ホームページはこちら→http://nextlinkage.web.fc2.com/
 

 

 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

 

 

 

 
緊急企画!っというわけでもないんですけど、ゆーがそう銘打っているのでわたしもそれでいきます。こんばんは、ちまこです。

楽しかった面接も失敗した面接もどちらもあります。

楽しかった面接は、通過していることが多いのだと思います。人と人との関係って、自分が思っていることを相手も思っていると考えてさしつかえない。(恋愛は別だそうです。)自分がこの人といて楽しい!って思っていたらきっと相手も楽しい。自分が楽しいふりをして実は苦痛に感じている友達づきあいは、きっと相手も苦痛なのだと思います。わたしたちが楽しいと感じる面接は面接官も楽しいのでしょうね。そしてこんな人と働けたら、と想像しちゃうんでしょう。そうしたら、こっちのもの。

失敗した面接は、そうですね、やっぱり必要以上に固くなってしまった。相手に自分のよさを充分にプレゼンできなかったと自分でもわかりました。結果は落ちてしまっていましたね。自分をよく見せよう、よく見せようと意識はしていたんですけど、空回りしてました。相手には架空のちまこ像ばかり見せていた。

面接は友人や先生や家族や恋人や通りすがりのおじいさんとおこなう1対1のコミュニケーションの延長なんだと思います。よく聞かれる質問に対して熟考し答えを用意しておくのはとても大事。必要なことだと思います。それでも、実際に面接に臨むときは自分の言葉で、面接官に対して真摯にコミュニケーションをとってほしいんです。そうして、自分がどんな人間かを示して、企業がそれを理解した上であなたを採用したなら、それは両者にとってとても幸運は出会いとなると思います。

もちろん、下調べは必要ですし、その企業が属する業界への理解も必要です。ただ、むずかしく考えないでほしい。だって、仲良くなりたい友達の好きな音楽は自分でも聞いてみたり、面白かったと言っている本を貸して、って言ってみたりしますよね。それと同じで、関心を持ったらその対象についてもっと知りたいと欲するのは人間の自然な感情です。そして関心を持たれたほうもなんだか嬉しくなります。



毎日寒いですが、ほどほどに運動もして、体をほぐしてくださいね。バブという入浴剤の詰め合わせ12個セットもいいですよ。毎日いろんな色が楽しめます。ゆずはちみつが1番すきかな。ではでは、ごきげんよう。 
スポンサーサイト

 

 

 

 
皆さんこんにちは。ゆーです。最近もうこの挨拶(?)にもすっかり慣れてきた今日この頃、突然ですが緊急企画が始まりました!
これは、今までやった面接の中で楽しかった面接や失敗した面接について書こう!というものです。
決してネタ切れというわけじゃないですよ…ええ

さて、いきなりの初めから失敗例を話すのも雰囲気的にどうかなと思ったので今回は楽しかった方について書こうと思います。

まず、私なりの楽しい面接の定義なんですが、それは飽きない面接ということだと思っています。
面接も50回を超えてくるあたりになると似たような質問にはどうしても「またか…」という気持ちになってしまいます。
そんな時にちょっと変わったことを聞かれると程よい緊張感と脳が活性化する気がするので、結果的に採用され易くなるんじゃね?とか思ってました(笑)。(メリハリって大切だと思うんです)

というわけで個人的に楽しかった面接では以下のようなことを聞かれました。

・2億あったら何にどう投資する?
・被災地の人口流失を止めるための施策は?
・なんか趣味特技の欄で語ってよ
・発毛剤って一年間で何本くらい売れると思う?
・周りに誰もいなくて赤信号の時ってどうする?などなど…

面接中にいきなりこんなことを聞かれると結構面白くないですか?
今思えばなぜ当時答えられたのかよくわからない質問がほとんどですが、こんな質問をされて常に新鮮な気持ちで面接に臨めていたから無事内定が貰えたのかなと思う今日この頃でした。
 

 

 

 

