ホームページはこちら→http://nextlinkage.web.fc2.com/
 

 

 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

 

 

 

 
こんにちは、Aです。
軽く自己紹介を。

■性別:女
■内定業界:マスコミ

……意外と書けることがありませんでした。すみません。

まだイベントには出ていませんが、イベントで使う配布物や名刺などを作っています。
それはどうとして、いよいよ12月ということで、各就活サイトもオープンしましたね。
今年就活生の皆さんは実感が湧いてきたところではないでしょうか。
ネクリンスタッフは、懐かしく思う人が多い……ですかね?

さて、今回はエントリーシートセミナーですね。
夏にインターンシップに応募した方は目にしていると思いますが、この時期だとまだ実物を目にしていない方が多いかもしれません。
私からはESことエントリーシートのごく基本の部分について私見も交えてざっくりお話したいと思います。


※以下、斜線部Wikipedia引用(→参照URL
※および、下線部や色づけなどの強調は筆者による。

--------------------------------------------------------------------------

*就職活動におけるエントリーシート
就職活動において、企業等(大企業や一部の中堅企業)が独自で応募用紙(エントリーシート)を作成している場合がある。 エントリーシートは一次選考として応募者の絞込みに主に使用される。有名企業では書類選考的な意味を持たせているところも多く、応募者の大部分がESで不合格となる場合が多い。

*記入する内容
内容は、氏名と連絡先・出身高校名と大学名(中途採用の場合はこれに加えて職歴)を記載する欄の他、各企業が独自に作成した何問かの設問がある。(1) これらの設問の内容は志望動機や自己PRに関連した内容がほとんどで、記入欄が広く取られ、論作文試験と同じような形式になっている事が特徴である。また、TOEIC○点、英検○級など、資格や特技などを申告させるスペースもある。(2)履歴書と違い、捺印はしないので記述にある程度誇張や潤色があったとしても、経歴詐称には問われないし企業側も想定している。ただし面接でその件について質問されてもしっかり答えられるようにしておかなければ、苦しい状況に追い込まれることになる。これにより、同時に応募者の文章力も分かるため、論作文試験を課さない企業もある。


(1)ほとんどですが、一見それとは全く関係無さそうな質問がマスコミには多かったです。
いかにそこで自分をPRするか、という意識が大切でしょう。
記入欄は企業によってまちまちですが、400字くらいのところが多かったような印象です。

(2)これに関しては、ケースバイケースですが極端な誇張、潤色はしない方がいいと思います。後の1文のことは勿論ですが、選考ではばれなくとも、その後苦しい思いをする可能性が否めません(´・ω・`) 折角内定を頂いたのに、そのせいでビクビクしながら入社までの期間を過ごすのは悲しいものです。仮にそれがバレた時、内定取り消しなどの処分にならずとも、人事にその記録は残るでしょう。やはり正直に書いた方が、後々の自分のためにもいい気がします……。

*評価
ES選考や筆記試験に通ったら、次は面接がある。
ここでは、(3)ESの内容が話題になる場合がある。
この時、ESの内容と面接での発言が矛盾していると、面接をしづらくなるため、面接官の評価が悪くなる。


(3)ほぼ100%面接中に出されると言って過言ではないです。
あえてあまりESに触れない会社もありましたが、そういうケースは珍しいです。
発言が矛盾していた場合、それがしっかり論理立てて説明出来れば評価が悪くなるとは一概に言えませんが、まずそれは難しいと思います。
こうならないように、提出前にコピーを必ず取ることが大切です。
でも私の場合はギリギリでの提出の際忘れたこともしばしばありました……。
そうならないよう、しっかりコピーは取って下さいね。
ちなみに私がコピーを取り忘れた際は、思い出せる限り何かにメモし、記録しておくようにしていました。
--------------------------------------------------------------------------

