからね)」とか聴きますし、
「A列車で行こう(街をつくるゲームじゃないからね)」とか好きです。

あいにく今日は試験だったので、ゆっくりと聞くことはできませんでしたが

ところで、団体の執行部におりますと、
やはりいろいろと考えることが多くなります。
 

>>>Read more

 

 

 

 

こんばんは~~~。オレンジです。
5日から昨日(10日)まで青春18切符を使っての~~~んびり
東京→下呂温泉→高山→名古屋→善光寺→浜松→静岡
の強行旅行に行ってまいりました~~~

やっぱり旅はいいですね。今回はお天気もよく、夏の終わり、、、秋晴れを
感じることができて気持ちもスッキリです

高校時代の友達や既に就職している大学の友達のうちに泊めてもらったので
その人たちの話を聞くのもとても勉強になりました。



さてそれでは、今回の小話はTOEICの点数についてです

ありがちな話ですが、私は“「英語を使った仕事」をしたい(笑)”を目標に就活をしていたので、実体験をもとに、どの程度点数が必要か
独断と偏見でお話したいと思います。


点数の書き方ですが、企業によって点数をそのまま書く企業もありますが
650~690点、700~750点など、自分がどの範囲に入るかを記入する企業もあったので
この場合、651点の人はラッキーですね 笑


私の経験ではその枠が、最高値が大体860以上もしくは900以上だったと思うので
それ以上点数がある人は、TOEICの勉強をするよりも、企業研究やES
に時間を割くことをお勧めします。


ちなみに、私の内定先の企業は、売り上げのシェアの半分が海外で
お客さんもグローバル企業、多国籍企業なので、理系、文系に関係なく
「英語での簡単な会話やメール程度はできるようになって欲しい」と言われ
海外営業を志望しているなら900点以上は最低必要だといわれました 汗汗汗


私は総合商社も見ていたので、参考までに、、、
面接で英語面接はありませんでした。


しかし、メーカーや海運などの他の企業の面接時には、TOEICについて

「結構いい点数取ってるね」

と言われていたのに、商社の面接では

「ふ~~ん。」「あぁ、そうですか」

みたいな感じでした 笑


やっぱり商社や外資は800点後半か900点台は普通のようです。

ただ、大手総合商社に内定を貰った友達(2008年入社)の話曰く、
「入社式でのTOEICのテストで600点台の人もいた。」
と言っていたので、少なくともその企業は、TOEICだけで落とさないようです。



また、会社説明会の質問で、他の学生から

「英語ができないんですけど、大丈夫ですか?」

と言う質問に対して、外資や商社、海外展開をしているメーカ以外
の人事の人は

「最低○○○点位はは欲しい(企業によって異なるが700から850くらいの間)
が、成績よりも学ぶ姿勢が大切」

というようなことを結構ハッキリ言ってました。



それ以外の会社では

「中学、高校の基礎があれば大丈夫、研修制度もあるから
入社してから頑張りましょう」

みたいなことを言ってました。



結論ですが、TOEICの点数だけで、内定が出たり出なかったりすることは
ない様なので、あまり点数が無い人は「できなくても努力する」という姿勢と
他の分野での強みをアピールしましょう。

そして、せっかくいい点数を持っていても、それだけを鼻にかけていてはダメですよ。
むしろTOEICの点数よりも、会話力、コミュニケーションの能力が大切なようです。

「990点持ってますけどなにか???(おぎやはぎ風)」
くらいの姿勢で挑みましょう 笑

 
テーマ * 資格試験 ジャンル * 就職・お仕事

 

 

 

 
(クチバ・経済・学部4年・男・生保内定)


こんにちは!大臣になるのは総理辞任の直前が良いと思っているクチバです(笑)

さて。
私は一人暮らしですので、当然のことですがスーパーに買い物に行きます。
タイムサービスを狙ったり、伊右衛門の2リットルPETが168円であることに大喜びしたり、
やってることは主婦同然です(笑)

が、単なるショッピングをしているだけ、ではありません。
いつも買い物の時に心がけていること。

それは「商品の製造元や輸入元」をチェックする、ということです。



例えば、下のバナナ。
banana

さて、ここでクエスチョンです(「ふしぎ発見」風に)
このバナナの輸入・販売を行っている会社は、一体どこでしょう?










A.正解は、「住友商事(正確には住商フルーツ)」でした。
(写真はホームページから拝借させていただきました)

「商社ってよくわからないけど、バナナも扱ってるのか~」
と思った方も多いはずです。
こういった何気ない「発見」が、意外とその後の会社選びに大きな影響を与えたりします。

商社を例にすれば、
「イオンやセブン&アイも同じことをやっていないのかな?」
と疑問に思えば、それを調べることで、流通についての理解が深まるでしょう。
これが、世間で言われるところの「業界研究」です。

「業界研究」と聞くと、四字熟語であるためメンドーな感じがしますが、
実際はこんなもんです。


また、スーパー行くだけでなく、街を歩いている際にも業界研究は可能です。

たとえば、プロントというカフェがありますが、
実は「サントリー系」です。
その証拠に、メニューには「モルツ」があります。

あとは、仙台のドでかいビルである「SS30」。
これは「住友生命」のビルです。
「す」みとも「せ」いめい、ですね。

不動産系ですと、シブヤの「109」は東急系
「10、9=トー、キュー」ですもんね。

このように、普段何気なく見聞きしているモノにも、
色々な事実がわかってきます。

ここでさらに踏み込めば、
「なぜ生命保険会社がビルを持っているのか?」
や、
「なぜ私鉄会社が商業施設を持っているのか?」
といった疑問が出てきます。

そこを調べていくと、さらに立派な業界研究になることでしょう。

ちなみに、会社説明会等でそういった疑問を人事の方にぶつけてみると、
「おっ、こいつは違うな」
と相手に印象付けることができますよ。 

 

 

*Template By-MoMo.ka* Copyright © 2017 Next Linkage, all rights reserved.

Next Linkage

Author:Next Linkage
東北の就活生を応援する団体です。

ホームページはこちらです


Facebook:NextLinkage
Twitter:@nextlinkage

Script by Lc-Factory
(詳細:Lc-Factory/雑記)

このブログをリンクに追加する

QRコード

小さな悩みや相談など何かありましたら、気軽にこちらよりメッセージくさだい!可能な限りお答えしていきます!

名前:
メール:
件名:
本文:

就職活動応援ブログ HASH OUT!!
東北で最強の就職コンサルタントが、そのノウハウを綴るブログです。 ヒュームコンサルティングの代表者の方が運営しています。 ネクストリンケージメンバーの何人かも、かつてこの方の就活講座を受けています!

「税金まにあ」木村税務会計事務所通信
「税法は納税者のもの」をモットーに、わかりやすく丁寧に税務会計を解説しています。 メンバーの一人が親しくさせて頂いており、弊ブログについても応援して下さっています。 代表の木村聡子様は、事務所長である傍らエコノミスト誌「会社法革命」 の執筆メンバーであるなど、八面六臂の活躍をされています。 女性のキャリアについて興味のある方は、是非ブログをご覧下さい。

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。