 
こんにちは。だすまんです。
路面の凍結がすごいですね。私のように転ばないよう、注意してください。

面接セミナーが近くなってきたので、私の体験談も少し書かせて頂きます。
私は面接練習をせず、本番に臨みました。
ES通過率が良かったこともあり、「自分はうまく話せるだろう」という根拠のない自信があったのです。
結果はご想像の通り・・。「これはやばい!」と考えた私は、そこから急ピッチで面接対策を始めました。
具体的に何をしたかというと、
①想定質問集を作る。(みん就や先輩の話を参考に、あとは自分で考えました)
②それに対する答えを考える。
③友達に話してつっこんでもらう。(なるべく厳しく)
です。
とくに、③一度他人に話して評価をもらうと、自信に繋がります。自信がつけばみなさんが心配している緊張もだいぶ緩和するはずです。
4月以降は通過率も上がったので、多少効果はあったのではないかと思います。

以上、私の体験談でした。
面接に練習は必要だとは思いますが、どんな練習が適切かはその人次第だと思います。
まずは面接セミナーに参加していただき、「自分に足りないものは何か?」を見つけていただければ幸いです。
 

 

 

 

 
こんにちは。やまめです。

大雪ですね!
これぐらい降ってしまうと、なんだか楽しくなってきますね!
今日は学校に来るとき、誰も足を踏み入れていない場所を通って一人楽しんでました。笑

今回は、私の面接について話してみようと思います。
私が初めて就職活動の面接っぽいことをやったのは、去年の今の時期に開催されたネクリンの面接セミナーでした。
2回グループ面接の練習をして、2回とも他の人の面接のうまさに驚愕した記憶があります。
私が褒められた唯一のポイントは「笑顔がイイネ!」くらいでした・・・
言いたいこともうまく伝えられず、面接練習中全て笑ってごまかしていたのでそういった評価しかつけられなかったのだと思います・・・
ただあのとき自分の面接の悪い点をきちんと伝えてもらえて良かったと今は思いますし、このときの危機感が、後の頑張りにつながりました。

面接は実際やってみないと分からないことが多いです。
つまり練習や慣れが大事。
ただ自分だけでは対策しにくいので、是非ネクストリンケージの面接セミナーで練習してみましょう!

***********************

NextLinkage面接セミナー

【日程】1月21日(月)
    1月24日(木)
【時間】18:00~20:00
【場所】東北大学川内北キャンパス
【内容】申し込みの際に志望企業に提出することを想定したエントリーシートを提出していただき(未定の方は自分が最も興味がある業界の企業を妄想してください)、当日はわたしたちがそれを見ながら面接をします。合計で2度、練習していただきます。
【参加費】無料
【服装】スーツでお越しください
【申し込み方法】
メールアドレスnext.linkage.88@gmail.comに氏名・大学・学部・学科・志望業界・志望企業(決まっていれば)・参加希望日程を明記してお申込みください。
【エントリーシート】
1、「弊社を志望する理由をお書きください(400字)」
2、「あなたが学生時代に打ち込んだことを教えてください(400字)」
3、「自己PRをしてください(400字)」
【申し込み締め切り・ES提出締め切り】両日とも1月17日(木)


***********************

さて、宣伝はこれくらいにしておいて、私の面接対策についてお話します。

私が面接シーズンの3月~4月頃一番役に立ったと思うのは、「面接振り返りノート」です。
B5サイズのリングノートで、下敷きが無くても書けて、就活中の全ての面接が記録できるような分厚いノートでした。

面接前には自分のESを印刷してそのノートに貼り付けて、見直し。
軽く聞かれることなどを想定して、メモしておく。

面接練習後や、面接本番後にはそのノートに
◆聞かれた質問
◆それに対する自分の答え
◆自分の答えのどこが悪くて、どう答えれば良かったのか?
◆面接官が食いついたポイントはどこか?
等をひたすらメモして、その日の面接を振り返ってました。

もしかしたら、これくらいやるのは普通なのかもしれませんが、私はこの復習ノートに取りかかるのが遅く(最初は面接を受けたら受けっぱなしだった。)、苦戦した記憶があります。
この振り返りをきちんとしてから、余裕が出てきて面接が楽しめるようになりましたし、通過率もあがったような気がします。

デジタル媒体に記憶でもいいですが、面接の振り返りを後で見直せるようにきちんと記録しておくのは大事です!