辛い部分が多く憂鬱なイメージがつきまとう就活ですが、この二十数年間をここまで振り返れる時期は他に無いと思います。
良いことより後悔したこと、嫌だったことばかりが思い出されることもあるかもしれませんが、それが今の自分にどう生きているのかということを考えることは、就活のみならずこの先の人生においての大切な指標になるのではないでしょうか。

……何だか格好つけた終わり方になってしまいますが、実りの多い就活であることを陰ながら応援しています。

頑張って下さいノシ
 
スポンサーサイト

 

 

 

 
こんにちは、ネクリンスタッフのこはです。
今回からはES(エントリーシート)についてです。
ESについて(1)と題して、今回は「自己PRの基本」を断片的に提示していきたいと思います。詳しくはセミナーで。(※とても初歩的な内容なので、まだES書いたことないってひとにおすすめです。)


はじめに
大学三年生になり、就活が近づいてくると急に今までの自分に後悔する人が多くなります。
「正直、学生でやったことと言えばアルバイトと飲み会しかないよ」「サークルで部長をやったけど大して結果を残してないよ」とか。
何も心配することがありません。
何も後悔することはありません。
たとえ、学生中に起業経験なくても、たとえ海外経験ゼロであろうとESは通ります。
肝心なのは、読み手(企業の人)に一緒に働きたいと思わせればいいからです。
だから、ルールにとらわれず、自由な発想を大事にした方が成功すると思います。


文章の流れ(自己PR編)
どのようにすれば、採用担当者の心に響く文章が作れるのでしょうか。
注意してほしいことは、
1.わかりやすい。
2.論理的である。
3.以下の具体例が示すようにまず起承転結を書きとそれから肉付けしていくとわかりやすくなります。

(起承転結)
起:ここではわかりやすく、簡潔に話します。
承:失敗した。苦しんだ。そのような経験が君の経験をよりドラマチックにしてくれます。
転:工夫することによって、君の成長を採用者に伝えます。
結:学生時代の成長は今後、社会人になっても活きると思う。

(私が作った具体例)
起=概要(20~40字):私は学生時代、アルバイトに注力して人の集め方を学びました。
 ↓
承=危機・挫折まで:「塾の講師していたのですが、塾の生徒が3人になり塾の運営がままならない状態になりました」
 ↓
転:「経営を立て直すため、また塾長に以下二つこと提案しました。a.部活でなかなか来られない生徒のため柔軟な時間割を作成b.無料体験入学の情報を口コミで広める」
結:「結果として生徒数は以前の10倍になり、5教科100点upした生徒も出てきた、この経験から○○を学びました。今後は貴社でも活かしていきたいと思います」

その他(自己PRのコツ)
・伏線を引く。
 Ex.ある日、突然友人は練習にこなくなった。(「なにがあったんだ!?」)
・結果は具体的に。
 Ex.全国大会3位という成績を収め、字数が足りないときには箇条書きをすると便利。


最後に
ESに関して言えば、「これを書いてはいけない」というようなことはおそらくありません。

ESの判断は採用担当者の主観に依存するものだと思います。
つまり、スポーツウケが良かったり、学生団体での経験を好まれたり、人によってまちまちだったりします。
できるだけ多くの就活経験者の話を聞くことこそが最大の必勝法だと思います。
そこで、ぜひ次回のネクリンESセミナー(※リンクに飛びます)に足を運んでください。
内定者の先輩の自己PRなどはきっとためになるとおもいます。


 

 

 

 

 
こんにちはー、GDセミナーは大満足だったあんこです。
一生懸命な就活生と話してみて、自分も頑張らなきゃなーと考える今日この頃です。
卒論とか就活支援とか卒論とか就活支援とか卒論とか就活支援とか

…気を取り直して、今日は自己分析についてお話したいと思います!
ただ真っ当な自己分析のやり方などは亜美さんが前回説明してくれたので、今回は批判的に自己分析を語りたいと思います。

それでは純粋自己分析批判のはじまりはじまり~♪


○自己分析の危険性

やばいです。
生真面目な人ほど失敗します。
自分が良くはまった失敗のパターンは、

自分の長所は○○である
→お前より○○が優れている就活生は沢山いるけどね?
→ショボーン(´・ω・`)

自分は△△出来る仕事がしたい!
→その業界で本当に△△出来るの?
→そもそも△△するなら民間就職ではなく、公務員じゃね?
→いや、起業だろ。起業すべき!
→起業出来るほど能力無いよ(´;ω;`)ブワッ
→いーよ、自分なんて所詮何も出来ないちっぽけな存在さ…。
→そして解脱(就活から)

お分かり頂けただろうか。
そう、自己分析とはやり方を間違えるとかなり凹みます。
ネガティブな思考回路に陥って、就活からリタイアする人が毎年後を絶ちません。
皆さんは、あまり根を詰めすぎないように十分注意してください。


○良い自己分析をするために

かといって自己分析無しで就活するのは、結構大変です。
というわけで、私あんこの考える良い自己分析にするためのコツを紹介したいと思います。

ズバリ……

具体例、根拠を考えましょう!

「自分はどんな人間か?」

という抽象的な疑問について、アレコレ考えてもあまり意味はありません。

むしろ

「自分は学生時代何を頑張ったか?」

という風に具体例(体験談)をまずは出してみましょう!

次は
「なぜ頑張ったのか?」
「どのように工夫したのか」を思い出しましょう。

すると…
自分の思考パターンが大体読めてきましたね。

あとは実体験から自身の長所短所、性格、やりたいことの軸etcを見つければ完成です。
具体例、根拠があると説得力が増し、他の人も納得する自己分析になります。
ESや面接の時には大分お世話になったやり方なので、皆さんもどうぞお試し下さい!


○最後に

自己分析は得手不得手、好き嫌いがはっきり分かれます。
苦手な人は、試しにESを書いた方が早いかもしれません。
どちらにせよあまり根を詰めずに、友達と馬鹿話のついでにやってみて下さい。
それでは楽しい就活を♪
 

 

 

 

 

こんにちは,ネクリンです。
先日GDセミナーに来ていただいた方、ありがとうございます!

12月もイベントやっちゃいますよ~!
次はESセミナーです。

昨年、僕も初めてESを書いたのがこのネクリンのESセミナーでした。
まだ本格的なESを書いたことがない人、書いたけどイマイチ自信が持てない人、スタッフがじっくり添削いたします!お待ちしています!

以下詳細となります。


ESセミナー

日時:12月13日(火)、16日(金)
   17:30~20:00
会場:東北大学川内北キャンパスC棟 教室C105
定員:各日30名
内容:
(1) ES(エントリーシート)を書く際のポイントを説明
(2) 事前課題で書いたESを内定者が添削してアドバイス
※事前課題:「学生時代頑張ったこと(400字)」を異なる経験で2種類書く

【予約制】
■予約締切日………12/13参加の場合は12/6、12/16参加の場合は12/9
■ES提出締切日 …12/13参加の場合は12/8、12/16参加の場合は12/11

名前・大学・学部名・志望業界・希望日程を明記の上、
next_linkage@yahoo.co.jpへご連絡下さい。

※ドメイン指定の都合などから可能な限り携帯アドレスからの送信は避けてください
※予約受付完了後、課題となるESをPCアドレスの方へ送付します。
※定員(各日30名)に達し次第受付終了となります。
※参加する日程によって、予約締切日、ES提出締切日が異なるので注意して下さい。
※当日は私服でお越しください。

 

 

 

 

 
[自己紹介 & 挨拶]

どうも公務員内定の亜美です。
最近、バイトにサークル活動に多忙を極めておりまして、時々ぶっ倒れることがあります(おいw
ということで、私がネクリンのブログを担当することになりました。
私は普段、経済経営系のサークルE.B.S.G.に加入していますが、昨今の経済危機によって就職活動が難航するのではないかと思いまして、Next Linkageに加入させていただきました。