皆さんも自分なりの「面接振り返り法」を確立してみてください^^


やまめ 

 

 

 

 
みなさんこんにちは。今週は面接についてお話しようと思います。もしかしたら来週も、かもしれないけれど。

わたしがアプライした企業はメーカー、IT中心でした。ES→GD→面接というふうに進む場合が多かったです。GDは無い場合もありましたが面接は選考が進むと必ず行き当たっていました。なんでそんなにどこの企業でも面接をするのかしら?

わたしはその理由のひとつが「最終的に採りたいのは一緒に働きたい人間だから」だと思います。たとえば自分が小さなテニスサークルを運営していると思ってください。10人程度で集まって週一でテニスをするような。新しくメンバーを入れるとしたらどんな人を誘いますか?そうしたら、もちろんテニスの上手な人を入れたいと思います。でもテニスがとっても上手だったとしても、わたしならなんだかいじわるな人、自己中な人、常識の通じない人は入れたくないな。だって自分の大事にしている空間が嫌なものになってしまうかもしれないもの。これが、大きな組織にだって適用できると思う。そして「一緒に働きたい人間かどうかはその人に実際に会ってみないとわからない。

ESでどんな人間なのかを客観的に見て、GDで他の人とどう関わるのかを客観的に見て、面接でとうとう主観的な判断をするのだと思います。自分たちの会社にこの人を入れたらどうなるのか?入れて、自分たちの会社はどうなるのか?ってね。ですからたとえ短い時間とはいえ学生とじっくり話ができる面接はどこの企業でも採られているやり方なのでしょう。

だから面接に変にかまえないで欲しいんです。面接というぎょうぎょうしい名前がついていても結局のところ人との対話。だからそれに必要なものをそろえていれば怖くなんかない。なにが必要なのかというと

1、話す中味
2、話す技術

話す中味は「自分」「企業」「自分と企業の関わり」について自分をどう理解しどんなことが好きで、どんなことをしたときが嬉しくて、どんなふうな人間になりたくて企業はどんな理念を掲げていて、現在のところどんな方向で進むつもりで、どんな人間を必要としていて自分と企業はこういう理由で合っている!と。こうしっかりとしたストーリーとして整理された内容があればいい。

話す技術は、声だとか姿勢、目線など外見から伝わる印象を考えることも重要ですし、話が論理だっているか、必要のないことをながなが話してしまっていないか、も重要です。わたしはできるだけたくさん話す練習をすることで自分の話す技術を高めようとしました。友人や家族に自分の感じたことを話すときもできるだけ相手に自分の伝えたいことが伝わるよう注意して話してみました。あとは個人的にですがグッドファインドさんのロジカルシンキング講座などがおすすめです。
https://www.goodfind.jp/2014/seminar/
去年何度か参加したものでした。疲れたけどたのしかった…


というわけでわたしが言いたかったのはなにかというと、面接は怖くない、ということです。怖いものに対しては
・「怖い点」を書き出してみる
・「怖い点に対する対策」をそれぞれ書く
・対策に優先順位をつける
・実行。
とやればそれは怖いものではなく自分がとるべき行動の指針になります。恐れる対象ではなく、自分の成長の糧にしてしまってください!ちまこでした! 

 

 

*Template By-MoMo.ka* Copyright © 2017 Next Linkage, all rights reserved.

Next Linkage

Author:Next Linkage
東北の就活生を応援する団体です。

ホームページはこちらです


Facebook:NextLinkage
Twitter:@nextlinkage

Script by Lc-Factory
(詳細:Lc-Factory/雑記)

このブログをリンクに追加する

QRコード

小さな悩みや相談など何かありましたら、気軽にこちらよりメッセージくさだい!可能な限りお答えしていきます!

名前:
メール:
件名:
本文:

就職活動応援ブログ HASH OUT!!
東北で最強の就職コンサルタントが、そのノウハウを綴るブログです。 ヒュームコンサルティングの代表者の方が運営しています。 ネクストリンケージメンバーの何人かも、かつてこの方の就活講座を受けています!

「税金まにあ」木村税務会計事務所通信
「税法は納税者のもの」をモットーに、わかりやすく丁寧に税務会計を解説しています。 メンバーの一人が親しくさせて頂いており、弊ブログについても応援して下さっています。 代表の木村聡子様は、事務所長である傍らエコノミスト誌「会社法革命」 の執筆メンバーであるなど、八面六臂の活躍をされています。 女性のキャリアについて興味のある方は、是非ブログをご覧下さい。

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。