[今回の話題]
1, 自己分析について
2, 理系学部だったが公務員を目指したことについて
です。


1, 自己分析について

自己分析の仕方は下記のとおりです。

(1) 友達と正直にお互いのことを言いあう(他己分析)
(2) 自分史を「なぜ?」という観点から分析する
(3) 特に②に関して、自分の好き・嫌いや日常で感じる違和感を大切にする
(4) やりたい仕事や入りたい企業、今後の人生設計に関して、「なんでそうなのか?」と突き詰める

以下、詳細説明です。


(1) 友達と正直にお互いのことを言いあう

=>私は、お互いに何でも言い合える友達が大学1年生の時からいたので、その友人と常日頃罵詈雑言も加えてお互いにお互いの全貌をディスカッションを重ねてきました。
お互いに就活時になったら「自己分析っていうけど、今さらさんざんお互いにしてきたよね」といった感じで、お互いに自分がどんな人間かは隅から隅までわかっていました。
飾らずに何でも言い合える友達が一人いれば、それだけで自己分析は完了します。
自分はこれで6割程度は終わりました。

(2) 自分史を「なぜ?」という観点から分析する

=>なぜ、小・中学校ではその部活に入ったのか、なぜ高校ではその委員会に入ったのか、なぜ東北大学の~学部なのか、なぜそのサークルなのか、なぜそのファッションスタイル・インテリアスタイル・立ち振る舞い・口癖なのか、なぜその友人と付き合っているのか、なぜその芸能人が好きなのか、なぜ、旅行先にそこを選んだのか・・・・・とあらゆることになぜ?問いかけてみてください。

できれば、あらゆる分野で「5回のなぜ?」をしてください。そうすれば、哲学的な領域まで入ります。つまり、自分のぶれない軸・根幹が発見できるはずです。

(3) 特に(2)に関して、自分の好き・嫌いや日常で感じる違和感を大切にする

=>特に、「好き・嫌い」を大切にしてください。好きや嫌いは生理的なもので非常に強い感情なので、これはすべてに優先されると思っていただいても差し支えないかと思います。
なぜ、この話し方が好きなのか、なぜこの人が好きで、あの人が嫌いなのか、この場所が好きで、あのお店が嫌いなのか・・・・そういった好き・嫌いを突き詰めてみてください。そうすれば、生理的なレベルで自分が見えてきます。

加えて、普段なんとなく違和感を感じるけどなぁなぁにしている部分も徹底的に「なぜ?」とやってみてください。
おそらく、その違和感は自分の価値観ではないけれども、ごまかしてなんとか見て見ぬふりをしている部分だと思います。
それを明らかにすれば、おのずと自分が見えてきます。

(4) やりたい仕事や入りたい企業、今後の人生設計に関して、「なんでそうなのか?」と突き詰める

=>上記で説明したとおり、「なぜ?」その仕事なのか?「なぜ?」その企業なのか?を突き詰めてください。
自分から逃げずに真摯に自分と向き合えば、ゆるぎない不動の自分が手に入るはずです。


2, 理系学部だったが公務員を目指したことについて

結論から言うと、私が公務員を目指したのは

「その仕事をしていて激務の末に死んでも、後悔なく幸せに死ねる職業だったため」

です。
公務員は国のため、国民の皆様のために激務薄給で身を粉にして働いています。
相当なプライドを持ち使命感の元、国家を背負って働いているんですね。はい。
現在の日本を作ってくれた先人の方々の意志を継ぐために・・・。

ですので、自分は長年の自己分析の末に、「偽りのない自分」を発見した際に見つけたのが、上記の自分でした。
自分というものを捨て、国家のために日々働いていれば心の葛藤がなく、毎日幸せに生きられるだろうということです。
あの企業に入って何がやりたいこれがやりたいというよりは、自分の場合はその精神性が最も職業に就く際に重要でした。はい。

今では、簡潔にそう答えられますが、実際そこにたどり着くまでは本当に毎日自分との葛藤でしたね~(笑
実際、理系の研究職志望が9割の環境にいて方向転換するということには本当に勇気がいりました。
でも、「本当のあるべき自分」が見つけられたのも、上記に挙げた真摯な自己分析の結果かなぁと今では思っています。
中には、バッシングされる公務員もいますが、国を背負って日々邁進している本物の公務員もいるんですよ!!!


[最後に]

皆様も、自分の気持ちに正直になって、後悔のない、より良い人生を歩めるように生きていってください!!!
皆様の幸運を心よりお祈り申し上げます☆
God bless you!!! 

 

 

 

 
ディスカッションしましたかっ!?

ということで,GD セミナの感想等を.ネクリン web 担当,
当日はアイスブレイクのプレゼンターなどを担当していました,
じーたんです.


今回の GD セミナーでは,

・飛行機が砂漠に不時着した.生き残るために必要な道具を一つ選べ!
・仙台市内に飲食店を出すとしたら,どのような店にするか

という二つのテーマで 4~7 人のグループで合計 32 名の就活生の皆様に
グループディスカッションをしてもらった後,ネクリンが考える GD の
ポイントやテーマについての回答例をプレゼンさせて頂きましたが,
どうでしたでしょうか?

私はセミナー中,各グループの様子を見回っていました.
その結果,私はグループディスカッションという選考方法を見直しました.

去年,私の周りの就活生いわく……

・GD は課題との相性や他の就活生との相性など,運による要素が大きすぎる
・GD は評価基準が不鮮明
・GD は嫌い……

などなど,基本的に GD は就活生からの評判の悪い選考方法だった印象があります.

しかし,今回,GD 中に複数のグループの様子を見ていると以下のようなことが分かりました.

1.どのグループも大体同じような内容,方向の議論になる
2.同じ議題,方向性であってもグループによって議論の深さが明らかに異なる
3.議論が深くなる班を一目見ると,必ず輝く何かが見つかった
4.独特の発想に特に高い評価を与えたくなった(じーたんの独断と偏見)

そんなわけでエントリーシートや面接とは違った視点で就活生を評価できる非常に優れた方法であると感じました.

ちなみに4.についてですが,私の独断と偏見で面白いな,と思った意見は……

・そもそも飛行機に何人乗っていたのか?という疑問に対して
……軽装コートが一人一着と書かれているから複数人いるはず,という意見
・飲食店を出すにあたってフランチャイズを利用しようという意見
・飲食店を出すが,昼は料理教室を開こうという意見

などがありました.他にも耳にしなかったユニークな意見が多く飛び出ていたことと思います.

今回,参加してくださった方は GD についてどのような印象を受けましたか?

思ったより簡単でしたか?難しかったですか?
自分の課題は見つかりましたか?
GD を好きになりましたか?嫌いになりましたか?
GD が選考で実施されたら通過できそうですか?

様々な感想があると思いますが...今回のセミナーを“考えるきっかけ”として頂けたなら,ネクリンのスタッフとしてそれ以上の喜びはありません.

セミナ中もアナウンスさせていただきましたが,次回セミナーはエントリーシートに関する内容で 12月中旬を予定しています.

予約〆切等は 12 月初旬あたりになると思うので,ネクリンブログや twitterなど,よろしくお願いします! 

 

 

 

 
こんにちは,ネクリンです.

先日のスタートアップセミナーは,多くの方のご協力のもと、
無事終了することができました.
ご参加・ご協力いただいた皆様,本当にありがとうございました!

ところで……

みなさん,ディスカッションしてますか!?

就職活動の選考過程の一つにグループディスカッション(通称:GD)というものがあります.

それって,どのようなことをやらされるのか...?イメージ出来ますか?
出来た方も出来なかった方も一度体験してみることをオススメ致します.
そういう訳で次回セミナーの告知です.


--------------------------------------------
GD体験セミナー
【日時】2011/11/18(金)17:30-19:30
【場所】東北大学川内北キャンパスC106(地図中10)
【服装】自由(私服でどうぞ)
【持ち物】筆記用具など

【内容】
・グループディスカッションを二回
・就活生の方へ内定者からの個別フィードバック
・GDのお題に対する解説
--------------------------------------------

GD,グループディスカッションとは書類審査,面接などと並ぶ選考方法の一つです.
就活生同士で5~8人程度のグループを組み,
あるテーマについて議論を行い,結果を面接官に発表を行う.
その一連の流れを面接官が観察し,貴方が評価されるのです.

少しでも不安を覚えた貴方!
GDのことは知っていたけど経験のない貴方!
GDはプロ級だけど,暇を持てましている貴方!

11/18(金)に東北大学川内北キャンパスC106でお待ちしています.

====================================================
【申し込み方法】

名前,大学,学部名,志望業界を明記の上,
件名を「GD セミナー参加予約」として下記までご連絡下さい.

next_linkage@yahoo.co.jp

ドメイン指定の都合等から可能な限り携帯アドレスからの送信は避けて下さい.
予約優先(40名)です.
当日参加の場合はご希望に沿いかねる可能性もありますので,ご了承下さい.
予約はセミナー前日(11月17日18:00)までにお願い致します.
当日は私服でお越し下さい.
====================================================
 

 

 

 

 
ついに!

2012年度生向けの就活セミナーを開催いたします!!
題して、“スタートアップ”セミナーです。


==============================
★スタートアップセミナー★

【日時】2011/10/28(金)18:00-19:30
【開場】17:30
【会場】東北大学川内北キャンパスC204
    ※地図中(10)(まる10)
【服装】自由(基本、私服でOKです!)
【概要】就活の流れについての紹介、内定者による座談会
==============================


本セミナーは、こんな方を想定して準備を進めております。


♪就活の準備をしたいけれど、
  何からはじめればいいのかわからない……とお考えの方。

♪就活の話をきいてみたいけれど、
  就活をしていた知り合いがいない……と困っている方。

♪とにかく不安だから何かはじめよう!!と決心された方。


上記にあてはまる方、ご興味をもっていただけた方は、
ぜひご参加ください。

人数把握のため、参加希望の方は下記の方法で申込の
ご協力をよろしくお願いします。


▼申込方法
【氏名・所属・連 絡先】を明記の上、next_linkage@yahoo.co.jp
までご連絡ください。
(件名:スタートアップセミナー参加希望、などにしていただけると
 ありがたいです!)

※協力内定者の方も同時募集しておりますので、興味を持たれた方は、
 協力内定者希望の旨を併記の上同様の形式でメールをお送り下さい。


今後もスタートアップセミナーやそのほかのセミナーなどについて
更新をしていきますので、ぜひともチェックよろしくお願いします! 

 

 

 

 
ニックネーム:A

【役職】
Web

【大学】
――

【内定業界】
広告

【受けた業界】
広告

【得意分野】
街を探索すること


【就活生へ一言】
基本的にネクリンでは広告物の制作をする予定です。

精神的にも体力的にもつらいことも多い就活ですが、
大きく成長する機会でもあるので頑張って下さい。 

 

 

 

 
ニックネーム:ゆき

【役職】
総務

【大学】
大学院(文系)

【内定業界】
通信

【受けた業界】
ITサービス(SIer)、通信

【得意分野】
メールなどの情報処理

【就活生へ一言】
はじめまして、ゆきと申します。

私が今回ネクリンに参加しようと思ったきっかけは、文系の大学院生として
就職活動をおこなった自分の経験でした。

一般に就職が不利になるといわれている文系の大学院生であったことに加え、
ネガティブな私は、就職活動中気にしなくてよいことに悩んでいることも
少なくなかったように感じます。

実際、就職活動中に文系の大学院生であることに言及される場面も多少ありました。

そのような、あまり母集団の大きくない文系の大学院生の就職活動の事例を
提供できればと考え、今回ネクリンの活動に参加しました。

ぜひ、私の個人的な経験が今年から就職活動を始める方のお役に立てればと思います。
これからよろしくお願いいたします。 

 

 

 

 
ニックネーム:ととろ

【役職】
副代表?

【大学】
東北大学大学院 工学研究科
(東北大学 工学部 機械系出身)

【内定業界】
総合商社

【受けた業界】
総合商社、医療機器(理系就職)、食品メーカー(文系就職)

【得意分野】
①妄想
②議論
③調子の良い発言

【就活生へ一言】
はじめまして、ととろです。

進路決定についてお悩みのあなた。
遊びに、勉強に、バイトに、遊びに、サークルに、遊びに、人間関係にと忙しいとは思いますが、
是非一度、僕達のイベントに足を運んでみてください。
一人の頭で考えるよりも、他の人の頭も借りて考えたほうが良い答えに行き着くことが多いです。
僕が思うに、就活という制度は考えて行動した人が有利なようにできています。
一人で考え抜くのはいろんな経験をした後のほうが都合がいいと思います。
なので、気軽に僕達を活用してみてください。

イベントでお会いしましょう! 

 

 

 

 
ニックネーム:じーたん


【役職】
web

【大学】
東北大学大学院

【内定業界】
通信業界

【受けた業界】
通信,SIer,電機メーカ

【得意分野】
容赦ないコメントを口にすること
容赦ないコメントを耳にすること


【就活生へ一言】

貧乏ゆすりが気持ち悪い.視線が泳ぎすぎ.スーツの着方がなってない.物理的な意味で姿勢が悪い.態度など精神的な意味で姿勢が悪い.喋り方が威圧的orうさんくさい.一緒に働きたいと思えないetc…

あなたが友人や両親から就活のアドバイスをもらう,あるいは友人にアドバイスをする場面を想像してください.

上記のような,ある意味“個人を否定する”ようなアドバイスを素直に受け入れることができますか?あるいはすることが出来るでしょうか.

親しい仲だからこそ出来ることと出来ないことがあります.

他人の私たちだからこそ出来ることもあります.一度イベントに足を運んでください.色々と広がるはずです. 

 

 

*Template By-MoMo.ka* Copyright © 2017 Next Linkage, all rights reserved.

Next Linkage

Author:Next Linkage
東北の就活生を応援する団体です。

ホームページはこちらです


Facebook:NextLinkage
Twitter:@nextlinkage

Script by Lc-Factory
(詳細:Lc-Factory/雑記)

このブログをリンクに追加する

QRコード

小さな悩みや相談など何かありましたら、気軽にこちらよりメッセージくさだい!可能な限りお答えしていきます!

名前:
メール:
件名:
本文:

就職活動応援ブログ HASH OUT!!
東北で最強の就職コンサルタントが、そのノウハウを綴るブログです。 ヒュームコンサルティングの代表者の方が運営しています。 ネクストリンケージメンバーの何人かも、かつてこの方の就活講座を受けています!

「税金まにあ」木村税務会計事務所通信
「税法は納税者のもの」をモットーに、わかりやすく丁寧に税務会計を解説しています。 メンバーの一人が親しくさせて頂いており、弊ブログについても応援して下さっています。 代表の木村聡子様は、事務所長である傍らエコノミスト誌「会社法革命」 の執筆メンバーであるなど、八面六臂の活躍をされています。 女性のキャリアについて興味のある方は、是非ブログをご覧下さい。

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。